« YZF-R1に乗った | トップページ | XJ6に乗った »

メガリ250Rに乗った

雪の中で。

町で。
高速道路で。
雨の中で。
霧の峠で。
晴れた空の下で。
港で。
海沿いのワインディングロードで。
暗がりで。

……雪?

普通乗らないでしょう雪の中でバイクには。

しかし丸山浩さんは、あっさり言い放った。「え? 乗らない? 珍しいね。普通乗るでしょう。ヤングマシンの仕事してると、年数回は雪にあたるんだよ。へー、珍しいな、雪だからバイクに乗らないなんて」。神経系統のどこかが完全に麻痺しているようだ……。

雑誌は発売日が決まっており、諸々の段取りっつうものがあるので、多少の悪天候程度では取材日を変更できない。すなわち「多少の悪天候」には、積もらない程度の雪は十分に含まれているわけだ。

東京・上野のヤングマシン編集部に朝5時に集合し、自走で出発。メガリなのかメジェリなのかメジェッリなのかメガッリなのか的な(メガリが正式名称とのことだが、スペルを見るとメジェッリもしくはメジェリと呼びたくなる)メガリ250RヒョースンGT250R、そしてカワサキ・ニンジャ250Rの3台を乗り比べながら、晴れ間を求めて西に進む。

雪の中を。

しつこいようだが、雪だ。「午後からは晴れる」という予報だけが、心の支柱だ。でも、楽しい。こんな中、バイクで走ってるのはオレたちだけだろう。バッカだなぁ、オレたち。へへ。バカだよ〜ん。ゲラゲラ。さみぃね。さみぃよ。さみぃっつうか痛ぇ。ははは。しょんべんしてこよ。あ、オレもオレも。チンコ縮こまってるよ。見付かるかな? がはは。みたいな底抜けの楽しさがある。

しかし雪が雨に変わった東名高速で、モトグッツィらしきバイクを1台抜き去った。バカだ……。ここにもバカがいた……。雪だっつうの。いやまぁ雨になってたけど、冬の雨は冷たいんだってば。痛ぇんだよ指先が!

沼津まで来るとだいぶ気温も上がってきた。しかし山には雲がかかっている。西伊豆・達磨山をめざしてくねくねと上る県道18号線では、バイクを積んでいると思われるハイエース&リッチな雰囲気をぷんぷん放つベンツ・ワゴンの後ろについた。霧だか雲に巻き込まれて真っ白な峠にのこのこ上がろうなんてアホは、2輪誌編集部しかあり得ない。

と思っていたら、旋回中のハイエースの横っ腹に、誌名ロゴが見えた。やはり! ライダースクラブ編集部の面々である。だるま山高原レストハウスの駐車場で声をかけると、編集部員というより旧日本兵の小川勤くんが一言目に言った。

「自走ッスか……?」

エスプレッソ・コンパナの香り漂う暖かいハイエースで、マダムの間で評判のスイーツなどいただきながら、「うふふ」「おほほ」とユーモア&ウィットに富んだコミュニケーションを楽しみ、ピカピカに光り輝きまくるバイクを積んで西伊豆までやって来た小川くん(推定)。

雪の中を東京から自走し、ズブ濡れの泥だらけになっている我々を眺める小川くんの目には、百万光年の彼方からやって来た異星人を見るような、動物園の檻の中の珍獣を眺めるような、顕微鏡ごしに奇妙なバクテリアを見つけたかのような、蔑みというか、哀れみというか、憐憫というか、冷笑というか、いずれにしても「自走ッスか(笑)」という、カッコワライが浮かんでいた。

「るせー! 行くぜオレらは行くんだぜ250でグングンと!」とライダースクラブの皆さんを置き去りし、尾根を走るワインディングでの撮影……は、濃霧のため断念し、そのまま戸田へと下った。

予報通り晴れてきた。気持ちいい。戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館の駐車場で撮影を開始──しようとしたが、自走なもんでバイクはドロッドロのカッピカピである。自走なもんで。このままじゃ撮影なんてできやしない。自走なもんで。へぇ、自 走 な も ん で。

隅々まで汚れた3台の250ccマシンをブーブー言いながら拭いていると、ライダースクラブ編集部の皆さん、颯爽と登場! ピカピカピカのバイクをぬくぬくのハイエースから下ろしてサクサクッと撮影を開始している。カメラマンは2名体制で、なんだか知らないけどたくさんのバイクとたくさんの人々がいる。なんだよなんだよ。スマートでゴージャスでカッチョいいなぁ。さすが、世田谷にある編集部は違うぜ!

