« 第4回テキトーツーリング、12月30日(月)に延期決定! | トップページ | 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌ができた »

「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌を作る

いやマジな話なんスよコレが。

「ゲッカンタカハシゴー」という名前の雑誌を作るんスよ、これから。

どこでどう公にしようか悩んでたんだけど、このブログが発端で始まると言ってもいい話だから、オレとしてはココに書くのが一番すんなりくることに気付いた。ツイッターフェイスブックだとSNSをやってはいるけど、オレは好き勝手に文章量無尽蔵に書き散らせるこのブログが好きだ。

……とか言いつつ、ここんとこ更新頻度がガタ落ちだったのは、かなり前……確かもう2年ぐらい前から、「ゲッカンタカハシゴー」を制作しようって話が水面下で進んでいたからなんだ。別にブログを書いちゃいけないわけじゃなかったけど、やろうとしていることがこのブログとモロにかぶるというか、モロにオレというか、そういう感じなので、書き控えていたのは確かだ。

「ゲッカンタカハシゴー」とは……、なんだろう? なんだろうね? なんスか「ゲッカンタカハシゴー」って。まだ1ページたりとも出来上がっていない現時点では、オレ自身にもよく分からないんだ。ただ、バイクといういつまで経っても魅力的な乗り物を軸に、バイクに乗ることによって感じたり考えたり起きたりするあれやこれやを紡いでいく雑誌、なんだと思う。

「ゲッカン」は言葉のアヤで、発行ペースはゲッカンじゃない。っていうか1発出すことは決まってるけど、定期刊の予定は今んとこない。「タカハシゴー」はいかにもオレの名前だけど、オレの雑誌ってわけでもない。実際のところ、編集長はオレじゃないんだ。オレは鵜飼いの鵜のように何かを飲み込んで文章として吐き出す役目だ。

というわけで不確かなことだらけだけど、とりあえず公式ツイッターアカウントがあるのは確かだ。

@gekkantakago

近々、ゲッカンタカハシゴーのブログやら何やらもできて、より詳細な情報がアップデートされていくのではないかと思う。

おわり。

おわりじゃねえよ。これじゃ何も分かんねえよ。

まあさ、アレですよ。ものすげえ簡単に言えば、このバカブログを読んで「面白ぇじゃねえか!」って思ったアホがいて、バカ×アホの相乗効果で雑誌を作ることになっちゃったって感じですよ。「お楽しみに!」と脳天気に言えるほど出版業界は甘くない状況下で、脳天気に「作るぜ作るぜ」と勢い任せに鼻息フゴフゴと突進してるわけですよ。実際はもうちょっといろんなことを考えてるんだけど、まぁだいたいそんな感じですよ。え? まだよく分かんないって? しょうがねえ、にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←コレをクリックすれば、詳しい情報が分かりま(せん)。 もう1度、にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←コレをクリックすれば、制作ペースが上がりま(せん)。だってとにかくまだ1ページもできてないし!

|

« 第4回テキトーツーリング、12月30日(月)に延期決定! | トップページ | 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌ができた »

コメント

兎に角待ってれば良いのですね。

投稿: ラピ雄 | 2014.04.29 22:01

待ちます待ちます。
半年ぶりくらいにクリックもしましたし。

投稿: まっつん | 2014.04.30 13:26

まつ&くり。まさか第1号は目次だけとか言う
アレじゃ…

投稿: msk2 | 2014.04.30 13:55

お久しぶりです!絶対買います!

投稿: でんでけでけでけ | 2014.04.30 19:06

是非執拗にサンバーに触れ合える雑誌に仕上がることを(も?)祈りますm(_ _)m

投稿: すけ | 2014.04.30 20:34

>ラピ雄さん
ウサギにツノが生える前にはどうにかお届けできるかと思います……。

投稿: ごう | 2014.04.30 21:30

>まっつんさん
まっつんさんは、でんでん虫号のまっつんさん? 半クリありがとうございます!

