« ZX-6Rと対面した | トップページ | マン島に行ってる的な »

テイスト・オブ・ツクバを見た

筑波味?

筑波ツーリスト・トロフィーは世界草レース選手権(MotoKP・Moto Kusa-Prix)の最高峰だが、「筑波味」テイスト・オブ・ツクバは、全日本草レース選手権(JSK・Japan Super Kusa)の最高峰である。……真剣に取り合わないように。

主に鉄フレームの古いバイク(ざっくりした説明)で競われるテイスト・オブ・ツクバは、参加台数がとても多く、バラエティに富んだマシンを楽しもうと、なんと5000人もの観客が入るのだ。

しかも出店まであった。オレなどインド人がめんどくさそうに作ったカレーを、やはりめんどくさそうに焼いたナンで食ったりした。実際は真剣なんだろうけど、釜の内側にペッタラペッタラとナン生地を貼り付けているインド人の姿は、実にめんどくさそうに見えるのはなぜだろうか。作業の単純さの割に、妙に哲学的思索的な表情をしすぎなのではないだろうか……。

筑波サーキットに行ったのは、昨年7月のレース以来10ヶ月ぶり。雨の朝、トンネルをくぐってパドックに入った時には、予想以上にたまらない思いがあった。……いい。……やっぱ筑波いい。……なんかいい。ココだなって感じ。

自分がエントリーしている時以外で、草レースに来るのは初めて。業務としては1クラスだけチェックすればいいから、あとはのんびりと他のクラスの走りを眺めていられる。

暖機場にマシンが集まり、エンジンをかけ始めた。アイドリングから少しずつ回転数を上げ、やがてぶん回す。いやー、いいね! 回せ回せ〜って感じ。MotoGPとか全日本をピットで見ることもあるが、猛々しさ剥き出しのネイキッドマシンだからか、エキゾーストノートがいっそう腹に響く。

ボボッ、ボ、ボオ。なんつって、かかるかかからないか怪しいマシンも多く、かかった時は「いいぞいいぞ回せぶん回せうひょー!」と盛り上がる。……エコだ燃費だという今の時代にあって、実に野蛮だ。だが、それがいい。

走行が始まると、さらにテンションが上がった。速! めっちゃ速! サーキット走ってる人たちって、速いね! あまりの速さにビックリしてしまいました。と、小学生化するほどその速さには驚いた。ものっすごい勢いで加速して、ものっすごい勢いで減速して、ものっすごくバイクを寝かせている。どのクラスを見ていても「すっげ! すっげ!! すっげ!!!」とかなり興奮した。

そしてタイムを見て驚いた。降ったり止んだりというあいにくのコンディションということもあるが、「こいつら人間じゃねぇ…」と思うようなライダーたちのタイムは、1分5秒ぐらいだったのだ。

1分5秒って、すんげぇ速いんだな……。去年のオレが、もし1分5秒台で走ったら、悔しくて悔しくて「もう筑波なんて走らないから!」と大泣きしただろう。自分のいる世界の意味を改めて客観的に見たような気がして、ちょっと怖くもなったけど、でも、そうだね、「早く走りたいな」と思った。

「レースだから」って言うのも大きい。スポーツ走行とは気迫が違うんだ。みんなものすごく前に進もうとしてる。つんのめって前転しそうなほどに。そういうアマチュアならではのムダに熱い前のめり感が、見ていてとても気持ちよかった。うん、これはやっぱりスポーツだ。

近々サーキットを走れたら、感動して泣きそうだな、きっと。速くても遅くてもいいや。やっぱサーキットを走るって、それ自体がすごく特別なんだ……。だから
いつまでもアマチュアなんだろうけど、いい。全然いいよ。サーキットを走ることがいつまでもオレにとって特別なことなら、その1周1周を大事にしよう。……できるといいな。

0520image457
↑取材させてもらったのは、F-ZEROクラスにエントリーした神永暁(かみなが・ぎょう)くん。優しく穏やかで背が高くてカッコよくしかも速いという、オレとはすべてにおいて正反対の好青年だ。マシンはカワサキZRX1200ダエグ。暁くんとダエグの成長の記録は、BiG MACHINE誌で連載中だ。

「オレも走る!」と鼻息フゴフゴになったものの、骨折騒ぎの間に筑波サーキットライセンスの期限が切れていた。今回のテイスト・オブ・ツクバ取材の際に更新に必要な書類をもらったんだけど、料金3万6000円ですよ!!! 普通に更新してりゃ1万8000円で済んだのに!!! 預けてある予約金が返還されたり何だりで、差額は8000円なんだけど、バカにならねぇ出費だ……。こうなると、ツインリンクもてぎのライセンスみたいにクレジットカード連動式で、退会の意志を伝えない限り未来永劫2万5000円引き落とされ続ける半強制徴収システムの方がいいような気がしないでもないような。というわけで、半強制クリックシステム!!!にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ……効力なし。

|

« ZX-6Rと対面した | トップページ | マン島に行ってる的な »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/45082251

この記事へのトラックバック一覧です: テイスト・オブ・ツクバを見た:

« ZX-6Rと対面した | トップページ | マン島に行ってる的な »