眉間に厳しいシワを寄せながらレフ板を持つ旧日本兵・小川くんに話を聞くと、やはり今日しか取材のタイミングがなかったらしい。「朝、雪を見た時は、もう雑誌が出せないかと思いましたよ」。どの編集部も同じだ。

そして「でもまぁオレたちはホット&ウォーム&スイーツなハイエースですから。あ、ごうさんたちは……、自走ッスか(笑)」という小川くんの心のつぶやき。どの編集部も同じじゃないっ!

でも、ライダースクラブの心優しきカメラマン・廣瀬さんが言ってくれた。「だけどさ、途中で見かけた時、みんなすごくテンション高くて楽しそうでしたよ」。そうそう、楽しいんですよバカみたいで。「さっき、コンビニの駐車場に停まってたでしょ? ……コンビニ(笑)」。このカッコワライの意味は、すぐに明らかになる……。

110209_132813
それにしてもMegelli250RもHYOSUNG GT250Rも、Ninja250Rも、カッコいいね!

110209_132002
↑メガリよりカッコいいヤングマシン編集部の白土学くん。手に持っているコンパクト波動砲でメガリを吹っ飛ばそうと画策中。

実際のところ、丸山さん、オレ、学くんの3人は、250ccマシン3台を乗り比べながらの自走ッスか(笑)の道中を、ベラボーに楽しんでいた。雪の中でさえゲラゲラ笑っていた。

そりゃあまぁほら、リーズナブルなバイクたちですから、あーだこーだ突っ込みどころはある。でも突っ込みどころがあるってことは、スキがあるってことで、つまりそれは人間性が入り込める余地なわけで、そこがヒジョーに楽しい。バイクって乗り物は多少スキがあるぐらいでいいんじゃないのかと、バイクに乗り始めた80年代半ばの熱に浮かれた時代を思い出す。

110209_171104
↑唯二笑っていなかったのは、後ろ姿からもオーラを発するこの人、日本一の称号を持つカメラマンの真弓さんと、動画制作スタッフの田邊さん(写真右)だ。何をどう撮ったらいいのか悩み考え悶え苦しみ続ける彼らは、ゲッハゲッハと笑い転げるバイク組と別次元にいた。ありがとうございます。

そんなわけで駐車場での撮影を終了した頃、ライダースクラブの皆さんはすでにサッササッササササーッササッサーと磯のカニのように立ち去っていた。我々は、次なる走行シーンの撮影場所に向かう移動の途中で、昼飯を食うことにする。

昼食?
もちろんコンビニである。

言うまでもなくコンビニ。何はなくともコンビニ。有無を言わさずコンビニ。心の友コンビニ。存分にコンビニ。生まれてこのかたコンビニ。何でも揃うコンビニ。疑う余地なくコンビニ。まぎれもなくコンビニ。めざすは戸田港にそびえ立つ西伊豆最大規模のコンビニ(テキトー)、Yショップ戸田・山崎店である。

が、そこに向かう道中、ニンジャ250Rを走らせるオレの目は、アライRX-7 RR5のシールド越しに、見てはいけないものを見てしまった。

磯料理もしくはカニ料理または深海魚料理店と思しき、いずれにしてもコンビニではなく、ほかほかご飯とあったか味噌汁、うまい料理に心休まる畳敷きに優しい女将が熱燗で出迎えてくれる料理店の駐車場に、ライダースクラブ編集部のハイエースが停まっていたのである!!! 廣瀬カメラマンの「コンビニ(笑)」の正体は、コレだったのか!!!!!