投稿: ごう | 2014.04.30 21:31

>msk2さん
まっクリ。もちろんアレですよ、初回は980円で表紙のみ、2回目は1500円で目次+バインダーセット、3回目は1ページ目+ホチキスセット、3回目は……(以下略)。

投稿: ごう | 2014.04.30 21:39

>でけでんでんでけでけでんでんさん
「絶対買ってください!」と胸張って言える雑誌を作りたいと思っております……。

投稿: ごう | 2014.04.30 21:41

>すけさん
個人的にはどさくさに紛れてサンバーコーナーを作っちゃいたいと思ってますが、何せサンバーについて書き始めると止まらないので、ふと気付いたら雑誌の半分近くを占めたりしかねず、ぜってえバレるのでどうしよう……。

投稿: ごう | 2014.04.30 21:44

そうです。でんでん虫号の…
いや、でんでん虫ではないんですけどそのまっつんです。

投稿: まっつん | 2014.05.01 11:40

>まっつんさん
なんだー、でんでん虫号のまっつんかー。半クリどころか、毎日クリックしちゃってね。してもお互い何の得もしないけどさ。

投稿: ごう | 2014.05.01 21:54

とりあえずtwitterでフォローした。裏で。

投稿: misakaya | 2014.05.22 15:40

>misakayaの
裏か……。

投稿: ごう | 2014.05.27 07:40

ゲッタゴー買いました、読みました(半分くらい)。本屋さんで「バイク誌のゲッカンタカハシゴーってありますか?」と若干の恥ずかしさとともに店員さんに尋ねたところ、店員さんは一瞬「?、この人大丈夫かしら?」という表情をしたことを私は見逃しませんでした。そして店員さんは、そんなバイク誌あるわけないじゃん的に自分の作業を優先させた後、ようやく二輪関連の本棚を探し始めたのです。まあ発行部数もそんなに多くはないと聞くし、事実地元の本屋には置いてなかったんで、スキモノ本屋でしか置いてないのかなぁ、とも思っていたんで店員さんの態度に腹も立ちませんでしたが。
で、私が先に見つけました。すると店員さんは「あ、スイマセンっ」と。察するに店員さん「そんな本、置いてるわけないじゃーん」って思いながら探していたのではないかと。ま、そりゃそうだ何せ「ゲッカンタカハシゴー」だもの。
で、帰りの満員電車内でページをめくり読み始めました。正確に言うと始めは「見た」。読みたい企画から読むために、始めのケニーはスルー(スイマセン)で後回し、目に止まったのが「崖から落ちた・・」おお、コレコレと読み始めると満員電車の中なのにニヤニヤが止まらない、あまりに笑ってしまう時には本で顔を覆い、寝たふりでした。その後、読んだ順番は≪アブナイ対談→危険の魔力→バイク滅亡の日→2.2輪時代→バイクは刃→秋桜の伝言→僕は空気くん≫ここまでは、始発電車で出勤している最近の自分なのに一気に読んじゃいました。大好きなMOTOGPですら、寝落ちすることがままあるのに面白くて止まりませんでした。
・・・ちなみにコメントは何文字までイケるんだろ?・・・
以下、ここまで読んだ感想です。
①剛さん、マジメだなと。第2号があるかどうかわからないのに第1号にバイクの危険性を持って来るところにマジメさを感じました。読んで、もっと笑えるのはきっと第2号予定の「バカすばらしい」なんだと思いますが、あるかどうかわからないなら、確実に出せる第1号に「バイクは危ないんだぜ~、でも楽しいんだぜ~。」を持ってきたのかなと。まずはバイクに乗る前の人(ライダー以外がこのバイク誌に辿り着くことができるか?(笑))に、乗っている人にリスクがあることを分かった上で、リスク以上の楽しみを得てほしいってことなのかなと(勝手に解釈しました)。
②今までバイク誌といえば「バイク」が主体、だから写真も記事も「バイク」が中心、でもゲッタゴーは「ライダー」が中心だと感じました。しかも相当本気で。ライダーを取り巻く環境や脳みそ内のことやらなんやらかんやら。とにかくライダーが中心!!そんなようなこと♯46も言ってましたね。
③別分野とのコラボ?もいいですね。バイク界の人達からの話は始めからこっち側に「+」で始まりますもんね。他業界の人達なら「-」から始まることもあるかもしれないから、それはそれで面白いかも知れないなぁと。
あ、突然ですがお腹が急降下を始めたので、これにて失礼します。
第2号読めるといいなーーーーーー。

