« 高橋裕紀は骨太だった | トップページ | ZX-6Rと対面した »

サーキット復活

……の予感。

マシンは、WSS(世界スーパースポーツ選手権)でJoan Lascorz選手がランキング8位(第4戦終了時)と絶賛活躍中のカワサキZX-6R(09モデル)。藤原克昭選手はちょっと苦戦してるけど、ナイスガイだからいいのいいの。

トランポはもちろん、スバルが世界に誇る最強運動性能荷物運搬戦闘車両、サンバーである。

そう、サンバーである。トランポとしての使用はかれこれ10ヶ月ほど休止しているものの、世界最強な運動性能を存分に発揮し、仕事の足として世界最強に重宝している。もうね、サンバー愛。大好き。

0509image480
↑800万円オーバーのドゥカティ・デスモセディチRRでさえ、サンバーには敬意を表して避けて通ってくれるのだ。その様を左端で笑っているのは、友人カメラマンのヒデヨシ。間もなくツインリンクもてぎのダートトラックレースで泣きを見る予定。

何しろ都内を走っていてふと気付けば自然に5速に入っている超クロスレシオ。加速しようと思えば瞬時に5→4→3→2と3つシフトダウンし、アクセル? 当然ベタ踏みである。これをスポーツと呼ばずに何と呼ぼうか。

ちなみに40〜50km/hで5速に入るサンバーであるが、そのままリミッターにブチ当たるまで回すことも可能。1つのギアで100km/h近く受け持つのだ。変速機の意味を根底から覆すワイドレンジなのである。

旋回性能は著しく高く、コーナリング中は激しい横Gにより肋骨がへし折れそうになる。F1並みの横Gと、4輪から巻き起こるスキール音に耐えながら、アクセル? 当然ベタ踏みである。まさにスポーツではないか。

0509image485
↑峠から首都高まで、コーナーと見るや「うっひょー!」と飛び込みまくった結果、バイクのタイヤと見間違えるほど丸〜いプロファイルと化したサンバーの前輪。決して自慢できるコンディションではないが、この両サイドの削れっぷり、ライダーなら誰しも憧れることであろう。

そんなわけで、バイクを積まないのをいいことにワインディングで兄貴分のレガシィをブチ抜きながら(実話)激走しまくっていたサンバーであるが、間もなく本来の姿であるトランポとして復活し、今度は水もこぼさぬジェントルカーに変身する予定である。……変身するかなあ?

いずれにしても右スネ骨内部には金属棒が入ったままなので、無理をするわけにはいかない。サーキットでは、しんみりとした走りをする予定。「おまえもともとしんみりした走りじゃねぇか」と思ったあなたはにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへをクリック。別に何とも思わなかったあなたはにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへをクリック。何か思ったあなたはにほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへをクリック。

|

« 高橋裕紀は骨太だった | トップページ | ZX-6Rと対面した »

コメント

ついにサーキット復活ですか。
僕も久しぶりにサーキット走ろうと思います。
お互い、怪我しない程度に楽しみましょう!

投稿: よしちか | 2009.05.09 02:00

おかえりなさーい。って言っていいのですかね。
仕事だか遊びだかわけわからなくなっちゃいますが、まずは楽しく走りましょう!

そそ、今年、夏の苦行wに行くことになりました。
是非遊びにきてください。
苦行は8月らしいですww

投稿: なかねっち | 2009.05.09 09:16

復活おめでとうございますヽ(´▽`)/

APであるロードレースはくるとですか?

今からかなり楽しみですぅww

投稿: mateko | 2009.05.09 11:16

色々大変でしたね。
でも、本当にバイクに乗れるくらい
になられて良かったです。
そのうちP8にも復活してください。

投稿: てっさん | 2009.05.10 00:07

待ってました~!
今回も胸を打つサンバーインプレッション!
最高です。。。

頑張れサンバー!みんなの為に!?

投稿: NanjaMonjaNinja | 2009.05.10 14:32

軽トランポは燃費命だし
意識的に高めセットがいいと思うヨ(空気圧)

投稿: かすにん@湾岸MN | 2009.05.11 22:52

ご無沙汰!!G0ちゃん!

噂を嗅ぎ付けて訪問しました。

いい感じで減っているね。サイド。

いい感じで減って来たよ。センター・・・(´;ω;`)ウウ・・・

投稿: 56GM | 2009.05.14 22:24

>よしちかさん
よしちかライン、ちかラインを教えてくださいね。

>なかねっちさん
苦行はオレの誕生日らしいっすよ(笑)。

>matekoさん
飛行機に乗る時、金属探知器に引っかかるのでAPには行けません。シーッ! 何で骨折ったかは言っちゃダメだってば!

>てっさん
実はP8の方が敷居が高いんですよね〜。確実に転ぶし。でもダートトラックもやりたい!

>NanjaMonjaNinjaさん
いやもう、サンバーはマジで最高ですよ。街で「はたらくサンバー」を見かけるたびに、リヤバンパーを確認してみてください。ほぼ100%の確率で凹んでますから。そういうシブさがいいんだなぁ…(ポワワーン)。

>かすにんさん
常にアクセルベタ踏みで、燃費はあまり気にしたことないです。それでも常に10km/L以上は走ってるんじゃないかな…。

>56GMさん
こ、これは光り輝くGMさんではないですか! センター減らしてますか!? 一緒に走りましょうね。ヒッヒッヒ。

投稿: ごう | 2009.05.15 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/44947162

この記事へのトラックバック一覧です: サーキット復活:

« 高橋裕紀は骨太だった | トップページ | ZX-6Rと対面した »