オレはフリーランスのライターであり、ライダースクラブ編集部の仕事をさせてもらうこともある。もしこの日がライダースクラブからの業務依頼だったら、オレは雪に打たれることもなく、今頃戸田名物のタカアシガニを食っていたのか。味噌汁はあったかかろうな。刺身はうまかろうな。ご飯は炊きたてだろうな。女将の耳掃除は気持ちよかろうな……。

そんなことを思いながら、ヤングマシンの野郎ども6名は港の波止場の地べたにドッカと腰を下ろし、Yショップ戸田・山崎店で購入したサンドイッチなどをぱくつくのである。港の穏やかな波が逆光にきらめいて美しい。寄ってきた野良猫を撫でると「うにゃぁ?」と甘えてくる。空を飛び交うカモメがウンコすると空中で分解してしぶきになって地上に降り注ぐ……。

オープンエア、最高!

女将の耳掃除より、ぱっきりとした日差しとゆるやかな海風の方がオレは好きだぜ。

じゃ、すっかり皆さんの習慣になったクリックで。にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへえ? メガリ250RとヒョースンGT250Rとニンジャ250Rのインプレはどうしたんだって? いつ来るかいつ来るかと一生懸命最後まで読んだのに騙された気分だって? インプレ書くなんて一言も言ってないよー、「メガリに乗った」ってだけで。はっはっは。詳しくは2月24日頃に発売予定のヤングマシン4月号をお待ちください。だってさー、雪の中走ったんだよ? ただで読もうなんて、そんな。それにさ、まだ業務用原稿を書いてないんだもん。業務終了後の残りカスっつうか残り汁を撒き散らすのが、オレのここでのお楽しみなんだから。にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

|

« YZF-R1に乗った | トップページ | XJ6に乗った »

コメント

お疲れ様です。これ気になる一台でした!たしか125(空冷?)もあるんですよね。形は格好いいと思ってますhappy01是非、拝見させて頂きますねconfident舞台裏をイメージしながらsmile

投稿: 眉 | 2011.02.10 23:28

F800Rで積雪の中を走ったって
言ってませんでしたっけ?
だから、てっきりお好きなのかとW。
ちなみに昨日、川島町ってとこに
行ったんですけど、埼玉寒すぎ!

投稿: ユウ | 2011.02.11 11:36

>眉さん
メガリ250R、全然アリです。細かいことを気にしなきゃ、十分楽しめます。そもそもバイクって、「細かいことを気にしない楽しさ」が原点じゃねーかと思うんですけどねー。特に公道では。じゃなきゃ、転ぶわ濡れるわ寒いわ暑いわなんつーろくでもない乗り物に乗って喜ぶはずがないのではないかと。

投稿: ごう | 2011.02.12 11:24

>ユウさん
うーむそう言えばF800Rで雪中を走ったなぁ。忘れてた。あ、しかもライダースクラブを出してる木世出版社の仕事だったのにスイーツはなかったぞ。ところで川島町ってことは、荒サイから入サイにちょこっと入って白鳥を見るっつう自転車ルートだな!?

投稿: ごう | 2011.02.12 11:30

アリですか!!happy01スタイルだけで既にヤラレてますがますます気になります!3月号なんか表紙だけで購入しちゃってますからsmile映像化されれば更に嬉しいです。

投稿: 眉 | 2011.02.12 12:42

>眉さん
ヤングマシンの精鋭動画制作スタッフが、映像もバッチリと撮影してましたよ〜。若干シブ目の表情で「オレ、ホントにカメラうまくねぇなあ……」とかつぶやきながら。いつの号のDVDなのか分からないけど、動く公道メガリも見られるはずです。

投稿: ごう | 2011.02.17 07:22

なんですかメガリって!
初めて知りましたけど、これカッコイイですね。
ヤングマシン4月号かー、まだ売ってるかな。

投稿: よしちか | 2011.03.19 23:47

>よし近ラインさん
知らなかったかー!19日午後9時まで原稿作成を引っ張りつつ、今度の24日に発売されるかどうか瀬戸際にあるヤングマシン5月号にも掲載されるよ。面白いバイクだよ。

投稿: ごう | 2011.03.20 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/50832220

この記事へのトラックバック一覧です: メガリ250Rに乗った:

« YZF-R1に乗った | トップページ | XJ6に乗った »