« 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌ができた | トップページ | 鈴鹿8耐に行った »

「ゲッカンタカハシゴー」第3ゴーのお知らせなど、モロモロ

みなさんこんにちは。

長らくこのブログも放置しておりますなぁ……。こんな場末のインターネットにも関わらず、ポツラポツラとコメントをくださる方がいて、本当にありがたいことです。

冗談のように作られ始めた「ゲッカンタカハシゴー」も、2015年4月24日に第2ゴーが、そして7月24日(金)には第3ゴーが発行される予定です。制作を終え、体ボロボロです。原稿書きって、ホント、体によくねえよ。下痢治まらないし。昨日なんて下痢と戦いながら1日バイク乗ってたよ。路面の突き上げを食らって下っ腹に力入れるたんびにピリッと漏れてんじゃねーかと不安でしょうがなかったけど、いやオトナってすごいね、漏らさないんだね。我ながら、「ああ知らず知らずのうちにオトナになってたんだな」と感慨深いものがありましたよ。

相変わらず自分の名前がついた雑誌なんて馴染みがなく、正直恥ずかしくてイヤでたまりませんが、かろうじて継続して発行されるということは、支えてくださる方が少なからずいるということ。いつまでも「恥ずかしい……」だの「イヤ……」だの、初めてコトに及ぶ乙女みたいなことばっかり言っていられませんね……。

ただ、4ゴー目があるのかどうか、現時点では不明です。なんだこの相変わらずのあやふや感は(笑)。

ところで、もともとこのブログは「ブログってなんだんべ?」と始めたものです。そしてちょっと前までは、バイク雑誌の仕事ではどなたかの思い・考え・インプレッションを大便するゴーストライティング的な内容が多く、違った、代弁する内容が多く、自分が思っていること、考えていること、感じていることを書く機会があまりなかったため、そのはけ口として当ブログを大便していました。違った。活用していました。

好きなように書き飛ばすことができるブログは、「あー書けこー書け寝るな起きろ起きるな寝てろ」とあれこれ言われる仕事とは別世界で、本当にのびのびと好き放題やってました。そこに目を付けられて「ゲッカンタカハシゴー(以下GTG)」が始まったわけですし、他の仕事においても「アンタが思ってることを書け」ということが増えました。要するにブログに書いていたようなことがほとんど仕事に回ってしまったので、ここに書くことが大便してしまったわけです。あ違った。減少してしまったわけです。

20日ほど前に、TwitterとFacebookの個人アカウントを削除しました。それも似たような話で、自分が思っていること、考えていること、感じたことをSNSに小出しにすると、そういうことを書く機会が増えた仕事の原稿が希釈されてしまうのが怖いから。SNSに時間や気を取られている自分もイヤになったし、人の動向を気にするのもめんどくせーし、もういいやチェイ! とやめてしまいました。

(GTGのブログTwitterはあります。Facebook個人アカウントの削除と同時に吹っ飛んでしまったGTGのFacebookページも再開したいんだけど、個人アカウントを作らないといけないからめんどくさすぎる)

でも、このブログはやめる気にならないんだよねー。

なんかさ、「自分の名前の雑誌なんか作られちゃって、調子ブッこいんてんじゃねえの?」って思われてもおかしくない状況なんだけど、オレ自身は調子ブッこいてるつもりなんてサラサラなくて、特にココにいる分にはひとりのバイク乗りでいられるっていうか、皆さんからするとそんなことないのかもしれないけど、とにかくGTGのブログとかTwitterがあるのにわざわざ場末のコッチにコメントくださる方がいたりすると、なんかホワホワとうれしくなるんスよね。

だってさ、「今までブログに書いてたようなことが仕事になった」とは言え、やっぱ仕事は仕事で、お金をいただく限りは大便とか書けないわけですよ、よほどの必要性がない限りは。でもココなら好きに書ける。大便どころか、「ウンコ」と書くこともできる。ウンコどころか……、これ以上は危険なのでやめとくけど、文章を書くことが隅から隅まで仕事になってしまったオレにとっては、最後の遊び場っつーか、なんつーか。ね。ま、めんどくさくなったからおしまい。

と、こうして結論もなくテキトーに書き終えられることの幸せ。「楽しいなー文章書くのって」と思える場なんだよね。

ではまた、いつか。

|

« 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌ができた | トップページ | 鈴鹿8耐に行った »

コメント

こんにちは。
久しぶりの更新ですね♪

毎日更新確認にお邪魔しております(笑)

これからも気長にのんびりブログ更新される日を楽しみに日々仕事にバイク遊び頑張ります!

無理なさらず頑張って下さい。

ゲッカンタカハシゴーも楽しみにしてます!

