« イメージを現実に | トップページ | 【鈴鹿4耐】中野真矢独占特別スペシャルスーパーインタビュー »

ストレッチ嫌い

ストレッチって、ホントに体にいいのだろうか?

バリッバリのゴリッゴリに体が固くて、立位体前屈で指先が接地したことがないオレ。接地どころか、はるか上空3000フィートといった有様である。

最近だと、長座体前屈とかいってヒザを伸ばして床に座り、指先を前に押し出すらしい。当然、オレの手の指は、自分の足の指を追い越すことはない。永遠のバックマーカーである。

バイクに乗っていても、体の固さが気になる時もある。ヒザを出しにくいのだ。

「ヒザを出す」と言っても、動作をしてもらえれば分かるけど、求められるのは股関節の柔軟性だ。ヒザを出す=股を開く。ところが、開かねぇんだ、オレの股は。自分の意志や理想と反して、まったく開かない。その気がないこともないのに「いやぁん」と恥じらいガッチリと股を閉じる乙女のように。

確かにオレは乙女座だ。だからか。しょうがねぇか。もしくは男の場合は、股が開かなくても生殖機能的にさほど問題ないからか。そうか。想像のつく限りのプレイを頭に思い浮かべても、男がベーンと股を開くべきシーンが思い当たらない。あ、いや、ないことはないけど、それはオレの許容範囲を逸脱している。

特殊な守備的プレイ(どんなんだよ)はさておいても、バイクに乗るなら股関節は開いた方がいい。股関節に限らず、あちこちの動きが固いから、自分でも本当にイヤになる。何にしても体の可動域は広い方がいいに決まってる。いざという時にもケガが減るとか言うじゃん?

というわけで、コンプレックスだらけのオレにとっても最大級と言っていい「体の固さ」。ストレッチっぽいことをちょっとやってみても、すぐに体が柔らかくなるわけではないから、あっという間にやる気が失せて、「いいやいいや。オレは永遠に恥じらう乙女でいいや」と諦めていた。

しかし、ここ何日か(ええ、たった何日か、ですよ)は、奇跡的にストレッチを続けているのである。柔らかくなった手応えはまるっきりないものの、確実にストレッチを続けているのだ。

きつい。
めっちゃくちゃきつい。

ストレッチ中は汗だくになり、歯を食いしばって痛みをこらえる。終わってからもあちこちがビキビキと痛い。しんどいったらありゃいない。

ホントにこれが体にいいのだろうか……? 非常に疑問である。なんか体に悪いことをしているような気がしてしょうがない。ホントに涙が出るんだぜ? やばいよ……。

しかし、投げ出したくない気持ちが、今まで以上に強い。

多くのレーシングライダーに取材させてもらって、彼らは素晴らしい才能の持ち主であるうえに、ものすごい努力を重ねていることを知っている。

オレに才能はない(ビシッ)。でも、努力ぐらいはでき……る。かなぁ。時間的に、自転車とストレッチとちょっとした筋トレぐらいしかできてないけど、頑張ってるよオレ、しばしば。そこそこ。

鈴鹿4耐参戦(予定)という目標は、ぐーたらの究極体・オレをも努力させようとしている。すげぇぜ、4耐。すげぇぜ、鈴鹿。

そして、ランキングもすげぇ力になっているのである。サマーブレイクが明けたウノ爺(すいません面識ありませんが「ウノ爺さん」って言うと爺さんみたいだから、一方的に親しみを込めて「ウノ爺」で)がブッちぎりのフル加速を見せ、はるか彼方に消えてしまった。

しかし、ウノ爺ブログは有用。オレのブログは無用なのである。それなのに、ああそれなのに、皆さんはこのボタンをクリックをしてくださり、わずか2日間とはいえバイク・モータースポーツ部門の1位になることができた。

正直、うれしい。多くの人が、オレの鈴鹿4耐参戦(予定)を支援してくださっているような気持ちに、勝手になっている。皆さんのクリックは素直に真摯に謙虚に(←オレに足りない3大要素)受け止めて、努力の源にしたいと思っています。

努力。女の又の力。股関節、女子のようにぱっくりと開きますように。

以上シモネタで本文終わり。
以下蛇足。

オレはレースが好きだ。でも、バイク雑誌の仕事をしていると、「レースネタはなぁ」「読者の反応悪ぃからなぁ」「みんなレースは自分とは関係ない世界だと思ってるんだよ」などと、敬遠されることが多い。

しかし、見てくれよウノ爺ブログの支持されっぷりを。みんなめちゃくちゃクリックしてるんだぜ? バイク総合でもブッちぎりでトップじゃねぇか。

レースネタが敬遠されてるんじゃない。「面白くないレースネタ」が敬遠されてるだけなんだよ。面白ければ、レースネタだって十分に受け入れられるんだ。誰が何周目に何秒出して何位でチェッカーを受けてランキング何位になった、みたいなつまんねぇレース記事ばっかだから、レースそのものもつまんねぇと思われてるだけじゃねぇの?

