« 本庄サーキットを走った | トップページ | レーシングライダーの肖像 中野真矢 [ 渇望 ] »

「本庄サーキットを走った」が記事になった

毎月、仕事的な関わりがある雑誌がバサバサと届く。

部屋中あっという間にバイク雑誌だらけだ。が、悪くない。雑誌は、うんこしながら読めたり、風呂で読んで落として濡らして乾かすとページが広がってすげぇボリュームになったりと、可搬性・可燃性・意外性・不可逆性・保存性・保温性と、さまざまな点でインターネットより優れていると相変わらず思う。

注文はある。「こういう構成だったらもっと面白いのに」「こういう見出しの方がいんじゃね?」「オレならこう書きたいな」「うわこのインタビュー、オレがやりたかったな」と、たいていは「オレならこーする」的な妄想だが、そう思ってしまうことも含めて、なんだかんだ言って雑誌が好きなんだろうな。

「今どき雑誌好きとか終わったこと言ってんじゃねぇよツイッターだよツイッター。ツィッターやらずにブログにしがみついて雑誌について語るとはどんだけ恐竜だよバーカ」と言われるかもしれない。が、優秀な皆さんなら、ここまで3つのテキストブロックがすべて140文字であることにお気付きだろう。

そんな雑誌なう(誤用)なオレであるが、ライディングスポーツ3月号およびライダースクラブ3月号が届いた時は、いつも以上にドキドキしながら封を開けた。「オレの仕事、果たしてホントにちゃんと載ってるのかな」と心配だったからだ。そしてどちらも載っていた。またしても、奇跡が起きてしまった。

ライディングスポーツは、ZX-6Rにレーシングカウルが装着された話。そしてライダースクラブは、前回ブログにも書いた青木宣篤ライディングレッスンの話である。本当に載っていた。驚いた。驚異的で衝撃的だった。理由は、言えない。印刷・出版・流通業界の常識を、根底から覆すことになるからだ。

というわけで、皆さんも今すぐ書店に走り、各誌のページをめくり、眺め、読み、定価を確認し、その金額に見合う内容だと思えば各誌を手に取り、レジに並んで、財布からお金を出して支払い、お釣りがあればそれを受け取り、レシートをもらってほしいものだと思う。意味のない文章は、140文字のため。

そういえばこの間サンバーで首都高5号線を走行中、高島平近辺の直線でメルセデス・ベンツEクラス(3代目)とBMW3シリーズ(最新型)に猛烈な勢いでブチ抜かれた瞬間にシフトダウン、コーナー区間で2台まとめてブチ抜き返し、それっきり抜き返されず飯田橋まで逃げ切ったぜ。最高だぜサンバー!

全ブロック140文字。でもぜってぇやらねぇツイッター。「ツイッターで世界が変わる」「ハッシュタグで議論だ」みたいな熱気がヤダ。140文字を積み重ねても世界は変わらない。せめて「誰かが作った枠組みの中で遊んでる」ぐらい冷めてればいいけど。よし、ブームが去ったらひっそり始め…ねぇぜ!にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ

|

« 本庄サーキットを走った | トップページ | レーシングライダーの肖像 中野真矢 [ 渇望 ] »

コメント

剛さん、明けまして…いやいや、もう遅すぎますよね!? いつ最新記事が書かれるかと、毎日ストーカーの様にこの場所に来ていた事は誰も知るまい!! まぁ、そんな事はどうでもいいかぁ〜。ライダースクラブ3月号P158を今見ていますよ!!…が何とスゲー!間違ってるよ〜多分、剛さんじゃなくて編集ミスか?「がはははっ、相手のミスを付き取り敢えずは突っ込む」でしたよね?まさか剛さんに教えて貰った事が、こんな所で…やった〜(^^ゞやったった〜嬉しい!!超嬉しい!! 隅から隅まで読んで見て下さいね♪さぁ〜間違えは何処でしょう? 「よし、今年は先ず一勝」とは言いませが、優越感に勝手に浸ってます。では、今年も宜しくお願い致します!!