投稿: WR450F | 2015.07.22 11:23

>WR450Fさん
ぎゃー、毎日訪問! じゃあオレも毎日更新しよう(ウソ)。無理しないと永遠に頑張らないタチなので、ちょっとずつ頑張るよう気持ちを仕向けるよう努力するつもりはあるのですがこれがまたなかなか……(結局頑張ってない)。

投稿: ごう | 2015.07.22 11:36

初めまして
 
某バイク用品店の書棚にあった某バイク雑誌の1ページで
「なんだこりゃおもしれー文章書くヤツ(失礼!)がいるなー」と高橋剛を知り
某書店で出たばかりの『ゲッカンタカハシゴー』第1ゴーをたまったま見つけて
頭の中の高橋剛と繋がり
このブログを知りあのツイッターを知ったものの
第2ゴー買った後ご無沙汰していて
「そういえばその後どうなったのかな」
と約3ヶ月ぶりにたまったまここを覗いてみたら
 
まさに今日更新されたところでした
 
なんか運命を感じるので第3ゴーも当然買います
いや有難く買わせて頂きます
(特集内容まだチェックしてませんが)
 
今後もテキトーに頑張ってください
 

投稿: TOSHI | 2015.07.22 15:35

>TOSHIさん
クックック……。「たまったま」だとお思いですか? クッククク……。そんなはず、あるわけないじゃないですか……。某バイク雑誌……。ククッ……。某書店……。クククッ。某ブログ、某ツイッター、某2ゴー、すべては実は……、ククッ。クックッククク……。ようこそここへ、クック、クック……。私の青い鳥……。桜田…淳子……ヰセキ…………さなえ…(バタ)。

投稿: ごう | 2015.07.23 00:31

こんにちは!更新楽しみにしてました♪ウンコシッコばっしばしお願いします(笑)

投稿: すけ | 2015.07.26 16:34

>すけさん
死ぬまで離れられないと思います……。

投稿: ごう | 2015.07.28 11:30

初めまして
yzf-r6に乗る20歳の貧乏学生です。

コメント書くのは初めてですが、ここ一年ほど更新を楽しみにしてました。
ごうさんのバイクについて書くことが、僕の思っていたことが多く楽しませてもらってます。

バイクって夏は暑いく冬は寒いし雨が降れば濡れるし風強いと強いし事故でもしたら大ケガするしSSなんて疲れるし腰痛いし楽なことなんて一つもないです
けどなんでですかね。乗るとめちゃくちゃ楽しくってずっとメットの中でニヤついてます。メットがなかったら職質待った無しですよ。笑

この楽しみを一人でも多くの人にわかってほしい。知ってほしい。
だからごうさんのブログが好きです。
適当で目的地なんてなくてどこで終わっても初めてもいいブログ。
バイクそのものじゃないですか。
僕も一人でも多くの人にこの楽しさを届けたいです。応援してます。

投稿: ひら | 2015.07.28 19:06

>ひらさん
おーオレもR6乗ってましたよー03だけど。あのバイクのおかげでサーキットを走るようになって、相当に得るものは多かったです。

しかし、そうか、このブログもバイク的にテキトーにやりゃいいってことですね! そうかも!! またテキトーに垂れ流していきます。ありがとうございます。

投稿: ごう | 2015.07.29 00:36

旅行先に持ち込んで、第3ゴー読んでます。
家族旅行の時間までも侵略しておりますよ。ええ、おかげさまで夜の営みもありませんよ( ̄▽ ̄)我が家に第2子は生まれないのかも知れない。

そして「バイク乗りてぇー」ってなってます!

ではウ◯コ終わったので、これにて失礼しますm(_ _)m第4ゴー待ってますよ。待ってるだけでいいのか?待ってれば出るのか??

投稿: Dネーゼ | 2015.07.30 09:34

>Dネーゼさん
ゲッカンタカハシゴーよりも、ウンコよりも、夜を営んでください!! それが何よりも日本のためだ!!! 行け、行くんだDネーゼ!! 立つんだDネーゼ!!!!(文字通り)

投稿: ごう | 2015.07.30 10:52

こ、更新されてた……。

久しぶりに見てみたら、ブログが更新されてるじゃありませんか!
すっげー楽しみにしてました。文章面白すぎです。過去のブログ、何度読み返してほくそ笑んだことか。

そして第一ゴーは買いましたが、まさか第二、第三ゴーまで発売していたとは知りませんでした。明日、本屋に探しにいきますね。

しかし大変、、大変失礼ながら、第一ゴーはそれほど楽しめませんでした。
ブログの面白さが上回っていたからだと思います。
ブログの、ゴーさんの好き放題な書き方を先に知ってしまっていたからだと思っています。
あと、バイクの画像がほとんど無かったのもさみしかったです。

