« NC700Xに乗った | トップページ | パスワード忘れてた »

第2回テキトーツーリング・ほんわか編に行った

テキトーであることは、とても難しい。

当テキトーツーリングも、2回目にして早くもテキトーさを失いかけた。それは、KAT○さん(都合により絶対バレないパーフェクトな伏せ字)の参加により巻き起こった。オトナの浸食である。

テキトーとは言え、我々(誰?)には「とにかく走る」というコンセンサスがある。何でもいいから走ってりゃOK。走れるだけ走るのだ!

……その一方で、「走るだけでもナンだよな」という気持ちもある。「おい何だよアレ」「行ってみちゃう?」「やってみちゃう?」精神である。

「バイクで走りたい」「バイク以外の何かで遊びたい」。このふたつが常に激しくせめぎ合うわけである。走ってたら遊べないし、遊んでたら走れない。うう。ううう。みたいな。そして走りの魅力を上回る「何だよアレ」があったら、そこには断固として飛び込むのである。

前回で言えば、「石廊崎崖下り」がそれにあたるだろう。そして、バイクではショボショボのマツケンが、異常なまでの頼もしさを発揮したのである。「何だよアレ」に飛び込むことによって、彼はバイク以外の才覚をオレたちに見せつけたのだ。世界にひとつだけのマツケン。もともと特別なオンリーマツケン。

バイクはもちろん面白ぇ。だけど、バイク以外にも面白ぇことは腐るほどあるよね。腐らせちゃうのはもったいないよね。つう感じである。

ところで、KAT○さんはオレの社会人生活最初の先輩にあたる。今はRA◎ERS誌の編集長で、たまに仕事をさせてもらったりもしている。つまりクライアントとも言え、もはや一生頭が上がらない雰囲気がある。「ぜってー頭を高くしてやるぜ!」と意気込むものの、これがまたなかなかなんつーかとにかくやりづれぇわけだ。

話は変わるが、オレは「KAT○」とか「RA◎ERS誌」とかいう伏せ字がキライだ。ハンドルネームならいいが、伏せ字ってなんか中途半端でキライ。見せるんだか見せないんだか脱ぐんだか脱がねーんだかハッキリしろてめー、と思う。

ではなぜ「KAT○」「RA◎ERS誌」と書くかと言えば、どうやら当日、彼は仕事をサボッて、もしくは仕事のフリをして、テキトーツーリングに参加してくれた気配なのだ。そこで心優しいオレとしては、彼の社会的地位を全力で保護するために、「RA◎ERS誌のKAT○編集長」と誰にも分からない高度な伏せ字を使うことをご了承いただきたい。

さて、ツーリング前夜の6月20日。天気がアヤシイことなどもあり、改めてKAT○さんに連絡した。この時点で異常にめんどくせぇ。「誰が来ようが来まいがオレぁ行くぜ」が基本線だから、放っておいても来る人だけが来てくれりゃいいんだよ!

しかし諸般の成り行き上、不覚にもオレが誘った形になっている手前、ムゲにするわけにも行かない。何しろ先輩だし。頭上がらないし。あーめんどくせ。ホントめんどくプルルル(←電話かけてる)。

「あ、KAT○さん? 明日の予報イマイチだけど、どうする?」
「マッジッかっよっごう(←かなり似てる)。どうすんだよ」
「まぁ何とかなんじゃねーかと思ってるんスよね」
「なんねーよ。どうすんだよ」
「ザンザン降りでもなさそうだし、8時に関越の高坂SAに来てもらえれば」
「はーちーじーいいいぃぃ? 早ぇよごう。1時間遅らせね?」
「いやでも、とりあえず志賀草津道路をめざ……」
「し が く さ つ う ぅ ! ? おまえ何言ってんだよバカじゃねぇのめちゃくちゃ遠いぞ志賀草津なんてアクセスも悪ぃから途中で雨降ってもサッと帰れねぇしよやめよーぜもっと近場でサッと帰れるとこにしようぜオレサッと帰りたいからさー」
「志賀草津道路、そんなに遠くないで……」
「め ち ゃ く ち ゃ 遠 い よ そんで志賀草津道路行くはいいけど行ってからどうすんだよ信州中野の方に抜けて上信越道だろそんなのどんだけ時間かかると思ってんだよ」
「行ってからのことなんか考えてないスよ」
「考 え ろ よ !」
「つかKAT○さん、志賀草津道路行ったことあるの?」
「お、おう、もちろんあるよ。20年ぐらい前にな」
「すっ……げぇ大昔じゃん! 今はだいぶ道路も変わってるから行きやす……」
「遠いよごうそれはやめようぜ雨降るかもしれないんだしよーオレ翌日の仕事朝早ぇんだよサッと帰れるとこにしようぜ」
「ぐぅ……」

KAT○さん、キッチリしてますなぁ。テキトーなオレはぐうの音も出ない。そりゃそうだ。テキトーとキッチリの論戦で、テキトーが勝てるはずがない。だってテキトーなんだもん。

しかしテキトーとはいえ、オレにも多少の読みはある。オレは何度か志賀草津道路に行っているが遠いと感じたことがない。最近では2010年5月18日に取材で行ったが、その時も「おっ、意外と近ぇ」と改めて思った。「全然ヨユーじゃねえか」と。

一方のKAT○さんは、20年前という自分も若くバイクも古く道路も悪い(たぶん)時代の経験則から物事を判断している。20年前の志賀草津道路行きがどんな様子だったのかは分からないが、KAT○さんの記憶に刻み込まれた志賀草津道路は果てしなく遠いらしい。話が噛み合うわけがない。

さらに明らかになったことは、キッチリ派のKAT○さんは先の先を計画的に考えている、ということだ。お、恐ろしい……。テキトーなオレが先のことなどまるで考えていないのとは対照的だ。ますます話は噛み合わない。

だって、志賀草津道路に行くかどうかもハッキリしないのに、その道を抜けた先の帰りのルートなんて考えてもしょうがないよ。雨が降ったら降ったでいいじゃん! 世の中カッパっつうものもあるんだしさー。

しかしKAT○さんは言った。
「あまりにも無計画じゃね? 大学生のツーリングじゃねえんだからよ」

ああ、まさにそれですよKAT○さん。あまりにも無計画なツーリング。それこそオレがやりたいことだすよ。だすよじゃない。ですよ。

オトナは計画が大好きだ。ツーリングで言えば、「何時にどこそこに到着し、何時にどこそこで何のメシを食い、何時にどこそこでナニをして、何時にどこそこルートに入り、何時にどこそこに帰着する」みたいに、緻密で綿密で精密な計画を立てたがる。

いいんだけどさ、計画を立てても。でも、オレはいいや。計画いらね。そんなにキチキチに決まってて、キチキチに決まり通りに動いて、何が面白ぇんだよ、と思うから。

だってさ、ツーリングだよ? たかが。「バイク乗ってどっか行く」ってだけの話でしょう。そんなにかしこまらなくたって、ホント、テキトーでいいと思うんだ。

バイクって、そんなにキチキチしたもんじゃないよ。面白い道があればズンズン行ってみたいし、もしかしたら何度か往復してみてもいいし、「アレ?」と思えばそっちに行ってみるとか、「オヤ?」と思えばあっちに行ってみるとか、その都度その都度テキトーかつ気軽に判断移動できるのがバイクの魅力だと思ってるからさ。

だいたい、乗ること自体が楽しいんだもん。そもそも目的地なんてどこでもいいんだ。バイクに乗れりゃ後のことは何でもいい=テキトー。帰りたくなりゃ途中で帰りゃいい。最初から最後までみんなベタベタに一緒にいなくたっていいよ。

それにね、計画っつうのは、練れば練るほど最初のアイデアから遠ざかっていくものなんだ。これは日本人の特質なのか何なのか分かんねーけど、ほとんどの計画つうのは悲観的な意見によってつぶされにかかる。アイデアに対してはまず真っ先につぶされる方向の力が働く。それをどうにかかいくぐり、はねのけ、ぶつかり、多少つぶれて形を変えながら、ようやく実現する宿命なんだ。

それが計画を鍛えている、とも言える。「計画が、計画としての完成度を高めていく」っていうのかな。でも、もととなっていたはずのアイデアのエネルギッシュさは、いろんな意見に叩かれ、揉まれ、調えられしていくうちに、どんどん熱を失い、なんてことないありがちなものになっていく。計画としての精度は上がるんだろう。でも、できあがりには面白みがない。