雑誌なんかどう頑張ったって速報性じゃネットに敵わないんだから、遅れて読んでも「ふへぇ! そうなんだ! おんもしれぇ!」と興味深く思えるようなネタを掘り起こしたり、作り上げたりしないとダメじゃねぇか。

ウノ爺ブログは、イタリア発の生レース情報を紹介している。著作権の観点からすると、ウノ爺ブログは引用を多用しているモロ出しスタイルで、翻訳権も含めてかなり危険な香りがする。

しかし、モロ出しだからこそ見えるものもある。ウノ爺ブログが支持されている、ということは、イタリアのメディアが生み出す情報が支持されている、ということだ。結局は、作り手のやりようなんじゃねぇかと思うんだ。

すなわち……って、やべぇ、この話はキリがないな。

とにかく、ウノ爺ブログがランキングでブッちぎれるってことは、レースもまだまだ捨てたもんじゃねぇってことだ。オレはオレのやり方しかできないけど、自分の好きなレースを、もっと多くの人に好きになってもらいたいと思う。

鈴鹿4耐参戦(予定)もその一環だけど、あくまでも(予定)。もうひと押し!にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

Follow 5Racing

|

« イメージを現実に | トップページ | 【鈴鹿4耐】中野真矢独占特別スペシャルスーパーインタビュー »

コメント

Bike乗りを封印して早、20年(爆
最近、虫が騒ぎ出し徘徊していたらめぐり合いました(笑
多岐にわたって、面白い!

さて、ストレッチ・・・
大事ですぞ!歳を重ねれば重ねるほど重要です!

で、方法ですが頑張りすぎてはいけません(笑
痛キモチイイくらいで、キープするのがコツよ
継続は力なり!必ず可動域は広がります!

4耐、頑張ってね!

投稿: 極東派遣員 | 2010.08.18 17:48

ごぶさたしてます。
ストレッチのポイントは呼吸です。
伸ばすときは息を吐きながら。
そうすると自然に体が緩んで伸びてきます。
最初は筋肉が硬いので痛みが先行しますが、少しずつ柔らかくなりますので。
ファイトー

ちなみに、自分も硬いところは未だに硬いです(苦笑)

投稿: なかねっち | 2010.08.19 12:39

最初から足をピンと伸ばして
ストレッチしたらあきません・・・

足はうんと曲げて
胸とモモをつけてストレッチ

まずはお尻の後ろの筋肉が
伸びてくるのを感じましょ


投稿: の | 2010.08.19 23:54

>極東派遣員さん
カッコいいHNですね! ストレッチ、まさに頑張りすぎてます。でも、「頑張りすぎちゃダメ」なんて言われたら、まったく頑張らなくなる自分に甘いオレなので、やっぱりそこそこ頑張ります…。

投稿: ごう | 2010.08.20 08:46

>なかねっちさん
吸おうが吐こうがガッチガチで、柔らかくなる気配もなく、気持ちが折れそうです。でも負けねぇぞ〜。はああぁぁぁぁぃててててて。

投稿: ごう | 2010.08.20 08:51

>の師
ははっ、いくらなんでもそれじゃ簡単すぎてストレッチにならねーよいぃつつつつつつ、いってぇ何だこりゃ。はい決まり。の師邸でストレッチ講座&負けるもん会合同自転車トレーニング&関越3時間耐久選手権第2戦・群馬夏の陣、開催ね!

投稿: ごう | 2010.08.20 09:12

あれ?確かモテ耐だと前屈でこれくらいとか
レギュレーションがあったような(本当)

鈴鹿は無いのかな。

投稿: えびさん | 2010.08.20 11:30

>えびさん
2008年のもて耐は、立位体前屈で掌が床に着くこと、という参戦条件がありました。もちろん参戦しませんでしたよ。……掌なんかムリムリ。指先でさえ着かないのに。鈴鹿4耐にそういうレギュレーションはありませんが、もし同じことを言われたら、背骨が折れようが骨盤が砕けようがモモ裏の筋が張り裂けようが、立位体前屈掌床着地を達成するばかりです。

投稿: ごう | 2010.08.25 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/49179987

この記事へのトラックバック一覧です: ストレッチ嫌い:

« イメージを現実に | トップページ | 【鈴鹿4耐】中野真矢独占特別スペシャルスーパーインタビュー »