投稿: Dネーゼ | 2014.09.20 11:10

>Dネーゼさん
キター、Dネーゼ!! その節は大変お世話になりました。そろそろ寒くなってきたし、行きますか!(笑)

ゲッタゴー(なにこの略称)お読みいただきありがとうございます。雑誌を出すこと自体、いろんな意味でリスキーなんですけど、それも笑い飛ばす勢いで前のめりに生きて行きます。そしていつか書店員さんに「ゲッカ……」と言った瞬間に「ああタカハシゴーですねお待ちしておりましたこちらでございます」と別室のVIPルームに通され、ふかふかの絨毯の上をしずしずと歩いた後にすんげえ体が沈み込むソファーに寝そべるようにして着座したところに、「それではこちらでございます」とゲッカンタカハシゴーを手渡され、「ん!」と言うと侍女みたいな人がページをめくってくれる雑誌をめざして頑張ります。

投稿: ごう | 2014.09.20 18:36

ごうさん、買いましたぜ。
本屋のバイク本コーナーを探したけど見当たらず、「おっかしいなあ、発売日は過ぎてんだけど、やっぱ田舎の本屋まで回ってこないのか、アマゾンで買うかな」と立ち去りかけたら、あいました。平積みでした。
ケニーとうちゃんのイラストが表紙だもんなあ。
中身。おもしろい!字を読むのが嫌いなヤツにも読ませないな。どっかのハーレー雑誌みたく、表紙と巻頭だけ、ボヨーンのおねえちゃんがバイクにまたがる写真載せてみたら?
ヤマケイ編集との対談、よかったです。
次はどの雑誌とやりますか?「週刊朝日」ですか?「第三文明」ですか?「ムー」も捨てがたい。
ところで、売れてますか?2号はよ出してください。月刊むりでも隔月刊くらいででるとうれしいなあ。

投稿: danda | 2014.09.21 17:54

>dandaさん
おおっ、田舎(どちらか分かんないですけど)まで回ってましたか!? じゃあド田舎・埼玉県入間市の本屋さんにも入ってるのかなー。怖くて見られません。

売れてるんですかね? そっすよね、ボヨーンのお姉さんが足りないですよね……。あの雑誌、センターグラビア部分に必ず折り目が入ってるもんなぁ……。

投稿: ごう | 2014.09.22 08:13

二冊買いしました。 一冊は知り合いのバイク屋に置いてみんなに見て貰います。
ずっと気になっていた第4会テキトーツーリング・・・・こっちにあったんですね・・・・
ケニーロバーツ氏とともこさんの記事や、その他もう何回も読み直しましたsign03(でも、ブログ掲載のモノは既に数回は読んでいるので一回。)
危ないけど楽しい。是非ニューライダー達に読んで頂きたい一冊ですね。
次回ゴーにそろそろサンバーの気配があらわれるのかsign02

投稿: すけ | 2014.09.23 16:40

>すけさん
水戸黄門みたい。すけさん、かくさん。2冊!! ホントですかありがとうございます。バイク屋さんで話のネタになってくれたらうれしいな。ケニー&ともこさんの物語、オレも気に入ってます。

しかも!! 実は最後の1ページコラムのタイトルは、台割(雑誌の設計図)上では「サンバー愛してる」だったんですよ。他とのバランスもあって変えちゃいましたけど。いずれ、何かにこじつけてサンバーの設計者の方たちに話を聞いてみたいです。どうやってあんな奇跡のようなクルマができてしまったのか……。

投稿: ごう | 2014.09.23 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/59554279

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌を作る:

« 第4回テキトーツーリング、12月30日(月)に延期決定! | トップページ | 「ゲッカンタカハシゴー」という雑誌ができた »