悲観的って、何に対して悲観なのかっつうと、失敗の二文字に尽きる。ことごとく失敗を嫌う。もうホントに笑っちゃうぐらい、失敗を嫌う。これはもう、国民性と言ってもいいんじゃないか。失敗は恥ずかしい。失敗はカッコ悪い。ダサい。

いいじゃねえか失敗したってよー。ダサくねーよ。失敗しねーと分かんないことだらけだよ。それに、ことツーリングに関しては、失敗した方がぜってー面白え。そりゃ命に関わるような失敗は別だよ? でもさ、行き先がテキトーで雨に降られて右往左往するぐらい、笑い飛ばしゃいいじゃん。だいたいでいいんだ、だいたいで。

「テキトー」「だいたい」を許容せずに立てる、緻密綿密精密な計画。しかしよく考えりゃ、未来のことなんか誰にも分からない。未来なんかそう思い通りにはならないし、大事なのは、思い通りにならない時にどれだけしなやかに対応しながら、ちょっとでも思っている方向に近付けられるか、だ。しなやか。聞こえはいいけど、要はテキトー。

つうわけで、何だかんだとぶーぶー言い続けるKAT○さんをテキトーなオレが押し切り、とりあえずは当初の予定通り朝8時に高坂SAに集合することにした。

行き先は、結局未定のままだ。「天気も分かんねーし、集まってから決めますかー」という話である。テキトーにもほどがある。行く先が決まってないツーリングって何だよ……。

しかも7時半に大慌てで家を飛び出したらパタッ、パタパタッとイヤな音がする。雨だ雨雨でやんのマジかよもう帰っちゃおっかな……。圏央道〜関越までの間で軽〜く雨に降られ、げんなりし、誰もいないことに期待しながら集合地点の高坂SAのバイク置き場に着いた。

い、いたっ!!
いやがった!!
参加者がいやがりましたよ!!(←招集しといてこの言い草)

友人デザイナーのケンケン(グラストラッカー)、Twitterから参加表明してくださった学生ライダーのマツケン(CBR250R)、そしてまっつんさん(FZ1)がいたっ! 好きだなぁみんな。雨だっつうのにどうかしてるよ……。さらにはやはりTwitterで「お見送りだけでも」と、katatayanさん(W650)が顔を出してくれた。みんなどうかしてる……。

ちょっと遅れてKAT○さん(BMW100RS!)が到着したところで、いよいよ本格的に行き先を決める。電脳な皆さんがススッと指先を液晶画面にこすりつけることで得た情報によると、北上すればするほど天気はいいらしい。ほらキタ。キタよ北。行くでしょう志賀草津道路。いや別に志賀草津道路にこだわってるわけじゃないけど、何となく最初にポッと浮かんだもんだからさ。

相変わらずKAT○さんはぶつくさ言ってやがるが、さしあたって後からもうひとり合流するポイントである上里SAまで向かうことにする。「じゃ行きますかエイエイオー!」みたいなかけ声も何もなく、テロッとみんなで走り出す。キレイな千鳥走行で隊列……なんかになりゃしねえ。なんとなくホーネット、CBR250R、FZ1、W650、100RS、グラストラッカーみたいな順で走る。いや後ろの方は見えてないから分かんないけど、たぶんそんな感じだ。

W650のkatatayanさんは東松山ICでお別れってことだったので、挨拶ぐらいしたかったけど、途中にクルマが入っちゃったりしたので結局はバラバラに。まぁいいやー。きっとまた会えるしね。ありがとうございましたー。

ほどなく上里SAに到着した。薄日が差してきたりして、さすがに気分は盛り上がる。もういいよ志賀草津道路ね! とだいたい決まったところに、マナブ(SR400)が到着。これでいよいよテキトーツーリング・ほんわか編の始まりである。

Dcim0728
↑ホントに何も決まっていないことに唖然とするマツケン(左)とまっつん(右)。

高崎ICを下り、まずは裏榛名へ。裏っつうからにはモロ出し本番ズッコンバッコンの(←最低)すんごいワインディングですよ。しかも高崎側からだと山汁出まくりで、もうさすが裏って感じ。

(やまぢる:雨の後に山から流れ出る汁。コーナーを抜けて山汁が流れていると非常にビックリする)

そんなエロスな山汁たっぷりの群馬県道33号線をひたすら駆け上り、榛名湖で一休みした。

Img_0371
↑うーん、榛名湖。

Img_037102
↑あっ、こ、これは!?(右隅拡大の図)

ここでオレたちは大失敗を犯してしまった。白鳥ボートの存在をバッチリと確認しておきながら、何と! ななんと!! 乗らなかったのである!!!

今回の悪役・KAT○さんの、「へっ、おまえら結構ちょろちょろ止まるんだな、はっ(嘲笑)。止まらなくていいから先急ごうぜ、へっ」というオトナ発言に乗せられて、「じゃ、じゃあ行きますよ!」と出発してしまったのである。これはテキトーツーリング史上に残る汚点、後世まで語り継がれる大失態だ。

後に、オレとケンケンで「あそこでは絶対に白鳥ボートに乗っておくべきであった」「ひとり一艇で競争すべきであった」「ものっすごい勢いでペダルを漕いで、フロントアップするぐらいのスピードで疾走すべきであった」と猛反省した。バイクも楽しいけど、それ以外も楽しい。そういうことである。

……何が「である」だか。とにかく今後、白鳥ボート級の遊びアイテムを見つけた際には、速やかにダイブすることを誓うのであった。

榛名湖を越え、たっぷり広めの幅員でコーナーのRも大きい県道26号線を駆け下る。何となくオレが先頭を行くが、SR400のマナブがヒタヒタと後をついてくる。……たいしたことないって分かるでしょう? 頑張ったところで、ニーゴーのホーネットとSR400。たかが知れてる。でも楽しいんだ。十分に。ちょっとミスするとバックミラーのマナブが大きくなり、ちょっと頑張るとマナブが小さくなる。絶対的なスピードは遅くても、何だろう、ウヒャウヒャとひたすら楽しい。

以前ヤングマシン誌の取材で1000kmツーリングを敢行した時、厳冬の夜の伊豆半島を走ったのだが、その時も道の分かるオレが先頭でマナブ2番手というオーダーだった。途中から後続がちぎれ、ふたりだけになってヒタヒタと走りまくった。「伊豆の夜走り・真冬の強風編」といった趣で、ベラボーに楽しい青春アワーを過ごしたものだ。

何だろうね、「バイクで走る」って。操縦の難しさ、風を切る心地よさ、車体が傾く爽快さ、アウトドアに身を置くこと、転んだらヤバいこと……。何だかいろんな要素が複雑に絡み合っていて、何をもって「楽しい」と感じているのか、いまだによく分からない。でも、分からないからこそ、いつまでも乗り続けていられるんだとも思う。物事、分かっちゃったらそこで終わりだ。

マナブと伊豆をヒタ走りまくり、ようやくバイクを止めた時は、特に会話をするでもなく、「ニヒヒー」と笑い合った。それで十分だった。「ニヒヒー」でいいんだ。ひとりで走ることも面白い。でも、誰かと走ると、この「ニヒヒー」がある。いいもんですよ、「ニヒヒー」。

そんで志賀草津道路である。バーババーバーッと走って、あっという間に横手山に到着してしまった。途中、残雪があったり、岩山の荘厳な眺めがあったり、国道最高地点があったりしたけど、いずれも走りながらのチラ見だけで止まりゃしねぇ。

Dcim0736
↑後方でこっそりマナブが停車して撮影。渋峠と横手山の間かな。

横手山に着いても今走り終わった道について何か話すでもなく、「こっからどうすっかー」と、もう何か超バカな感じ。たまんねーッス。

Img_0374
↑「ふーん、あれが北アルプスね。よし、今から行ってみっか」みたいなバカさ加減。

オレ的には横手山でスカイレーター&リフトに乗って山頂に行き、「日本一高い場所にあるパン屋さん」のパンでも食おうと思っていたのだが、魅惑のスカイレーターを一瞥した皆さんは「アレ乗るのかよ」「遅ぇな」「金かかんだろ?」「それよりここ、ちっせぇ虫が多すぎんだよ!」「虫うぜぇ虫!!」と、虫にイラつくばかりでまったく反応しない。

Dcim0746
↑「どうすんだよ」「どこ行くんだよ」「どうすっか」「どこ行くか」「ざわざわ」「ざわざわ」……いちいち、いちいち、話し合い。

しかも、ここへ来てついにKAT○さんが「どうせなら松本を抜けてビーナスラインとかまで行っちゃうとかさ。ゲロゲロルートだぜハハハ」などと言い始めた。ようやくKAT○さんがオトナの殻を脱ぎ捨て始めたのである!