色々難しいとは思いますが、それでも楽しみにしていますので、こんなこと書いてしまいました。すみません。


話は変わりますが、うちの上の子どもは今年で5歳になりました。
ということは大好きなバイクを手放してからもう5年が経ちます。

ゴーさんのブログを未だに拝見しているくらいですから、まだバイクは諦めてないですよー。

またいつの日か、バイクで北海道を旅してやります。絶対。ひとりだけで。小排気量車でバカみたいに。

ゴーさん、ブログ楽しみにしています。
またいっぱい笑かしてください。またいっぱい熱い思いを読ませて下さい。

ってプレッシャーになっちゃいますね。
やっぱり僕はただ、更新を気長に待たせてもらいますねー。


投稿: そうさん | 2015.08.05 02:20

>そうさん
忌憚のないご意見、本当にありがとうございます。うれしい。未完成なグニュグニュした雑誌なので、余計にありがたいです。

2ゴー、3ゴーと、バイク度は上がってるんじゃないかなぁ。たぶん。分かんないけど。ぜひその目でご確認ください。Amazonとかでも買えると思います。

ただ、いろんなバイクをまんべんなく扱うのではなく、自分たちが「これ!」と思うバイクしか扱っていないので、バラエティー感には乏しいかもしれません。今後の課題ですね……。今後があれば、ですが。

「仕事の原稿より、ブログの方が面白いね」と、実はよく言われます。これはとても由々しき問題だとオレは思っています。えと、問題はふたつあるんです。

ひとつは、オレ側の問題。オレはライターとして文章を書いてお金をもらっているので、一応はプロの端くれ、ということになると思います。ブログはもちろんタダ。この「タダであること」が自由さを生んでいるんですが、逆に、「お金をもらうこと」で仕事の原稿においては自分で表現を絞っている、ということでもあります。

「お金をもらう」と、そこにはどうしても力関係が発生します(意識する・しないに関わらず)。お金をもらう側は、無意識のうちにお金をくれる側の顔色を窺います。オレの場合でいえば、「この雑誌ならこういう文章のトーンかな」「あの雑誌ならこういう言い回しは許されないな」「こっちの雑誌ならこの辺りまで踏み込めるかな」という具合に、自分で表現を絞り込んでしまうわけです。

オレは幸いというか何というか、いわゆる営業活動をほとんどしたことがありません。要するに「仕事くださいよー」とお願いしたことが、あまりないんです。でも、「仕事ください」とお願いする場合は、表現はますます萎縮しやすくなります。こちらからお願いする以上、お金のやりとりで発生した以上に、強力な力関係が発生してしまうからです。意識していなくても。

お金をもらったとしても、仮に「仕事くださいよー」とお願いしたとしても、それらの結果としてどんな力関係が発生しようとも、自らの表現を貫き通せるかどうか。貫き通した結果、仕事が減ったとしても、「武士は食わねど高楊枝だもんね〜」と飄然としていられるかどうか。

これがオレ側の問題です。

もうひとつは、雑誌側の問題です。たまに「ブログみたいに面白い原稿書いてよー」と言われますが、実際にブログのような原稿を書いて渡すと、たいてい弾かれます(笑)。雑誌は自由な表現を受け止める受け皿にはなりにくい。なぜなら、常にクレームを恐れているからです。

ていねいな言葉を使うなら、それは「配慮」ということになるかと思います。それこそ、ライターと編集者の間に無意識的に発生する力関係と同じで、お金を払って買ってくださる読者の方たちにまんべんなく満足いただだき、まんべんなく「嫌な思いをさせない」ために、全力で配慮をするのです。もちろん、(数が見込めない雑誌であるほど)広告主への配慮も不可欠です。

方々に配慮した結果すっかり丸まった表現に面白みはあるか、という話ですよ。オレはほとんどないと思ってます。もはや表現物とは言えない。雑誌側に、「あちこちからお金をもらっても、それと表現とは別。決して丸まらないぞ」という気概があれば別ですが(そういう雑誌は今も少しはあるんですが)、そうでなければ表現はどんどん画一化していくからです。

あちこちに配慮すればするほど、答え──結論が同じになるんです。誰もが気持ちよく、誰もが楽しめる表現っていうのは、清潔で美しくて退屈なテレビコマーシャルみたいなもので、ほとんど気にも留まらないし、事実上の意味もない。ウソみたいに広くてキレイなリビングを掃除する優しいお母さんと、それを優しく見守るお父さん、子供たちはかわいい笑顔を浮かべながらゴールデンリトリバーと戯れる、みたいな、ありがちで、凡庸で、非現実的な表現。そこにはガサついたリアリティもないし、心に響く何かもない。なーーーんにもないんです。ただただ、「ポジティブな配慮」と「憧れをくすぐる」という名目の下に、表現者の思考は完全に停止している。

……何の話でしたっけ?

