« さよなら、さいとうさん | トップページ | 4耐に出たい »

鈴鹿走りたい

8耐の取材で、鈴鹿サーキットに来ている。

は、走りてぇ!

筑波もてぎSUGO岡山は走ったことがあるけど、鈴鹿は未経験だ。遠い、という物理的な問題もある。でもそれ以上に、鈴鹿には8耐や全日本ロード、それにF1といったビッグレースの取材でしか来たことがなく、だから自分が走るなんて畏れ多すぎるのだ。……いや、どのサーキットを走る時も「畏れ多いなあ」と思っているけれど、鈴鹿は別格なんだ。

にも関わらず、「鈴鹿を走りたい」という思いが、フツフツと煮えたぎってきている。

走りたいなぁ。
走りてぇよう。

何でだか分かんないけどバイクが異常にカッコよく見えている今、目の前をブンブンと走り去っていくライダー&マシンがうらやましくて仕方がない。いいなぁ。いいなぁ。

Dsc01381

タイミングを始めとして、いくつかの条件をクリアすれば、鈴鹿を走ることだってまるっきり不可能じゃない。

鈴鹿を走る……!?

うひー。どうしよう。どうしよう。

問題は、「畏れ多い」なんつって、こうしてビビッている自分の弱っちさだ。走りたいなら、ただ「走りたい」っていう自分の思いに向かって、真っ直ぐでいりゃいいじゃんか。うにゃうにゃしてんな。オレの願いは、オレにしか叶えられない。なのにオレが諦めちゃってたら、どうしようもないぜ……?

と、鈴鹿の夕焼けを眺めながら自分に言い聞かせた。

Dsc01445

夕焼けはすぐに消えてしまい、代わりに月が輝きだした。

Dsc01461

仕事は、北海道サベダーの密着取材。いろんな意味でネタの宝庫で、メモしているちっさいノートがあっという間に埋まっていく。

Dsc01431

「ライダー3人のコメントでもまとめておくか」と、ピットにあったスタッフのノートPCを借りてパチパチ打っているうちに、ちょっとしたレポートになってしまった。それぐらいネタがわんわんと唸っている。

この調子でいけば、日曜日までにブ厚い本の1冊でも書けるんじゃないの?

誰が?

オレか……。

泊まっているホテルサンルート津は、1階にローソンがあるという最強最高の立地。さっそくガリガリ君を買ってきたが、食うならシャワーを浴びてさっぱりしてからにしたい。今は忍耐のしどころだ。我慢して我慢して我慢してから我慢して食うガリガリ君。最高のうまさを発揮することだろう。懸案事項は、部屋備え付けの冷蔵庫の冷凍力が脆弱なため、そうこうしているうちにガリガリ君が溶け始め、ガリガリパワーがダウンしてしまうことだ。だったらサッサと食えという話だが、シャワー前のガリガリ君なんて絶対にあり得ない。だったらサッサとシャワーを浴びろという話だが、このホテル、2〜3階は会社が入っていて、4階がフロント、5階にも会社が入っており、6〜9階が客室というワケの分からない作りなのが気になって、シャワーなんかを浴びている場合ではないのだ。しかしそんなことを津の夜景を眺めつついくら考えても答えが出ないので、難しい話は抜きにしてひとまずクリック!にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

Follow 5Racing

|

« さよなら、さいとうさん | トップページ | 4耐に出たい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/48958401

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿走りたい:

« さよなら、さいとうさん | トップページ | 4耐に出たい »