とりあえず行こう。
もっと先へ。

さっさと志賀草津道路を下りる。途中、「道の駅北信州やまのうち」でメシを食い、KAT○さんを除く総員が、今後テキトーツーリングの定番になりそうなソフトクリームを食し、さて再びブチ当たったのが「そんで、どうすっか」問題である。

Img_0380
↑ソフトクリームは食うでしょう。ケンケンに至っては、ここでふたつ、さらに帰りにもう1コ食ってた。「道の駅北信州やまのうち」のソフトは自作できる。「えっ? えっ? じゃあ倒れるぐらいデカいのを作っちゃっていいの?」とおばちゃんに聞いたら、「ごめんなさいねー量は決まってるのよ」とカップをパカッと機械にはめ込んだ。そのカップ分しか作れない。ガッカリ。超ガッカリ。

「そんでどうすっか」である。何しろ行き先が決まっていないから、事あるたびに「どうすっか」とツーリングマップルを眺めながらの討議が始まるのだ。うーむ、実に民主的! 民主主義は独裁制とは異なり、物事ひとつを決めるにもいちいち時間がかかるものなのだ。……次は独裁制にすっかな……。

「そんじゃ、ま、次は『菅平』っつう交差点まで行って、そこから次を考えるか」
──菅平交差点に到着。
「じゃあ、ま、次は『田代』っつう交差点まで行って、そこから次を考えるか」
──田代交差点に到着。
「じゃあ、ま、次は……」

万事この調子である。だいたい距離も時間もテキトーだから、こうして小刻みに目的地を決めながらチネチネと進む作戦である。……作戦つうか、要は行き当たりバッタリなワケだけど。

ここで大いに才覚を発揮してくれたのが、静かなる男・まっつんである。まっつんは、オレよりも10歳も若いのになんつーかこう冷静で眼力があるっていうか怖いっていうかオトナっていうか、つい「まっつんさん」と呼んでしまうような、つい敬語で話しかけちゃうような、「ああ、まっとうなオトナっていうのはこういう雰囲気なのか」とうらやましくなる人である。

FZ1での走りもジェントルを絵に描いたようで、まさにジェントルでアダルトでアダルトビデオな感じである(←最低)。しかし何で今でも「アダルトビデオ=AV」って言うのかね? もうとっくにビデオなんてないでしょう。今で言うならナニ?「アダルトムービー」か。「AM」か。午前かよ。「アダルト動画」か。「AD」か。アシスタントディレクターかよ。なんか盛り上がらねぇな。やっぱAVでいいや。いや待てよ、「ビデオ」ってメディアのことか。今はメディアで言えばDVDかブルーレ(以下略)。

静かなるまっつんは、マップケース付きのタンクバッグを使用している。そこに入れてあるツーリングマップルが非常に有用だったのである。そしてそのマップルマップルルールルルを眺めながら、持ち前の冷静さで淡々と的確にルーティングしてくれたのだ。

テキトー精神をフルスロットルにすれば、本来地図すら不要だ。しかし、さすがに6人がバラバラに走っていると、みんなで地図を見ながら次の集合地点を理解しておく必要が出てくる。だいたいの位置を知っておくにも有効だ。ま、「だいたい」なんだけどさ。

そんなこんなで、オレたちは上信越自動車道・小諸IC近くに到着した。っていうか、何となくそこを目がけていたのだ。目標はズバリ、KAT○さんを厄介払いすることである。ウソ。そんなことはないんだけど、とりあえず小諸ICに行くことで、帰りたいヤツはサッサと帰れやコラ、という選択肢を提示したわけである。

そしてKAT○さんは……、サッサと帰って行きやがった。時刻は……、何時頃だったかなあ? 忘れちった。確か17時ぐらいだったかな。「オレぁ明日もてぎで次のRA◎ERSの撮影があっからよ。おめーらどうすんだよ? え? まだ走る? ああそう。へー。うらやましいかって? 全ッ然! どのルートで行くつもりだよ? えーっ、それ結構時間かかるぞ途中で雨降ったらどうすんだよまぁおめーらがヒーコラ走ってる間にこちとら家に着いてゆっく」「じゃーねバイバーイ!」

帰る人は帰る。走る人は走る。
バイクはインディペンデントな乗り物だ。
好き勝手に動くのがいい。

ひゃっほーい! 最後までオトナだったKAT○先輩がついに消えたぜ。よっしゃ行くぜおめーら!! もっと走っちゃおうぜ〜! オレと静かなる地図男まっつんが先頭になり、マナブ、マツケン、ケンケンを従えながら、国道299号線から上毛三山パノラマ街道……に入ったつもりが微妙に違う道に入っちゃったみたいだけどブイブイッと走れたからまあいっか。

ホントはもっと遠くに行ってしまうか、R299で十国峠越えをしてグネグネ道にゲロを吐きたい気持ちもあったけど、さすがに時間も時間だし、そこはグッとこらえた。この「こらえ」が、第3回テキトーツーリング開催のモチベーションになるのだ……。

最終的には上信越道・松井田妙義ICに辿り着き、「じゃ、どこか分かんないけど最初のサービスエリアでね! パーキングエリアじゃなくて、サービスエリアね!」と言い残して高速にインし、てんでバラバラに走り出し、マツケンとケンケンが仲良く間違えて藤岡PAに寄ってしまったようだが、何だかんだ言いつつしっかりと関越・上里SAに再集合したのだった。

とっぷりと日が暮れた上里SAで、再びソフトクリームを食する我々。佐世保バーガーなどを食ってるヤツもいた我々。Twitterが主な連絡方法でありながら、途中でほとんどTweetしない我々。ただひたすら走った我々。露店も閉まり真っ暗になった上里SAでバイク業界の今後についてひとしきり熱く語った我々。我々、われわれ、喉のあたりをトントン叩きながら、せぇの、ワレワレハ、バルタンセイカラ、ヤッテキタ……。

おわり。

【今回の収穫】
・志賀草津道路はやっぱり近いことが分かった
・地図を持つと便利だと分かった
・ソフトクリームは食うべきだと分かった
・雨に降られたけどカッパを着れば全然平気だと分かった
・バイクの世界は世代交代しつつあることが分かった

【今回の反省】
・白鳥ボートに乗らなかった
・地図に頼りすぎテキトーさが足りなかった
・いまひとつ走り足りなかった

【第3回テキトーツーリングに向けて】
・よりいっそうのテキトー度向上をめざそう
・朝の集合を早めて、もっと走れるようにしよう

いや〜っ、しかしブログ更新しねぇなここんとこ。これも2ヶ月ぶりでやんの。インプレ書きたいバイクもいっぱいあんだけどさ、仕事で乗ってるから、一応は記事の掲載誌が発売されるのを待ってから書こうと思ってるわけよ。でもさ、乗って、掲載誌が発売されるまでって、やっぱ数週間経っちゃうじゃん? で、その頃にはもう次のバイクに乗っててさ。で、またその記事が掲載されるのを待って……ってやってるうちに、もうどうでも良くなっちゃうんだよね。書きたいことはたくさんあるんだけど、なかなか書けねー。しまいにゃ「仕事の原稿よりブログの方が面白いですね」とか言われてうーむそれはどうなんだろうとか頭抱えたりしてさ。でもうれしいのは、「にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←このボタン? 押したことないッスよ!」という人が相変わらずたくさんいること。押 せ よ !!!! にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ 別にランキングなんて正直興味ねーし、押してもらったからってオレ何の得もしねーし、あなた何の損もしねー。ただ押す。ここに来たら無条件に、条件反射的ににほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←コレ押す。それだけ。いい? それだけだからにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←コレ押して。お願い。ただの意地。意地は張ってこそ意地。押せ!にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへいいから押せ!! あそうだ一応今年に入ってから乗ったバイクを挙げておこう。皆さんのにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←クリック数次第ではインプレ書きたいお願い書かせてでも時間がないのブログが仕事になればいくらでも書くんだけどさー。

【ホンダ】
CBR150R
CRF250L
CBR250R
NSF250R
CB400SF
NC700X ←
CBR1000RR
VFR1200F DCT
CB1300SB

【ヤマハ】
YZF-R15
トリッカー
YBR250
セロー250
WR250R
WR250X
SR400
TMAX
TMAX530
XJ6
FZ8
FAZER8
FZ1
FZ1 FAZER
FZ1 FAZER GT
YZF-R1
XT1200Z スーパーテネレ
VMAX
XJR1300

【スズキ】
Vストローム
GSX-R750
GSX-R1000
ハヤブサ1300

【カワサキ】
Dトラッカー
KLX250
ニンジャ250R
ヴェルシス1000
ニンジャ1000
ZX-10R
ZRX1200 ダエグ
ZX-14R

【BMW】
R1200RT
K1600GTL

【ハーレー】
FXDB ストリートボブ
XL1200V セブンティーツー

【アプリリア】
RS4 125
スカラベオ200

【KTM】
125DUKE
RC8R

【DUCATI】
ディアベル

【ヒョースン】
GT250R

【メガリ】
250r

【SYM】
T2 250

うーむ何か漏れてるような気もするけどダブッてる気もするからいいや。しかしこんなに乗ってて1車種しか書いてないって、もったいねー気がしてきた……。にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←押す?