投稿: ナイト | 2010.01.27 13:55

>ナイトさん
ご指摘ありがとうございます。誤字発見しました。元原稿をチェックし、僕が書いた時点で間違えていたことを確認しました。申し訳ありません。これは業務に関わることなので、読者諸兄ならびに関係各位に本当にお詫びするしか…。大変失礼いたしました。原稿納品後、著者校正がないままに見本誌が届くという状況ではありましたが、元原稿の段階でミスがあったということは自分の業務態度に落ち度があったことに他なりません。集中力と責任感を高め、100%をめざして尽力していきます。ご指摘いただき、本当にありがとうございました。

投稿: ごう | 2010.01.27 16:43

twitterは「不特定多数との”状況”の共有」が主目的なのでblogとは用途重ならないですよ。
ツーリング行って休憩中に
「○○峠経由できたら糞速い奴に遭遇したww」
って書き込んだら知らない人が
「逆方向から来たけど俺も見たわそいつ」
とか
「いいなぁ。大阪は雨だからどこにもイケネ」
とか返してくれてたみたいな、そういう「自分と同じ時間に他人が存在していて、でも自分と違うことしてる・考えている」のを部分共有して楽しむのに特化したツールです。

タイヤ二つでもSSとアメリカンとロードバイクとで全部楽しみのツボ違っていますし、更に全部を楽しめなければいけないわけでもな
いので、自分にあったものを使えばいいと思うですよ。
とWebの技術屋さん崩れの自分は思います。

投稿: 絶賛無職中 | 2010.01.28 01:23

どーもです(^^)
ライダースクラブ買いましたよ!
いやあ、名前載せてもらえて、嬉しいです(^^)
ありがとうございます。

まだまだ、寒い日が続きますが、頑張ってくださいね!
私は、まだ、冬眠中ですが、暖かくなる春頃に、また、本庄で、お会いしましょう!

投稿: ohzeki | 2010.01.28 01:52

え〜不正解!!です。

誤字なんかじゃありませんよ〜さすがにそこまで細かくはf(^^; 剛さん、ごめんね〜 表記?…が文章と欄外の表記がちと違うf(^^;
軽い気持ちで見つけてしまっただけなので…うーん不安になってきた。俺の間違えなのか?左ページの上の緑色の枠内、97世界GP500ccチャンピオン…

投稿: ナイト | 2010.01.28 03:55

>絶賛無職中さん
すごい絶賛だ…。おっしゃる通り、バイクならロードだろうがアメリカンだろうがオフロードだろうが何でもOKなのです。ツイッターを否定してるワケでもありません。でも、文章を扱う限り、今んとこ自分にはどうしても相容れない何かがある、ということなんです。mixiやFacebookもやってみましたが、ツイッターにはそれらとは根本的に異なる何かがあって、まぁ大げさに言えば好奇心と恐怖心のせめぎ合いって感じでしょうか。さらにやたらブームになっちゃってるし、やってる人からは「今やれすぐやれ何でやんないのバカじゃないの」とかって言われるし。天の邪鬼としては、やってみたいけど、やってみたくない、みたいな。そうやってウジウジ考えることを楽しんでるわけです。

投稿: ごう | 2010.01.28 11:09

>ohzekiさん
やー、助かっちゃいました。本当にありがとうございました! 個人的には打倒ohzekiさんが大きな目標です。いつもスムーズな速さとオトナ毛全開なスマートさに憧れています。頑張るぞー!

投稿: ごう | 2010.01.28 11:10

>ナイトさん
そう、まさにソレです。「ランキング3位」であるべきところが「チャンピオン」ですから。誤字も誤字、超〜誤字です。重ね重ね、本当にご迷惑おかけしました。

投稿: ごう | 2010.01.28 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/47389230

この記事へのトラックバック一覧です: 「本庄サーキットを走った」が記事になった:

« 本庄サーキットを走った | トップページ | レーシングライダーの肖像 中野真矢 [ 渇望 ] »