« XJ6に乗った | トップページ | 自転車への愛、バイクへの恋 »

ノッチさんサンバー絶賛(さんサン賛)

デンジャラスのノッチさんを、ついサンバーに乗せてしまったのである。

もともと我がサンバーは、並みのサンバーではなかった。

かつてノリックを荷台に乗せて(荷台だ荷台!)ツインリンクもてぎから外のコンビニまで買い出しに行ったり、同じくノリックを助手席に乗せて街の中をブイブイ走ったり、中野真矢くんに東名高速を運転してもらったり、難波恭司さんを乗せて首都高を爆走したりと、サンバー史上最強のレーシングライダー乗車経験を誇る、そんじょそこらのサンバーとは別次元のスーパーサンバーだったのだ。

(追記)バッテリーを上げて、青山周平くん、岩田裕臣兄弟らに押しがけしてもらったこともあった。

そして2月14日、ついにスーパーサンバーに芸能人を乗せる時が来た。デンジャラスのノッチさんである。言わばオバマ大統領である。さすがは大人物、「すいませんこんなクルマだか何だか分かんないような箱状の乗り物のペラッペラなベンチシートに座らせちゃってホントすいません」と全力で恐縮するオレを尻目に、ノッチさんは「ああ、かまへんよ。くつろがせてもらうわ」と、ゆったりとクッション性ゼロのベンチシートに腰かけたものである。

いや、「かまへんよ」なんてウソくさい関西弁は言わない。ノッチさんは異常なまでに腰が低く、「いえいえ、とんでもないです。憧れのサンバー様に乗らせていただけるなんて、光栄の極み。先祖代々一族郎党子孫永代にわたってこの喜びを語り継がせます、ハイ」と言ってくれるのだ。

もちろん「とんでもないです」以降はウソなのだが、「いや、最高です。サンバー。最高ですよ」と言ってもらえたのは本当である。

「マニュアルっていうのがシブいですよ。エンジンも滑らかだし、小回りも効くし、最高ですよ。うわ、両側スライドドア。便利で最高ですよ。バイクも積めるんでしょう? ホントにサンバー最高ですよ」と、何度も言ってくれたノッチさん。

「マニュアルなんですよこうやってこうやってギア変えるんです。ね? ね? エンジンよく回るでしょう? ほらほらほら小回りもバツグン! 両側スライドドアで乗り降りや荷物の出し入れも便利すぎ! バイクも積めてトランポとしても文句なし! ね? ね? ね? 最高でしょうサンバー最高すぎてヨンバーでしょう?」とまくし立てるオレに「うんうん」と同意しただけ、という話もあるが、いやいや、本当に「最高ですよ!」と何度も言ってくれたからこそ、オレも大手を振って公のブログに書いちまっているわけである。

VIP待遇として最大限にていねいな運転をしたものの、サンバーの長所であるスパルタンで野性味あふれる突き上げは隠せない。「ドーン!」という衝撃とともに、どこでもチンさむロード状態になるノッチさん。宮川大輔がいるわけでもないのに、申し訳ない……。

110214_101358

が、この笑顔はホンモノである。ギョーカイ用語的にはモノホンである。野球ファン的には野茂本である。野茂がゴリラのモノマネをしたら野茂ンホである。あの寡黙な野茂でさえ「ンホー!」と叫んでしまうほどスペシャルなサンバー。オバマ大統領公認のノッチさん公認ってことは、もはや米国合衆国大統領公認と言えよう。

乗る人、見る人すべてを魅了しまくりながら、ますます高みを極めようとするサンバー。いったいどこまで上り詰めようというのか、楽しみである。が……。しかし何が言いてぇんだこのブログは……。

110214_072555

2月14日の朝は粉雪ちらほら気温0度。そんな中、ナメた薄着でVT1300CXを運転しつつ「大丈夫ス、大丈夫ス」とやせ我慢しているのはBikeJin誌山下泰裕、オノデラ改めオノデン。山下に激似。本人。

110214_101147

ノッチさんとVT1300CX。なんつーかプロトタイプかカマキリかっつう思い切ったデザインのバイクであった。浅草界隈をウロウロしたこの時の模様は、3月1日(火)発売のBikeJin4月号で始まる新連載「ノッちい散歩」に書いてます。BikeJin4月号P56〜59を立ち読みしてね! じゃなくて買って座って読んでクリックにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへね!

サンバーの米国合衆国大統領公認を記念し、ツイッター激しく再開! 何だよと。やんねーって言っといて始めたと思ったらやめて、挙げ句にさんざんボロクソに言っておいてまた始めようってのかよ。なに心揺れ動いてんだよ乙女かよおめーはよ。そうなのよ。何かね、自分の中でいろんな折り合いがついたの。ツイッタラーの皆さんはとっくにお気付きでしょうが、表現だなんだと深刻に考えすぎずにデロッと書き飛ばし&読み飛ばしゃいいやと。なうとかwとかRTとかにいちいちカリカリクサクサしてないで、テキトーにやりゃいいんだなと。思って再開してみたものの、またいつイヤになってやめちゃうか分からないので、皆さんもテキトーな構えで。しかしツイッターの揺れ動きっぷりに対してブログの安定感と言ったらねぇな。何で続いてるんだ……?
Follow 5Takahashi

|

« XJ6に乗った | トップページ | 自転車への愛、バイクへの恋 »

コメント

ブログ素敵ングです。。
僕もバイク&ケッタ乗り(初心者レベル)です! これからもブログ楽しみにしとります♪

投稿: パーフェクト・アンバランス♂ | 2011.02.26 07:20

>パーフェクト・アンバランス♂ さん
以前「アンバランス」という誌名の2輪誌を作りたいな、と思い、企画書を書いてそれっきりだったことを思い出させてくれたハンドルネーム。「素敵ング」というなうでやんぐな言い回し。ケッタってことは東海地方の方なのかな、と想像させてくれる地方色。しかもオレと同じ初心者レベル。何から何までパーフェクト! なのに、♂……。