Follow 5Takahashi←下ネタ減らして有効な情報を増やしたい。違った。そんなことまったく考えてなかった。ツイート減らしてブログ増やしたい。

【追記・業務連絡】
このブログのプロフィール欄に記載されていた「@mac.com」のメールアドレスが使えなくなりました。過去、ブログからメールをくださったことのある方、オレと「@mac.com」でやりとりしたことのある方、もう受け取ることができません。プロフィール欄には新しいアドレスが埋め込んでありますので、何かありましたらそちらからご連絡ください。

|

« NC700Xに乗った | トップページ | パスワード忘れてた »

コメント

ええ!KAT○さん来たんですか!。
実は知り合いだったりするのですが、、、。
久しぶりに会いたかったな~!。
でも相変わらずの変態なんでしょうね(^_^;)。
昔、林道で泥を顔射されたしwww。

投稿: GUN(ガン) | 2012.06.30 18:43

ごうさん、おはようございます~

志賀草津、いいですよね!
群馬大国は車も少ないし、以前のR353もガレ気味で狭い箇所もありましたが、今はバイパスも出来てきて近くなりましたよネ!

インプレ、NSF250とCBR250の違いに興味があります!!

投稿: おっちゃん。 | 2012.07.01 07:43

更新まってましたよっと!
テキトーツーリング第2弾も楽しそうでよござんした。
KAT0さんの弁護するつもりはないけど、計画性はともかくとして40越えたおっさんには長時間乗りっぱなしがつらいだろうね。
自分も40代後半だけど、肩いてーとか腰いてーとか、脊椎管狭窄とかで手がしびれるとかなっちゃうのよ。
自分は楽しく走れるのは連続走行2時間くらいが限度かな。かっこわるいし、情けないけど。
幸い自宅が地方だから近場でちょこちょこ走ってシアワセになってます。
インプレ。どの車種でもいいけど楽しみにしてます。
希望としては、視点を「公道で楽しく走れるか?」ってところに重点をおいてもらえるとウレシイ。って既にごうさんのレポはそんな感じだけど。
いくら速くても、楽チンでも、カッコよくても楽しく走れなきゃ嫌だな。バイクは。
死にそうなほどのスピードで走らなきゃ快感を感じられないバイクじゃリスク高すぎ。

投稿: danda | 2012.07.01 12:05

やっぱ おもろいわ~。
ごうさんのバイクに対するおもいで、共感するとこ多いです。
私もおじんライダーの部類ですが、おじん共にひとことモノ申す。この場を借りて。
1、倒しても自分で起こせないかっちょいいでかいバイク乗ってんじゃねえ。うらやましいでしょうが。
2、ナビなんかつけちゃって、スイーツとかおいしいもん巡りばっかすんなよ。昔のanan nonnon族かー。血糖値あがるぞ。
3、バイクのけつにくっつけてるプラッチックのでかい箱どうにかならんかい、そんな入れるもんあるんかい。いったい何はいっとんねん、ごっつぶさいくやわ。2輪なんで後輪より後ろにおもりつけたらバイクのよさなくなるやろ。
荷物や人乗せたかったら車にしとけや。めんどくせえ。
4、こんなおもろいおもちゃ ヤング共もっと乗れや。お前らより少し金もっとるすけべなおっさんなんかに独占させてんじゃね。道の駅でメット取ったらおっさんばっかりやんけ。加齢臭すごいわ、どんだけファブリーズしなあかんねん。ええ加減にせや。

以上 おじんの主張でした。
ヤング共よ、ごうさんが良く言ってる 車検のない小中排気量の中古バイク買って、北海道、九州、本州、日本、一周してみやがれ。楽しいぜ。

投稿: HONTA | 2012.07.01 15:53

テキツー参加させていただきありがとうございました。

これが1万文字のボリュームなのか!?
と、つい数えてしまいました。

「静かなる地図男」という称号ありがとうございます♪

次回ご一緒できたら大音量AV男などに昇格(?)したいなと思います^^;
最近はビデオもメディアっていうか
ネットでのダウンロードとかオンデマンドですから

バイク オンデマンド!
行き先 オンデマンド!
折り返し オンデマンド!
な感じで楽しめたらなぁと思います。


インプレはGoさんのトリッカー評が気になるんでお願いしたいです

テキツー参加記念に「15の夜について~」以来、久々にポチっとさせていただきました。

投稿: まっつん | 2012.07.01 19:24

>GUN(ガン)さん
そのKAT○さんは別人です。あくまでも彼の社会的地位を守るためにそう言おうと思いましたが、残念ながら「変態」はそのKAT○さんしかいないので、ビンゴです。

投稿: ごう | 2012.07.02 10:15

>おっちゃん。さん
グンマ、まだまだ未開の地です。もっと走れる場所がありそう。探求します。NSFとCBRの違いですねー。あー、それはオレも書きたいな。承りました!

投稿: ごう | 2012.07.02 10:17

>dandaさん
オレも42歳ですよ。でもまだまだ青四十二才の蒙古斑野郎ですよハッハッハ、ペシペシ。バイクでノンストップ無休憩で何時間走れるかなー。インプレッサなら高速を5時間だったかな。無休憩無給油で走り続けたことがあります。大好きです。

公道でもサーキットでも、どのメーカーの何に乗っても楽しいので、インプレを書く人としては失格だと自負しています!

投稿: ごう | 2012.07.02 10:39

>HONTAさん
アンノン族とかヤングとか、気合い入ってますね! オレは押しつけられるのも押しつけるのもキライだし、バイクはとにかく危ない乗り物だと思ってるし、人様の人生の責任まで負えないので、せいぜい「オレは楽しんじゃってるもんね〜、オレは」ぐらいのことしか言えないのですが、心の奥底ではHONTAさんのような気合いが渦巻いているのかもしれません。

でも、アレだけは許して。トップケースだけは……! 今、「ホーネットにどのケースを付けよっかな〜」と楽しく激しく検討中です。

投稿: ごう | 2012.07.02 10:45

>まっつんさん
静かなる地図男キターーー!!「折り返しオンデマンド」って意味不明じゃねーかーーー!!! ゲッ、ポチされたか。トリッカーね。難しいトコ突いてくるなぁ……。

投稿: ごう | 2012.07.02 10:47

昨日は久々に話せて楽しかったよ~!
やっぱりなんかあの頃の仲間は特別な感じがするね!

今度は一緒に走りましょう!
ツーリングでもレースでもね!!

投稿: しの | 2012.07.03 00:10

>しのさん
いやー楽しかったしなんかうれしかったよ! プレスゼッケンつけてる場合じゃないよね。うん、走ろうぜ〜! 

