« 【速報】ロードレース復帰戦で総合優勝! | トップページ | サンバー取材される »

【詳報】ロードレース復帰戦で総合優勝!

6月2日、MotoGP10インチクラス開幕戦・群馬GPが開催された。

MotoGP10インチクラスは、前後10インチタイヤを装着するスズキDR-Z70/50で争われる世界最高峰の選手権シリーズ。今季は、群馬GP(カートランド関越)で開幕を迎えた。

群馬GPでは、午前・午後とフリー走行三昧。これがまた、マジで自由に走りまくり。さんざん走り回って疲れ切ってゲロ吐き寸前になったところで、3ヒート(1ヒート10周)のMOGIレースが開催された。

060402
↑骨折してる右足、捻挫してる左足。どっちも使うのでかなりハード。

■第1ヒート完全優勝!

FIMの規則書に則りジャンケンで決まったグリッドにマシンを並べ、いよいよレーススタート!

060406
↑日章旗を振るのは「世界のノブアツ」こと、青木宣篤その人である。ね? だから群馬GPなの!!! ノブさんの後ろにいるのはヒデヨシ。サーキットを走るのは2度目にも関わらず、青木宣篤の旗振りで模擬レースとは……。

1ヒート目、優勝候補と目されたオトナ選手(当然仮名)が痛恨のスタートミス! 小学3年生リク選手が飛び出し、高崎ホルヘ(もちろん仮名)選手、そして昨年11月に右スネ骨折を負い半年ぶりのサーキット走行……どころか、運動自体が半年ぶりの高橋剛選手(かなり本名)が続く。

相変わらずのんびりとしたスタートを切った高橋選手(39歳)だが、序盤から半年のブランクを感じさせない力走を見せる(自分で書くと恥ずかしいなコリャ……)。速いけれどミスが多い高崎ホルヘ選手(27歳・干支がオレと同じ!)の背後につけると、右コーナーでアウトにはらんだスキを見逃すはずはなかった。何しろインディアン名「高空からゾウに狙いを定める鷲の目を持つ男」なのだから。ヒナ鷲の爪より鋭く高崎ホルヘ選手をかわした高橋選手、そのまま地面をひょこひょこ歩く鷲のような勢いで小学3年生のリクに襲いかかると、血も涙も情け容赦もおとなげもなくバッサリとパス。そのままトップでチェッカーを受けた。

060403_2
↑いたいけな小学3年生・リクに襲いかかる39歳。ひどい。ひどすぎる。

■第2ヒート完全2位!

レース後、ピットに戻るとリク選手大泣き。泣きじゃくりながら、「も、もう1回お願いします」と文字通りの「泣きの1回」で、急遽開催が決まった2ヒート目(実話)。今度はオトナ選手がきっちりとスタートを決め、序盤はオトナ選手、リク選手、高橋選手、高崎ホルヘ選手の順。だったかな。よく覚えてないや。

何周目か忘れたが、オトナ選手の真後ろにつけたリク選手。最終コーナー手前でオトナ選手をかわしにかかる。2台のラインが交錯し、一瞬のスキが生じた。3番手につけていた高橋選手が、これを見逃すはずはない。何しろインディアン名「数cm先のクサヤの匂いを嗅ぎつける犬の嗅覚を持つ男」なのだから。

060401
↑「ライバルのスキはぜってぇ見逃さない!」と言っている自分がスキだらけのことがよくある。

老犬の牙のように鋭い判断を見せた39歳の高橋選手は、生まれたての子犬のように敏捷な動きを見せ、最終コーナーで実に鮮やかに、誠に鮮やかに、真に鮮やかに、信じがたいほど鮮やかに、見たこともないぐらい鮮やかに、小学3年生のリク選手をパス。オトナ選手、高橋選手、リク選手の順でレースを終えた。

■第3ヒート完全3位!

レース後、ピットに戻るとリク選手大泣き。泣きじゃくりながら、「も、もう1回お願いします」と文字通りの「泣きの1回」で、急遽開催が決まった3ヒート目(実話)。今回は青木宣篤選手が飛び入り参戦し、最後尾グリッドにDR-Z50を並べた(他のライダーは全員DR-Z70)。

レース? 言うまでもないよ。20ccの排気量差、最後尾スタートというハンディなどものともせず、青木選手が全員をブッちぎって優勝。そうでなくちゃ困るし。プロなんだし。それぐらいやってくれて当然だし。ちぇ。どうせそうだと思ったよ。でもいいんだ。ノブさんの背中をずっと見ながら走れるんだぜ? それって要はGPじゃん。いいだろー。へへ。

060407
↑青いツナギのこの人も、おとなげのなさではかなりのもの。

そしてリク選手2位、オトナ選手3位、高橋選手4位と、実力通りの順当な結果となった。高崎ホルヘ選手は、レース途中にも関わらず新ラインを模索。しかしこれが豪快にガケを駆け上るラインだったため、5位に終わった。

レース後、青木選手は'97年世界GP500ccクラスでランキング3位につけていたり、'06年鈴鹿8耐で3位に入賞していたことが発覚。「そりゃ、いくらなんでも、おとなげなさすぎだろう!」との抗議が殺到し、満場一致で賞典外となった。

