« ハーレー・FLHXSE3に乗った | トップページ | 「15の夜」について語る時がきた »

FZ1 FAZER GTに乗った

ちょっと冷えてる、という気持ちのいい空気の中、清里方面に向かった。

どんな場面でも光と影を自在に操る巨匠カメラマン・長谷川徹さん、および、敏腕かつ色男であるがゆえに全国各地で女性を自在に操る営業マン(安全上の理由により匿名)と一緒だ。

オレはバイク。ふたりは長谷川さんのクルマで楽しそうに談笑している。インカムはない。オレ孤独。でもいい。バイクに乗れる。幸せ。

いやホント、やせ我慢じゃないんだ。何でしょうか、バイクの解放感というかフリーダム感というか身軽さというか心軽さというか足軽さというか尻軽さというか桃尻さというか女尻シリーズというか。つくづく思ったけど、バイクって小さいね。小さくてイイ。

FZ1 FAZER GTは1000ccあって、バイクとしてはデカいけど、長谷川さんの愛車・エスティマに比べればはるかに小さい。雰囲気で決めつけると、ざっと10分の1といったところだ。何となくね。クルマに比べて、10分の1ぐらいのものを動かしてる感じだ。

デカイのもいいかもしんないけど、ちっちゃいのもいいよね女性諸君! おおやっぱり。全世界の女性から瞬間的に激しい同意が得られ、「いいね!」ボタン押されまくりで心から安堵しているオレの股間であるが、いやいやマジメな話、乗り物はちっちゃいほどフリーダム感が大きいんだ。

……でね、これさ、2ヶ月ぐらい放置してた記事なんだよ。取材自体、10月20日のことだし。マジメな話になりかけてたっぽいけど、この先いったい何を書こうと思ってたのか、キレイさっぱり忘れてる。

でもいいや、だいたいで。たまにはこういう書きっぱなしもやっとかないとさ、妙にかしこまったブログになるのも、ねぇ

もともとテキトーに始めたブログだし、更新頻度も書いてる内容もテキトーなのにさ、会う人に「おめー早くブログ更新しろよ」とか言われて、知らねーよ、と。こっちは原稿書くのが仕事なのに、このブログなんてタダバもいいとこじゃんかタダバすなわちタダ働き。

じゃあタダバで何で書いてるのかって? 好き放題書けるから。雑誌でたくさん原稿を書かせてもらってるけど、ホントに好き放題に書くことなんかない。「雑誌のテイストに合わせて」とか「企画主旨に合わせて」とか「編集者の意図を汲んで」とか「文字数はこんなもんで」とか「10ページ分の原稿、〆切は12時間後ね」とか、まあいろんな制約があるワケですよ。

正直言ってこのブログでさえ、「不特定多数の皆さんが見る」って前提があるので、本当の意味で好き放題に書いてるわけじゃない。でも仕事の原稿に比べればずっと自由だ。

つうわけで、無報酬を盾に、書くことに関してはある程度好き放題にやってきたこのブログ。ついに今回、書いてる途中で2ヶ月放置し、あろうことか途中で別の記事をアップし、なおかつ結論を諦めるという境地に至った。

しかし、主題が何だったか、ざっとは覚えている。「バイクっていいな」だ。

そりゃあバイクに乗って1日過ごし、ふと道ばたに置いたバイクを見て「うーん、バイクって何かしらねーけどカッケーな!」と思ったり、信じられないぐらい美しい夕焼けの中に身を置いたりしたら、誰だって「バイクっていいな」と思うだろう。

111020_131411

たぶん書くつもりだったのはその程度のことだ。だって、本当にウソみたいに美しい夕焼けだったんだよ? 色が澄み切ってるんだ。素晴らしかった。

ただね、やっぱりデカバイクはできすぎだな、と思った。FZ1 FAZER GTなんてホントよくできてて、何もしなくてもいいんだもん。すんげーちょびっとレバーに指を当てるだけでングーーッとブレーキは効くし、すんげーちょびっとアクセルを回すだけでバヒューーッと加速するし、すんげーちょびっと行きたい方を見るだけでギュイーーンと曲がってく。

バイクらしい解放感や機動性や女尻シリーズや軽快感やフリーダムさ、そして美しい光景と一体になる感動は、確実にある。でも、「オレ操ってるぜオレ!」という手応えは希薄だ。デカバイクで手応えが得られるような走りをするには、公道は場違いすぎる。

だって1速で100km/h出ちゃうようなバイクなんだぜ? そこそこ回して走れば、峠から高速道路に至るまでシフトチェンジ不要ってことになる。かといってパパッとシフトアップしていけばヤバいぐらい速度が出る。

そういう速度域でデカバイクのコントロールを楽しむフィールドとしては、公道は難しすぎる。不確定要素が多すぎて、操ることに集中できないんだ。

ビッグバイクを自在に操ることを本気で楽しむ場は、公道じゃない。操れるようになるために本気で練習する場も、やっぱり公道じゃない。自戒もたっぷりと込めて、つくづくそう思う。

そして、操ることを追求しなくたって、やっぱりバイクはかなり楽しい乗り物だってことも分かった。例え美しい夕焼けに巡り会えなくても、同じような満足感を得て、1日を終えられたはずだ。

でも、2011年10月20日に小淵沢で見た夕焼けは、本当に素晴らしかったな……。

111020_171536

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ←全世界の皆さんが、メリー・クリックシマス。オレのために。

Follow 5Takahashi←メリー・ツイートシマセン。あんまり。

|

« ハーレー・FLHXSE3に乗った | トップページ | 「15の夜」について語る時がきた »