投稿: ごう | 2012.07.03 09:46

ごうさんのおっしゃる通りです。
余計なこと書き込んじゃって すいません。
いや 実はあの日は、どて食いながら芋やってたんです(お湯割り)そんで、お気に入りサイトチェックしてたんで。
そしたら、なんと剛さんの更新されてんじゃないですか!もう、うれしくって、楽しくって、はしゃいじゃって、一気に読んで「バイクはいいぜよ~」なんちゃって。そしたら、ついつい本音がぽろりと てな感じなんです。
そりゃわかってますよ、みんがみんな本音、本心ぽろぽろしてちゃ 世の中うまくいかないってくらい。でも、ついうっかりぽろりしてしまいまして、「各ごじん方々 不愉快なおもいさせたこと 反省しております。ごめんなさい。」
安くてうまいもん くってくってくいまくってその後スイーツ食いまくって、ナビで検索して無駄なルート一切なしで、到着予定時間まで指定されて。道の駅でてかてかの皮ジャンで皮パンのポケットに手つっこんで、だべってだべってだべりまくったって OKなんですよ!
そうなんですよ、自由に それがよけりゃ各々やればいいんです。なのに酔っ払いが余計なこといっちゃって スマソンです。マジ反省してますんでカンベンしてください。
あ! トップケース ぜんぜんありっすよ。1個といわず2,3個でも。もし、SAで2個ケースくっつけたお方がおられてら、「いいっすね、やっぱ2個のほうがボリュームでてますね! この辺のステーの加工が渋いっすね!」て
これぐらいの事、さらさらでてきますよ。なんつってもこちとら大人なんで、御心配には及びませんよ。昭和者には、ゴムひも一本で十分なんで、大きいダルマ買って帰った日には 家についたらダルマはすべり落ちて緑のゴムひもだけだった「ハハハ、、やっぱね。」てなもんです。
こんな、オレでも機会があれば ツーに参加してもいいすっか。ごうさん達と一緒に走ってみたいな~。

投稿: HONTA | 2012.07.03 15:04

先日は写真ありがとうございました、バイクはショボショボのマツケンです。
でもでも、前回よりは上達してたでしょ(^_^;)
今回もスッゲー楽しかったです、テキトーさが少々不足してるのは気がついていましたよ( ̄ー ̄)ニヤリ

僕は結構変なヤツなんで温泉なし、グルメなし、あてもなくただ走るだけって大好きなんですけど一般的にはそうもいかないんでしょうね…僕はいくつになってもひとりテキツーしたいですけどね。

個人的には比較的安価で、学生が頑張れば手が届きそうなYZF-R15、CBR150とかのインプレ…ニーゴー以上にたいしたことはなさそうですが、きっと記事が面白いので気になります(笑)

トップケースもいいですけど他につけるものあるじゃないですかET○すっよ、ET○っす(伏字完璧っすね(^_^)b)

投稿: マツケン | 2012.07.03 21:42

>HONTAさん
面白いッスね、HONDAさん。あ、違った。HONTAさん。オレもバリバリ昭和の人間なので、根っこの部分ではものすごーくよく分かりますよ! よし、心おきなくトップケース3段重ねができます。真ん中をスコーンとトンカチで叩いてうまく抜けたらダルマ落とし。テキトーツーリング、ぜひご参加ください。このブログの左上に表示されている「ついったー」なるミニブログで告知してますので。でも、本当にテキトーですよん。

投稿: ごう | 2012.07.03 22:05

>マツケンさんば
いや、しょぼしょぼはウソ。すげー上手だし速いよ。あとは走りながら話したようなことかなー。ただ、思ってる以上にペースは速いから、気を付けてね。マツケンはクレバーだから大丈夫だとは思うけど、「あーっ!」って瞬間のワケの分かんない挙動体験とかはまだ少ないだろうからさ。

だよなー、もっとテキトーに行くべきだったよなー。すげー反省してんだよ。EティーCも付けたいさー。何でって、料金所でサーッと先に行かれるのがしゃくだから。

投稿: ごう | 2012.07.03 22:10

たびたび すいません。本田と書いてホンタと読む、なぜなら「た」にてんてん2個がなかなかつかないのよ まだまだ乗りこなせてないのよ。残りの人生かけてもおそらく「だ」にはならんだろうけど、地道にのんびりと「ほんだ」と名乗れるように努力していきたいな~と思う今日この頃。(で、KAWASAKIに乗ってたら しゃれならんぞな。)
なんだーおれ そんなにひまでもないのに長々と書いちまって! 年食うと話が長くてめんどくせーよね。
いやー 本題はETC(これって伏せなくても 問題発生しないっすよね?)マツケンちゃんは(おれの頭んなかでは完全にできあがってますよCBRにまたがる実写版マツケンちゃんが)トップケース3段のせより優先させておられますが、ゴム紐1本でなんでもこなす おれからいえば、「青いぜマツケン」 GANTUスーツ着るのははまだまだだなー。てことですよ。
おそらく、ごうさんは もうわかっておられると思いますが、おせっかいさせていただきます。日本国民ほぼ全員ETC化されちゃってるんで、一般ラインで待つことも待たせることもあんまないんですよねー。「奥さんのリュウマチの具合どーよ」みたいな 料金所のとっさんと ちょっとした世間話もできるぐらい まーたりとした空間なんですよ、だからおれ ETCもECCもELTもおまけにETまでひっくるめて そんなあわててくっつける必要ないと思とります。だから ごうさんもトップケース団子三兄弟計画を優先されるんですよ。 そうですよね、ごうさん!
あっ! またおれ 余計なこといったかな~?
とりあえず、今は しらふなんだけどなぁ。

投稿: HONTA | 2012.07.04 11:21

>HONTAさん
いいですね〜、ムダな熱さ、大好きですよ! 今、ホーネットにはET○は(←面白がって伏せ字にしてるだけです)付いていないので、料金所のおっちゃん・おばちゃんとのみじかい コミュニケーションを楽しんでます。さすがにリュウマチの具合までは聞いたことないけど。

それは好きなんですけど、高ぇんスよ高速料金が! いつもサンバー+○TCで高速を使ってるんですが、その倍ぐらいのイメージで、もう目玉飛び出します。これだけの差があると、さすがに背に腹は代えられないっつう感じで、でも○T○自体も高ぇし、さて困ったと。

その点○ッ○ケ○スは意外と安いですからねー。さーどう○よ○か○……。

投稿: ごう | 2012.07.04 20:36

折り返しオンデマンドはアレですよ
帰りたきゃ帰りたいとこで折り返せってことですよ。…たぶん^^;
帰りたくなきゃずっと走れってことですよ。

帰りに上里SAで話した奥只見は榛名より山汁たっぷりなんでより楽しめるかと。
道幅がそれなりなんでペースは程々かと思いますが、対向車に注意すれば、ガソリンスタンドとかも無く何十キロも走りっぱなしです。携帯も圏外だったりするんでツイートも気にする必要なし!
(今はつながるかもしれませんが…)

ETCは首都高使うときに毎回差額が出ちゃうんであっ、俺ETCじゃないから○○円余分に払うのかぁ、んじゃ今日は電車で行くかぁ…となるくらいなら、よしETCついてる俺のバイクなら首都高にもガンガン乗っちゃうぜ〜♪というバイクライフを選びます。

会話が恋しくなったらETCも使えない地方の有料道路にいくか、カード抜いてもいいじゃないですか。
あと、スマートICで降りれたりするので地域によっては山近くにポンッと出られたりしますよ。

そこまでETC推進派なのかと言われるとそうでもないんですが、以前トライクに乗ってた時にETC付けてなくって、必ず料金所で質問されたり、これ何CCなの?料金はバイクと一緒なんだよね?的な話をされるのにちと食あたり気味だったこともあるかもしれませんね。

・・・とここまで書いてからバイク用ETCっていくら位するんだろと思って見たら今助成金ないと結構するんですね。

前後タイヤ交換直後に釘踏んでパンクしたつもりでなんとか…という金額…

安く済ませるなら機械だけ中古で探して来て、セットアップだけ依頼とかですかね。

今回のテキツーでは、後半から地図チェックしながら走行でしたが、なんとなく西に向かおうとかそんな感じで走り、お腹が空いたらやっと地図開いて近くの電柱とか見て現在地を探す…そんなツーリングを楽しむのも大好きです。

あと帰りルート候補に一時あがったR299は8月上旬くらいまで十石峠から群馬側が通行止めなんで林道による迂回でさらにゲロゲロルートになってましたよ。それもまた良しでしたが。

FZ1は次のツーリングで50,000kmいきそうなんですが、リアタイヤはそろそろダメそうなんで滑って当然な林道をつなぐようなツーリングに行こうかと思います。
今のとこ候補は中津川林道からの三国峠あたりを考えてます。
それ終わったらS20へ交換予定です。