ブログは誰かを笑わせようとも思っていないし、誰かを喜ばせようとも思っていないし、誰かに何かを届けようともしていないんです。ひどく不親切だと思う。オレはここでは本当に好きなように振る舞っている。もちろん、不特定多数の目に触れることは意識するけど、それ以上の「配慮」はありません。そこに熱さとか面白さを感じてもらるって、何だか不思議だなあと思います。

更新しないけど(笑)。

……何の話でしたっけね?

お子さんが生まれてバイクを手放されたんですね。父親として、賢明な選択だと思います(笑)。

同じような境遇でバイクに乗り続ける方に、「父親である前に人間でありたい。自分が自分であるために、バイクは必要なんだ」という話を聞いたことがあります。そうは言っても、万一の時に父親として責任が取れるかというと……。

どっちも正解なんですよね、きっと……。

投稿: ごう | 2015.08.05 13:53

1ゴー2ゴーに引き続き、第3ゴーを購入させていただきました。
他のメディアが知らん振りしているバイクとスピードの問題に真正面から切り込んでますね。
バイクは、まったりツアラーだろうとSSだろうと、ある種の興奮を得る為の乗り物だと思っています。この本音をオブラートに包んでしまったら何もかもがうそ臭くなってしまいます。

超性能スポーツに乗られる自由がある事自体は素晴らしく、規制でがんじがらめになるのは嫌ですが、自由を守る為の自制心と自覚と腕を持った人のみが跨って欲しいとも思います。

安全や法を大きく逸脱しない範囲で興奮を感じられるバイクがあったら最高です。

そんな意味において「うおおおお、速えええ!」とメーターを見ると、呑気に二桁速度を示している事の多い我がRS125改合法ボアアップ車は最高です(笑)安全なバイクとは言いがたいですが1馬力当り、1km/h当りの興奮レシオは高いです。SSに乗れない僻みも若干入っています。

投稿: handsome-r | 2015.08.19 14:11

バイク雑誌は20数年、買わなかった私ですが、1号は、おもしろかったです。で、本日、このブログを見て、2号と3号が発刊されていることを知りました。www
そんで、両方とも、注文しました。21日に届きますが、楽しみです。

投稿: こんぶの素 | 2015.08.19 17:43

>handsome-rさん
「安全や法を大きく逸脱しない範囲で興奮を感じられるバイク」。まさにココですね! メーカーが持てる技術力を発揮すべきなのは、まさにココなんです。実際的なスピードやパフォーマンスではなくて、フタ桁速度で面白いっていうね。

オレがホーネットを選んだのも、ソコです。ホーネット、無駄にいい音&気持ちいい回転フィールだけど、実際は遅ぇ。ヒュンヒュン言ってるのにスクーターに抜かれたりする(笑)。でも楽しいんです。

250cc4気筒は、あまり本格的にレースに使われなかったおかげで、いい意味で取り残されたんですよね……。

メーカーが技術をどこにどう使うか。要するにメーカーがどんなビジョンを持ってモノ作りにあたってるか。「どんな技術を持ってるか」は、だいたい似通ってきている。それよりも、「どんな理想を語れるか」の方が、大事なような気がします。

いいですね、RS125改合法ボアアップ。静かで排ガスが臭くなくて燃費もそこそこな小排気量2ストバイク、出て来ないかなあ。

投稿: ごう | 2015.08.20 07:48

>こんぶの素さん
20数年ぶりのバイク雑誌が「ゲッカン」でいいんでしょうか……。何だか申し訳ない気持ちです。そうなんですよ、ひっそりと2ゴー、3ゴーが出てたんですが、このブログで知るなんて、なかなかの通ですね(笑)。

21日(明日ですね)、楽しんでいただけるといいんですが……。

投稿: ごう | 2015.08.20 07:50

ごうさん
まだおねえさんのグラビアないですね。
4ゴウでは是非おねげいします。
あ、そうだ。オーバー40に受けるように当時小僧の憧れ本宮ひろ志「俺の空」でやってたハーレー乗りながらおねえさんとしちゃうヤツでいきましょう。
未だかつて無いバイク雑誌ゲッカンタカハシゴーなのですから、いまだかつて無いバイクエロ雑誌も在りだと思うの。

投稿: danda | 2015.09.08 05:11

>dandaさん
エロは大好きですが、偉大なる先駆者的な雑誌がすでにあり、とうてい敵いません。負けを認めるのは悔しいですが、謹んで下記雑誌をオススメします。

http://www.vibes-web.com/index2.html

投稿: ごう | 2015.09.09 18:38

第3ゴー欲しー
日本の裏側じゃ手に入らなーい

投稿: すねーく | 2015.09.30 09:42

>すねーくさん
送ってあげるけど、潜入捜査中じゃ住所不定でしょー!?

投稿: ごう | 2015.10.07 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/61934479

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲッカンタカハシゴー」第3ゴーのお知らせなど、モロモロ:

« 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌ができた | トップページ | 鈴鹿8耐に行った »