これで、ヒート1で優勝、ヒート2で2位、ヒート3は繰り上げ3位となった高橋選手が、3ヒートで1位-2位-3位と3段逆スライド方式で表彰台を独占。独自のポイント集計結果により、総合優勝が確定した。

高橋剛選手談
「マジでうれしい。ホントにうれしい。半年ぶりにツナギで走ることができ………ううっ……、ご、ごめんなさい、涙が止まらなくて……。やっぱレースは勝たないとダメだ。勝つべきなんだ……。右スネには釘が入ってるから絶対転ぶわけにはいかなかったし、左足首の捻挫がひどくて走行中もかなり痛かった。でも、こんな機会を作ってくれたチームと、応援してくれた皆さん、そしてオレのために日章旗を振ってくれたノブさんに、自分の走りを捧げるつもりで死力を尽くした自分をほめてあげたい。ヒート2、3はフロントまわりのセッティングに問題があり、攻めきれなかったが、優勝に値する走りができた。自分としては全ヒート完全制覇の完全優勝だと完全確信している」

リク選手談(推定)
「実は、ヒート1は走り方にいろいろな制約がつけられていて、自分本来の走りができませんでした。ヒート2は思いっ切り行きましたが、汚いオトナの駆け引きに負けた自分の純粋さが悔しかったです。ヒート3は青木さんには敵わなかったけど、汚いオトナには勝てたので、溜飲を下げました。なんて読むんでしょうか、溜飲」

これは青木宣篤さんが主宰するライディングスクール、「TrekSportsClub 大人レッスン」でのヒトコマ。いや〜、超〜面白かった!! とりあえず今回はレースで完全優勝を果たした完全な喜びを伝えることに完全終始したが、次回は大人レッスンの魅力について完全に語ってみたい。皆さんは、きっと「おめでとう!」の気持ちを込めて、このボタンにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへをクリックしまくるだろうことを、完全予測している。

Photo by Ryotetsu Kamisato

|

« 【速報】ロードレース復帰戦で総合優勝! | トップページ | サンバー取材される »

コメント

はじめまして。
青木ノブさんのHPからやってきました。
高橋選手、超豪華な復帰戦を飾られましたね!
アットホームな雰囲気なのにノブアツさんがいらっしゃるなんて、とても羨ましいです。
僕も1度だけレースに参加したことがあります。
岡山TIサーキットのストカフェで某誌4コマ漫画家のらんかさんと同じレースに参加しました。
知らん振りしてサーキットでお会いしたらビックリしてました(笑
予選も決勝も真ん中ぐらいのリザルトでした。
バケツをひっくり返したような大雨のコンディションでしたが、それもいい思い出です。
レースは楽しいですよね!

あと、ノブアツさんにお会いしたら、GSV-Rのエンジンをもっと強化してくれるようにお願いしてください。
こないだのイタリアGPのストレートでの追い越されっぷりは切なかったです(泣

では、これで失礼します。

投稿: ますだまさたつ | 2009.06.07 14:31

復帰第一戦、ひどい。
ひどすぎる…。


大きい大人が…。


とは言え、よかったっすね。
またバイクでスポーツできて!!

自分も早くバイクでスポーツできるよう、色々と整えたいと思います。


投稿: Naoking | 2009.06.08 23:08

こんばんは 小学3年生リクです


だって マジ悔しかったんだもん(ノ_-。)

涙が 止まらなくなちゃうんだもん

みんな 笑わないで!!!


GOサン また勝負よろしくお願いします
           ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ               
次はヒート1から絶対に負けないぞ
       m9(^Д^)プギャー

投稿: 小学3年生 りく | 2009.06.13 22:17

富士山の麓のまるさんかくです。
怪我からの復帰戦でこの好成績(*^_^*)
おめでとうございます。
ベットの上でイメージトレーニングがきいたのでしょうか?しかしすごい事です。
これからもGP応援してます。

投稿: まるさんかく | 2009.06.22 00:30

>ますだまさたつさん
初めまして! ノブさん、このブログを読んでくれてるので、今頃涙で枕を濡らしてると思いますよ〜。切なく、切なく(笑)。

>Naokingさん
例え子供が相手でも、全力投球することがレーシングライダーとしての礼儀。と、レーシングライダーでもないのに言ってみるただの負けず嫌い。豪快くん!

>小学3年生 りくくん
イェ〜イ! 次もぜってぇ勝つからな〜。次「も」って言えるとこが最高だぜ! ちなみにライディングスポーツ8月号(6月24日発売)「めざせ! スターティンググリッド」も見てくれよな。勝つことの意味を思い知るぜ!

>まるさんかくさん
お久しぶりです! 病院のベッドではいつも以上に仕事をしてただけなので、今回の勝利はもう実力と言わざるを得ないのではないかと。あれぇ? GPチームからのオファーがまだ来ないのはおかしいな……。

投稿: ごう | 2009.06.24 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/45242367

この記事へのトラックバック一覧です: 【詳報】ロードレース復帰戦で総合優勝!:

« 【速報】ロードレース復帰戦で総合優勝! | トップページ | サンバー取材される »