Twitterでは長々と書けないのでちとロングコメントでいってみました。一応シラフですw^^

投稿: まっつん | 2012.07.05 01:39

えー はじめに一言 「しらふです。まだ」
こう 熱いと78円の発泡酒でも なかなかいけるじゃなのって感じですよね。

人生そうも無駄には生きてないよと思っていても意外と無駄に生きていたんだな~と考えさせられます。特に今回ばかしは
ETCCELTETだと、高速は割引になるのか~? 1000円高速は終了してるんだろ~?
おれ 何も聞いてないぜ! いったいいつからなにをなにしてんだよー!皆の衆よ。
そりゃつけるでしょ、高速安くなりゃ。おっさんと無駄話してる暇なんてねェよ。さくっと高速降りて、そしたら最初の信号ってなんでいつも赤なのよ。これって都市伝説でしょう完璧に。みんなはどうなのかな~ て
いやいやみんな知っておられてETCCELTETを取り付けておられたんですね。でも、意外と補助金無いと高いと いうことなんですね。でも、何故おれはこうもNO天気に高速を使ってたのかなと、今あらためて考えるに ある一つの答えがなんとなくぼやーとっですが 
おそらく、おれの住んでるところが田舎だからなのかなと 家出てしばらくしたら広ーい農道でそしてすぐ峠あってそれ越えたら川沿いにええ感じにどこまでも道が続いて、、、、ほとんど高速使ってねーじゃん!たまに、遠出してよほど疲れたら乗るぐらいでした。首都高とかTVでしか見たことないんですよ。なにがいくらでこうするとこうなるとかぜんぜんわからなかったんですよ。知らぬが仏とはこのことかな?
結論 付けて得する人はつける。 以上。

それと、今回もうひとつ なぞが。
それは ついっター これが今一つよくわからない。どうも、わからない、なにがわからないのかもわからない。右うえの小さい緑のとこクリしましたよ、そしたら、なんか短い文がいろいろで、目が回りました、正直。内容もなんかよくわからない。 
結論 こっちの方がものすごくわかりやすい。以上。

追加 ついっターでRYOUHEIてマツケンのことなのかなぁ?小さい写真をクリすれば大きな写真になったのかなぁ。でも、クリできませんでした。おれの思ってるマツケンと大きく違えばショックだし、松平腱だったらもうフォローできんし。しっかりと、気持ちの整理できてからクリしたいと思います。
発泡酒まで残り時間 4時間45分32秒。

投稿: HONTA | 2012.07.06 14:57

文章長!w
自分の若い頃は場所も地名もわからなくて、家に帰り着くかもわからない状態で走ってました。
判らなかったら地元の人に聞けば良いし。
集団行動もしなかったなぁ。他人に合わせるのも嫌で。
ふと思い出しました。

投稿: ラピ雄 | 2012.07.06 20:38

はじめまして
ちょこちょこ読んでます
たのしいブログですね(^^)
私は最近になってレストアしたバイクを一人で乗り回しています
数年前はマスツーリングも行きましたが、無計画な一人旅の気楽さときたら^^

しかし、気ままなマスツーリングも楽しそうですね
機械があれば是非参加してみたいものです

投稿: チョースケ | 2012.07.07 15:57

>HONTAさん
相変わらず面白いッスね〜。オレ自身はETCをまだ付けてないし、ツイッターも始めちゃやめるを繰り返し、つまり新しい何かを無条件に即受け入れることができずに、なんだかんだと難癖をつけながらでもちょっと気になって……、みたいな感じです。まぁブログもそんな感じでだいぶ前に「ナンボのもんじゃい!」と始めたんですが、細く長く続いてるってことは、相性がいいんでしょうね。

いずれにしても、ひとりの人間のキャパシティや時間には限界があるわけで、ナニもかもを自分のモノにしようとしても到底不可能。いろんな事柄にちょいちょい手を出してみて、その中で相性がいいものが残っていくってことでしょうね。

投稿: ごう | 2012.07.09 00:52

>ラピ雄さん
そういえば小学生の時は、チャリンコに乗ってひたすら角を右、左、右、左と進むのが好きでした。要するにどこかに行くこと自体が好きで、それがどこでも構わなかったって感じ。今もあんまり変わってません……。

投稿: ごう | 2012.07.09 00:53

>チョースケさん
無計画で気ままなマスツーリング、すげー面白いけど実はかなりハードルが高いです。集団でいながらテキトーさを維持することの難しさを痛感しています。……別に痛感しなくてもいいわけですが(笑)。タイミングが合えば、ぜひご一緒に!!

投稿: ごう | 2012.07.09 00:56

>まっつんさん
奥只見、かなりマジモードになりつつあります。その前に川遊びもしたいけどなー。誰もついてこないだろうな(笑)。

投稿: ごう | 2012.07.09 03:52

たびたび ホントにすいません。僕ってトモダチ いないんでしょうね、たぶん。

ごうさんの言われるとおり、新しいもの気にはなるが、なかなかおっくうになって 手がでない 手をだしてもすぐにめんどくさくなる。そんなこんなの繰り返しみたいです。
で 今すごく気になってる「ブツ」がありす。
それは、最近CMでよくやっている「しゃべくりコンシェル」なる スマホにむかってしゃべりスマホが答えてくれるやつです。
かなり興味があるのですが、機種によりいろんな性格のやつがいて、人間臭い答えをかえしてくれたらいいな~と 何パターンか考えてみました ご指導お願いいたします。

ケース1
男「おっぱいとおしりどっちが好き?おれはおっぱいかな~」
スマホ「PO~N(答える前にこんな音なりますよね)モフクデ ウナジ」
男「お前 わかっとるね~」
ケース2
男「〇〇商事 第二課の山本さんにつないで」
スマホ「PO~N アメリカコクボウソウショウ ダイニカノ ロバートヤマモトニ オツナギシマス」
男「なに やってんだよー!てめェ!」
スマホ「PO~N ソノ リアクションガ ミタカッタ。PO~N ツナガリマシタ」
男「(びびりながら)ハロ~ ソ~り~ ソ~り~ (ピッ) もう いやや~」
ケース3
女「わたしって きれい?」
スマホ「PO~N ショウジキ ソンナデモ ナイデス。」
女「なによー それ!」
スマホ「PO~N アエテイウナラ モンゴルノオクノホウニ ヒトリブッサイクナノガイルケド ソイツヨリハマシ」
女「日本 出とるやないのー!」
ケース4
男「スカイツリーの高さ教えて?」
スマホ「PO~N ソレグライ ジブンデ シラベロヤ イチイチヒトニキイテタラ ノビンゾ オマエ」
男「なんでやねん!」
君とはやっとれんわ~ ほなさいなら~ てことですね。

でも、すこし期待してます。スマホが恥ずかしがる答えとか 悩む答えって何かな~て
スマホ「PO~N オモチャニ スナ」って
怒られちゃうかもね。
ごうさん 時間があれば是非 「しゃべくりコンシェル」のインプレお願いします。  


投稿: HONTA | 2012.07.09 14:49

53 8耐の取材お疲れさまでした。
カチカチ頭の私でも、ようやく53のつぶやきをチェックできるまでになりました。でもまだその輪のなかに入るまでにはもう少し時間がかかりそうです。なので、このスペースを借りてコメントさせて下さい。
D夫人の、あきらかに、いきすぎだとおれも感じました。背筋がゾゾッテなりました。怖くなってきた。2700件ものコメが、ほとんどD夫人をほめたたえたいたことにも。(すべてチェックしたわけではありませんが)社会的に影響力のある人が、WEBでオープンにしていい内容を越えてます。被害少年らがしたことと同じかそれ以上のダメージを加害者一家に与えようとしています、しかも、匿名性を利用して。
これは、いかんぞ!ぜったいに!あぶないぞ!
もちろん、いじめられて自殺した少年やそのご両親の気持ちを考えると、たまらなく心が締め付けられ納得がいかないその気持ちの持って行き場所にこまります。でも、だかといってメディアの断片的な情報と、匿名性の強いWEBからのネタを丸のみにして感情的に特定人物を簡単に攻撃するほど おれはまだ落ちぶれてはいないぜ! ここまで問題が大きくなって、公的機関も動かざるを得ないので、もう少し、マジもう少しだけ大人になろうー。ええ年こいて単車乗りまわしてるこんなオジンよりよっぽどあなた方のほうが大人であってほしい。これ本音。
53 つぶやきもチェックしとるでね~。
がんばれ~ (何を?)

投稿: HONTA | 2012.07.11 10:37

>HONTAさん
いつもいつも熱いッス! 今からこんな熱くなってたら、8月の灼熱を乗り切れないですよ。抑えて抑えて!!