投稿: ごう | 2011.02.26 08:13

あまりに豪華なサンバーネタに興奮して鼻血が出ましたsweat01逆の意味での出血大サービスですよ!
大げさですが『サンバー』と『ごうさん』を知ってしまった事が人生の財産と思えるくらいです!
スゴすぎて『なんか一般人で恐縮ですcoldsweats02』って感じです。

投稿: 眉 | 2011.02.26 12:13

>眉さん
出血大サービスの逆の意味……。け、献血大サービス? ノッチさんやサンバーはともかく、オレなんか全然スゴくないのでお願いですからスゴイ人扱いはしないでください。居心地が悪くて仕方ありません。酒は飲めないけど、まあ何となく飲んだ気分になってパーッとやりましょうやパーッと。わっはっはっはっは(←酔っ払ったふり)。

投稿: ごう | 2011.02.27 21:34

やはり大げさ過ぎますよね~。慇懃無礼でした。

少しやわらかあたまにする旅に出てみまーす!

投稿: 眉 | 2011.02.27 22:52

>眉さん
慇懃無礼だなんて、そんな。お気になさらずに。しかし「慇懃」って言葉も画数多いよなぁ、と調べているうちに、「いんきんたむし」=「陰金田虫」という漢字があることを初めて知り、さらに女性も陰金田虫に罹ることがあると知るに及んで、眉さんには心より感謝しています。だって、女性だよ? 陰金って、だって、ねぇ?

投稿: ごう | 2011.02.28 14:16

サンバー最終受注は年内で打ち切りだそうです。

ミニマムなクルマ好きが多い欧州圏にサンバーの生産権利を譲渡して生き延びる手立てはないのでしょうかね。向こうの500〜600ccのディーゼルエンジンを積むのもありだと思います。
群馬県ではEVサンバーも走っていますし、パワーユニットの選択肢はいろいろあります。

日本国内に埋没したまま終焉を迎えるにはもったいない秀逸な道具ですよね。
元来スバル360はワーゲンビートルの、サンバーはワーゲンタイプⅡのミニチュアだった訳ですが、改めてVW社の先見性の高さと富士重工業の改良し続けるの根気に脱帽です。

今、自分のサンバーが絶好調なので最後モデルを買うかどうか悩みます。

投稿: かたつむり | 2011.04.16 21:34

>かたつむりさん
なんか文字化けしてますかね? しかしサンバーそうかぁ、年内で終了ですかあ。信じられない。最終モデル、2台ほしいな。1台は観賞用、1台は居住用。

かつてはWRCでタイヤ運搬用にサンバーを使ってたこともあるんですよね。海外にもサンバーってあるのかなあ。

投稿: ごう | 2011.04.16 22:08

サンバー最終受注日12月20日です。

偶然にも12月16日夜に玉突き事故に巻き込まれてしまいオカマ掘られてしまいました。きっと、サンバーの神様が「迷える子羊よ、今ならギリギリ間に合います。新車に換えなさい。」とのお告げを下さったに違いないとも思いましたし、次期サンバーがダメハツ、いやダイハツ製になるのが受け入れられなくて、悲しくてついにオーダーしてしまいました。

サンバーを製造している太田市の本工場ではBRZとFT86の生産が既に始まりました。サンバーの生産は2月に終焉を迎えます。

私のコレクション、アプリリアRS250ファイナル、空冷VWのキットカー共々大事にします。

投稿: かたつむり | 2011.12.18 07:20

>かたつむりさん
か、体は大丈夫ですか!? サンバー神のお告げなら、もっと穏便な方法のはずですが……。いずれにしてもオーダーおめでとうございます! 今さらブルーサンバーが欲しいオレですが、いやホント、最終型を数台手元に置いておきたいですよ!

投稿: ごう | 2011.12.24 14:23

私の身体は大丈夫です。

ただ、サンバーの身体はバンパーがひしゃげてエンジンが押し込まれてシャシーフレームが曲がっています。

ブルーサンバーではありませんが、ソリッドなホワイトはレーシングカーのベース車輌のようにも見えてスパルタンにも思います。

ブルーサンバーの部品でメッキのホイールナットがあるのですが、梨地の平ナットから付け替えました。小技ですが袋ナットにするだけでも質感が高く見えますよ。他にも調べてみます。

投稿: かたつむり | 2011.12.24 16:02

サンバーディアスをバイクトランポに使ってます!
ホントに小回りも効くし、トヨタも同じ系列ならダイハツの軽バン止めてでもスバルサンバーを残して欲しかったと思ってます!使い勝手最高なのに
また覗きにきますね

投稿: タディ | 2011.12.28 18:47

>かたつむりさん
お体無事で何よりでした。サンバーはかわいそうですが、身を挺して守ってくれたと……。

ホイールナット、若干興味がありつつも、一切のドレスアップを拒み、スライドドアを蹴り閉めるオレですが、アカンですかね?

投稿: ごう | 2011.12.28 21:57

>タディさん
めっ……………ちゃ同意します! ホントにサンバーを残して欲しかった。日本の良心、物流の両親。よく分かりませんが、隠れた名車であることは確かです。ぜひ現在のサンバーを使い倒してバラバラになるまでかわいがってあげてくださいね。

投稿: ごう | 2011.12.28 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/50969944

この記事へのトラックバック一覧です: ノッチさんサンバー絶賛(さんサン賛):

« XJ6に乗った | トップページ | 自転車への愛、バイクへの恋 »