コメント

確かにでかいバイクは公道では楽しくないかもしれないですね。
今年買ったNinja1000も未だに慣らし終わってない。何でか考えてみたら、バイクに乗るぞーと気合を入れないといけないからだと思います。
他にオフ車2台持ってますが、こっちのほうがやはり面白いです。やっぱりSですかね。

投稿: valkyrie | 2011.12.24 18:34

公道ででかいバイク乗ってる時の気分は、こんな感じ。

気持ちいいっ < 罪悪感 << 怖いっ

投稿: おねp | 2011.12.25 22:51

愛車FTR君はもう冬眠です。。
結局、大型バイクは何を買うか考えてるだけで年越し!
中古しか買えない身分ですから悩みます・・・いやッ、悩むのを楽しんでます。。(笑)
免許を取ったから、一度は所有してみたい大型バイク!でも、FTRで満足しちゃってる自分もいます!!

投稿: パーフェクト・アンバランス♂ | 2011.12.27 18:43

44歳、13年ぶりのリターンライダーです。
アプリリアRS125の2007年式を買いました。
感想は一言で言うと凶暴な原付(笑)
原付の王様という印象です。
確かに、原付2種そのものなんですが。

何が楽しいって、100キロに至るまで3回も全開加速が楽しめる事です。

あと、30分も乗り回すと、体中のあちこちが痛くなって、深い満足感を得られる事も最高です。

投稿: handsome-r | 2011.12.28 14:09

>valkyrieさん
おっ、Ninja1000! いいバイクじゃないですか。以前中野真矢くんがNinja250R、オレNinja1000で一緒に走ったことがあるんですが、瞬く間に追いつかれてブッたまげたことがあります。全開にできりゃ何でも速ぇんだなと。たぶんオフ車の方が遅くて、ブインブインと全開にできるんだと思うんですよね。やっぱ全開が面白いんじゃないかなぁ……。

投稿: ごう | 2011.12.28 22:02

>おねpさん
(免許更新)
ゴールド免許講習30分<<<<<違反者講習2時間

投稿: ごう | 2011.12.28 22:06

>パーフェクト・アンバランス♂さん
満足してるなら、無理しなくてもいいような気がしつつ、憧れる気持ちも分かります。ただ、何となくですけど、大型に乗ってもFTRは手元に残しておくといいかもしれないですね。車検もないし……。

投稿: ごう | 2011.12.28 22:08

>handsome-rさん
うおおっ、いい買い物されましたね! RS125! 面白そう。やべぇ、思わずgoobikeで検索しちゃいました。結構タマ数あるんですね。やべぇ…!! って何がヤバイんだか。

いいなーいいですねーいいなー。榛名で青木宣篤アニキのRM85(モトクロッサー)ベースのモタードマシンに乗らせてもらったんですが、やっぱ2ストいいですよ! そっかー、RS125かー。いいなー。

投稿: ごう | 2011.12.28 22:14

こんにちはー。

バイクの大きさですか・・

おいらはロングツーリング&キャンプ用にZX-9R C2、サーキット&秩父用(笑)に3MA、近所のお散歩用にエイプとありますが、やっぱりサイタマ県外に出るときは大きいバイクの方が楽ですね。
楽しいかどうかは別ですが・・

今、乗ってて楽しいのはやっぱり3MAですねぇ~

昨日山伏経由で秩父まで行きましたが、道中凍結で怖かったです。
9Rだったらと思うとゾッとします。。

投稿: おっちゃん。 | 2011.12.30 10:04

>おっちゃん。さん
いいですねー、いろいろお持ちで。複数台所有できればいいですよね……。そして3MA。後方排気ですか! しかも山伏峠を通られるとは、ご近所の様子。ホーネットに乗る際は、後方から迫る後方排気TZRに留意します!

投稿: ごう | 2011.12.31 09:39

昨日、親戚のサンバーを運転した!(タコメーターが付いているタイプ)たぶんゴウさんと同じ年代の車両。
良いね、、、、アリだわww(FZ1全く関係無くてすまんw)

投稿: ジョン19 | 2012.01.02 16:10

>ジョン19さん
ね? ネタじゃなくてマジで「サンバーはイイ!」って言ってることが分かったでしょう?

投稿: ごう | 2012.01.02 22:04

サンバーの尻に、約2倍ものエンジンをブチ込んだドミンゴを運転させてもらった事があります。
感想は一言で言うと「スーパースポーツカー」でした。
頭では2倍と理解しているつもりでも、運転席は軽そのもの、溢れ出るトルクで蹴られてモリモリと速度を増すそのマッスルっぷりに驚愕した事を覚えています。
薄いトルクを回転で補う事が大好きな私も、これは有りだなと思いました。
ちなみに私の4輪はサンバーを勝手にライバル視しているミッドシップスーパーカー、バモスなんですが、145タイヤでコーナーに飛び込む高揚感は、サンバーにまさるとも劣らないと自負しております。

あと、小さなバイクの楽しさを啓蒙するため、RS125の素人インプレを名前のところにリンクさせていただきました。長々とすみません。

投稿: handsome-r | 2012.01.08 10:05

>handsome-rさん
いいなーいいなースーパースポーツカー。ドミンゴ運転してみたいです。RS125も。2ストうらやましすぎです!!

……でも、バモスかぁ……。

投稿: ごう | 2012.02.24 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/53557440

この記事へのトラックバック一覧です: FZ1 FAZER GTに乗った:

« ハーレー・FLHXSE3に乗った | トップページ | 「15の夜」について語る時がきた »