まずえーと、なんかスマホがしゃべるヤツ。オレはスマホ自体を持ってないので何とも言えませんが、基本的に「機械黙っとれ!」派なので、ケース1〜4、すべて却下です(笑)。機械がしゃべるのはまだしも、こっちにしゃべらせるとは何事だと。黙っててもいろいろやってくれるのが機械のいいとこじゃねーかと思うわけです。

キーボードだって黙って打ってりゃいいってのがよくて、これをいちいち口に出してたらこっぱずかしくて文章なんか一文字も書けないです。

それからD夫人(←うまい!)のブログ。めんどくさいからデヴィ夫人。10000%ナシだと思います。オレもコメントをザッと読んで背筋が寒くなりました。どういう裏があるのか分からないし、彼女も何らかの政治力学の渦の中にいるのかもしれませんが、仮にあのブログに掲載された事柄が事実だったとしても、ああいう晒し上げ方は下品だと思います。

まさにHONTAさんがおっしゃる通り、ああいう「晒し」では、正義とか社会的制裁の名を借りたいじめに他ならないと思うわけです。個々人がそうやって直接的に制裁し合うことを防ぐための知恵が、法律(の一側面)でしょう。

加害者保護を忌み嫌う気持ちも重々分かるし、「コイツは晒してもいんじゃね?」という社会的な空気があることも分かります。今回の大津の件は、とても大きな出来事だと思っています。いじめが自殺を誘発したこともほぼ確実でしょうしね。

実際のところ、デヴィ夫人のブログは法を犯しているわけではありません。少年法で実名報道を禁じているのは、家庭裁判所の裁判にかかっている少年や、少年の時に犯した罪で公訴された人に対してのみです。しかも罰則もない。

件のブログに掲載されたのは、事実はともかく法的には「加害者と思われる少年たち」であって、裁判段階でもない。だからそもそも少年法には抵触していないんです(プライバシーは冒していますが……)。

だからといって「疑わしきを晒し上げ」を許すわけにはいかないでしょう。一度ネット上に流出した情報は二度と消えないわけだし、特に彼女のように注目度の高い人であればこそ、なおのこと情報の取り扱いには注意すべきです。

仮に「晒し上げ」が許されるとしても、それは最低限でもメディアのように報じた側も一定の責任を負う組織であるべきで、デヴィ夫人のように個人的なやり方ではないはず。今までももちろんネット世界で同様なことは無数にあったけど、彼女のようにメインストリームにいる人があのように「晒し上げ」をしたのを、オレは見たことがありません。アゴが外れるかと思いました。

あのブログ、オレには本当に意図が分からない。あんな風に加害者を晒し上げることで世の中が少しでもよくなると思っていたら、大間違いじゃないかと思います。晒しによる抑止力に期待するなんて、時代錯誤だし、単に相互監視の息苦しさを生むだけじゃないかと……。

それ以上に、絶賛の嵐が本当に気持ち悪い。この国は今とてつもない閉塞感に覆われていて、そのストレスを解消するためかどうかは分からないけど、正論に手軽に飛びついて金切り声を上げる連中がとても多く見えます。ただ感情的になっているだけなのに、振りかざしているのが正論なだけにタチが悪い。

「これは絶対に正しい」と信じて何かに無条件に身を委ねる行為そのものが、実は思考停止を招くとても危険なことだと気付いていない。自分の頭で考え、判断することをしないから、簡単に燃え上がって、簡単に収束するんです。でも、やっている行為自体は、そんな簡単なことじゃない。

例えば今回のように推定加害者の、しかも少年を晒し上げることは、さっきも言ったように違法とは言えないかもしれないけれど、よくよく慎重に考えて、影響力を考慮したうえで行うべきだし、それに賛同する側も、よくよく配慮しなくてはなりません。それが成熟した社会というものだと思う。

デヴィ夫人の該当ブログ記事、実名はイニシャルに変更され、写真は削除されています。何 だ よ そ れ ! やってることが簡単かつお粗末すぎる。訂正削除したらそれでOKだと思っているとしたら、想像力が欠落しているとしか思えない。し、やるなら腹くくって覚悟してやれ、と言いたい。それこそ少年法改正の旗手になるぐらいの勢いでやれ、と。

もちろん表現の自由は誰にでも認められる超基本的な自由権で、デヴィ夫人もああいう過激な形で憤りを表現するのもアリと言える。いじめ問題を取り沙汰させる効果的なやり方なのかもしれない。でも、下品。とても下品。そこに群がり絶賛し「感動の涙を流しました」とまで言ってのける人々。さらに覚悟なき訂正削除。もう、トホホとしか言いようがありません。

例えばあれがブログではなく、本だったとする。本は、世に出される前に多くの人に精査されながら作り上げられます。その間に、著作者であるデヴィ夫人も含めて、さまざまな議論がなされるはずです。そしてある出版社の名のもとに、出版される。多くの人々が腹をくくる、覚悟をするわけです。商品として世に問うわけですからね。

ところが今さらですがブログ(もツイッターも何もかも)は超個人的な情報発信ツールで、そういった健全な議論がないままに、容易に何でも言えてしまう。オレはそのことによるメリットはものすごく大きいと思っています。オレ自身も楽しんでますしね。でも、自由を与えられるということは、それだけ自然的に責任を負っていることにも気付かなければいけない。受け手も、無料の情報にすっかり慣れてしまっているけれど、受け取り側にも情報リテラシーが委ねられているということに気付かなければならない。

やべ熱くなっちった。HONTAさんのこと言えねーや。HONTAさん、ご自分でブログでも持たれてはいかがですか? 熱い思いをお持ちのようですし。ツイッターでもいいけど、何でも言えちゃう場を獲得するという怖さ、その情報が瞬く間に拡散していく怖さを、体感できると思いますよヒヒヒ。

投稿: ごう | 2012.07.11 18:27

D夫人ブログなんですが、朝読んで気持ち悪さを感じて、嫌な気分で1日がスタートして、しばらくしたらブログの内容に関してネットニュースになってて見直したら内容が変わってて、さらに気持ち悪くなって。

Dさんだったら、もっと一般論に置き換えるとか、確定情報だけで書くことも出来そうなのに伝聞と自身の意見がMixされたような文面だったり、訂正が随時入ったりして、Dewi with ○○な何か(誰か?)がいるんじゃないかと勘ぐってしまいます。

まさかテキトーツーリングのブログコメでDさんについて書くなんて走っている時には思いもよりませんでしたよ…

こんな気分を悪くしやがって~という
モヤモヤを洗い流しに川遊びしたいくらいですよ!
(`ω´)/プンプン(笑)

投稿: まっつん | 2012.07.11 19:32

D夫人ブログはアウトっすね、胸クソ悪い感じが嫌でした。ただ、あのテのものは情報を受け取る側のほうが考えるべきところなんだなと思います。
だってどんなにやり方間違っててもそれこそ自由なんですから(^-^;
ま、少なからず影響力のある人の言うことだから納得しちゃう方もいるんでしょうね、残念です┐( ̄ヘ ̄)┌

ヤバい真面目すぎる…というわけで西伊豆からは無事帰還しましたヽ(´▽`)/という報告です。結局伊豆を一周しましたが、ゆっくりテキトーに走って来ました。ネズミ岩?に旗立てて帰ってこようかと思いましたが地元民に聞いたところ別ルートじゃないと無理らしいです(;ω;)
なのでそのうちネズミ岩に旗立てに行こうかと思います。

>HONTAさん
それは間違いなく僕なんでテキトーにフォローして大丈夫ですよ。

投稿: マツケン | 2012.07.12 14:37

>まっつんさん
やっぱデヴィはナシだよなあ。でも川遊びはアリ。ザッツ・テキトー。

投稿: ごう | 2012.07.13 03:23

>マツケン!!
マジか!! ネズミ岩、行けるのか!! 旗立てようぜ、ネズミの鼻先に! よしまた行こう伊豆。

投稿: ごう | 2012.07.13 03:24

53に言われたくないよーだ!
あなた 1000発のマシンガンの弾ソウからっぽじゃないですか!目の前の壁 穴だらけで向こう側がもろ見え状態。そっち側からおれの姿見えるでしょう?78円の発泡酒6缶パックを持って手を振っている坊主頭で無精ひげはやした キムにい(吉本のお笑いの人)に似た丸目がねをかけた小汚いオヤジが。それがおれです。年齢もキムにいと同じ49か50ぐらいです。まあまあ この良く冷えた安物の缶ビール飲んで
クールダウン クールダウン。
そうね、最近の日本人は やたらと白黒つけたがるね。0101010101のデジタル化がテレビ電波といっしょに変換されたのですかねェ。白から黒に行くまで何千何万のグレーがあるのにね。グレーのグラデェーションがワビサビなんだと思うのですが。白黒だけじゃ息苦しいぜよ!今回のいじめの件もみんなでいろんな角度からかえりみて反省して行ければいいと思います。だれか数人の生徒、教師だけの責任ではないと思いますので。

ホント暑いのに、困っちゃうね。でも おれの頭の構造は空冷単気筒(短気筒)なんで、熱ダレはしてもオーバーヒートはしませんので ご安心を。

スマホの下り却下ですか 残念です。
いつか魔法使いに 小さいおっさんにしてもらいスマホの中に入って 小さいいたずらをするのが夢です。(デブホがスマホに入っちゃう なんか変。)へへへへ、、

それから、なんか53にもうそろそろお引き取り下さいみたいな汁 出されている感があるのですが、すでに寝袋、まくら、歯ブラシ、はし、茶碗を持ちこんでますんで、しばらく居候させていただきます。ここが、居心地いいんで独立なんかしたくないんですよー!ブログもついっターも自分ではやんねーぞー!どうか 追い出さないで下さい。

53 ケンケン マツケンが織りなす青春バイクストーリーに実際には共に走らないけど、赤ちょうちんのおでん屋のおやじ キムにい 若者達のバイクばか話を 無愛想なつらで聞いている、そんな脇役でいいんでどうかそばに置いてやって下さいまし。

やっぱ あれがマツケンだったのね、写真がめちゃ小さくて、よくわからんかったけど男前じゃないの!(たぶん?)気持ちはね おもいっきりマツケンをフォローしとるよ、フォローしてフォローしてこれでもかってぐらいフォローして。でもね 実際フォローてなによ?どうすんの ついっターて? てレベルでこれから勉強してついっターにも入ってくんで もう少し待っててちょうだい。あんまり無茶せずに53達とバイクライフ おもいっきり楽しんでくれちゃって下さい!

投稿: HONTA | 2012.07.13 15:34

またまた長くて小ネタ満載なブログを楽しまさせて頂きましたー。。
あっ、長々とどんな大型バイクを買おうか悩んでましたがお金持ちじゃないんで中古の98´TL1000Sに決めました!
納車はまだなんで乗り心地も分かりませが、見た目だけで決めちゃいました(^-^;

投稿: パーフェクト・アンバランス♂ | 2012.07.14 03:46

>HONTAさん
お引き取りください汁(笑)。ガマン汁なら豊富に噴出しておりますが……。

投稿: ごう | 2012.07.14 18:37

>パーフェクト・アンバランス♂さん
♂か……。いやでもTLいいッスね! まわりにはなぜかTL好きが数人いて、すげー好きみたいです。見た目だけで決める心意気やよし。楽しんじゃってください。……いいなぁ、オレ、14年前のバイクを買うだけのスキルがないんですよねー。正直、欲しいバイクは古いのが多いんですけど、何だかんだトラブルが起こる可能性を思うと、ちょっと腰が引けちゃう腑抜けです。

投稿: ごう | 2012.07.14 18:41

旧車は魅力的ですね(あんまり詳しくないですが)(^^)
TLか、リッターバイクは手が出ないな…羨ましい

今時のバイクも好きですが小遣いがまわらなく中々手が出せません
そんな私が最近治したのはXT250Tです(48Yなので25年位でしょうか?)。現在の愛車です。以外と純正パーツの在庫あって助かりました
ひょんなことから手に入れましたが、発売当時の自分は何してたかな?とか思いながらコツコツ仕上げました。

素人仕事なので自慢はできませんが愛情はかなりわきました
大切にしたい一台です。

ちなみに25年前はもうすぐで中免取るぞって位のバイトに明け暮れた頃でした

投稿: チョースケ | 2012.07.17 03:51

>チョースケさん
いいですよね。バイクに乗る経験って、たぶんものすごく鮮烈で、その時代の空気とか香りも一緒にまとめて記憶してるような気がします。

25年前か〜(ぼわわわーん)。18歳。自分で言うのもナンですが、とにかく多感で、今よりずっと許容範囲が狭くて、ピリピリしながらたくさんの物事を感じたり、考えたりしてたなぁ。

18歳ぐらいまでに感じたり、考えてきたことが、今のベースになっています。そこで得たものを食いつぶしながら生きているような感じ。逆に言えば、それ以上たいして成長してないような、成長を拒んでるような、何とも微妙です。

何にしても自分にはかけがえのない時でした。そのつど、いつか振り返るとそう感じるんですけどね……。

投稿: ごう | 2012.07.19 17:13

地雷原(ボタン)も回避してようやくコメント欄に到着。
OH・・・・
また参加できなかった、ボケーと生きてるからか _ノフ○ グッタリ

RA◎ERSとアイスクリームは好物。
このテキトー感が羨ましい、きっちりやるのは時々の方向でやりたい。
いつも以上に熱い先輩ライダーがいらっしゃいますね、気のせいかな。

Twitter・・・・?なんか喋るやつですよね?
うん、今度使ってみよう。

投稿: 猛 | 2012.07.22 04:21

>猛さん
地雷原! 踏んだら爆発……しないっすよ! 遠慮せずに踏みつけてください。Twitter、使わなくてもいいですよ。たまに覗いてくださいね。

投稿: ごう | 2012.08.11 10:09

ごうさんメール見ました?

投稿: 猛 | 2012.09.14 15:21

初めまして、moriと申します。
志賀草津道路は去年二回行きました。
一回目は雨で最悪(後の草津温泉は◎)
二回目は晴れて最高(奥志賀も良かった)
お気に入りのツーリングルートが、一つ増えました。

さて本題は、ごうさんのVストロームのインプレが読みたい!です。

現在、ホンダおかん(NC700X)とスズキあにぃ(Vストローム)のどちらを選ぼうか迷っています。

ホンダおかんのいいところは数えきれない。
スズキあにぃのいいとこもろ数えきれない。
はずだ! と思う。 かもしれない…

現在の愛車はVTR250(4年目)イイバイクです。
おかんのように。
別れたら後悔するかもしれない・・・・・・だがしかし!!

何かのボタン押しときました(笑)

投稿: mori | 2013.01.04 23:58

>猛さん
ひゃーすいません、見ました、見ました見ました!! かっちょよくも哀しき事故前愛車! ぜひ機会があったら一緒に走りましょうね!!

投稿: ごう | 2013.01.07 22:36

>moriさん
何かのボタンを押したった!! じゃあマジメに答えなくちゃ。オレなら迷わずVストローム! 1rpmでも回ればうれしいアホ原始人なので。でももしmoriさんがエコでスマートな現代人なら世間様に負い目の少ないホンダおかんがオススメ! つまりどっちでもイイ!!

ただ、ひとつ言えるのは…、別れたら絶対後悔するよ。その覚悟は本当にできてる…?

投稿: ごう | 2013.01.07 22:41

>ごうさん
レスありがとうございます。

別れの覚悟なんて、できてないです…。

というか、そもそも250cc以上のバイクを所有したことすらないのです。

話がそれますが、車は軽自動から3ナンバーまで色々乗りました。でも現在はコンパクトカーで落ち着いています。きっとこれくらいが自分の身の丈に合っているのでしょう。

車に例えるとバイクの250ccクラスはコンバクトカーぐらいかな?と感じています。でもイコール自分の身の丈に合っているとは判断できません。経験が無いから。

ホントに自分でもバカだな~と思うのですが、先日バイク屋に見に行ったVストロームは良かったです(笑)

いつかVTRに戻る日が来るとしても(大バカ)

どうしようもない質問に答えてくれて、ありがとうございました。m(_ _)m
ごうさんと、どこかですれ違えたら最高です!!

投稿: mori | 2013.01.10 00:26

>moriさん
Vストロームよかったら行っちゃえ〜! 乗ってみないと、所有してみないと分かんないスよ。何事も、分かんないままより、分かった方が面白いよー。そうだよ、Vストロームにして「うーんやっぱVTRの方がよかったなー」ってことになっても、それが分かっただけいいじゃん。……みたいな。悩みまくってみてくださいね〜。

……いつかどこかですれ違う。なんかいいですね。すれ違うって、確かにいいよね。いいヒントもらいました!

投稿: ごう | 2013.01.14 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/55086087

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回テキトーツーリング・ほんわか編に行った:

« NC700Xに乗った | トップページ | パスワード忘れてた »