« さよなら松葉杖 | トップページ | 中野真矢、公道を走る »

ハガノリはプロだった

今季ドゥカティに移籍し、スーパーバイク世界選手権のチャンピオンに最も近いと目される日本人・芳賀紀行選手にインタビューさせてもらった。

会うのは06年イギリス・シルバーストーン以来だ。ドゥカティ・ジャパンの広報マンとともにエイ出版社にやって来た紀行は、オレの松葉杖を見て(その日はまだ片松葉だった)「やった?」と笑った。やったって言うか、うん、まぁ、やったか……。

しかし、ドカティなの? ドゥカティなの? ドカッティなの? ドゥカチーなの? ドォーカーチーなの? ズォークヮシーなの? 片仮名表記なんてどっちみち正確じゃないんだし、ブガヂーぐらいでいいんじゃね? ブバビーとか。

インタビューは、いやぁバツグンに面白かった。話を聞くだけで済むなら、本当に面白い仕事だと思う。だって、ハガノリだよ? 紀行を目の前にして、自分が聞きたいこと聞けちゃうんだぜ? 彼らトップクラスのレーシングライダーにインタビューするたびに、「悪くない仕事だよなぁ」と思う。

記事は、2月27日発売のライダースクラブ4月号と、少し先(3月24日?)に出るDUCATI MAGAZINE誌に載る予定。え? 誰が書くの? ああ、オレか。げんなり。

原稿を書くのはめんどくさい。本当にめんどくさい。オレ、話だけ聞くから、誰か代わりに原稿書いてくれないかな。

今日は、2月14日発売のBiG MACHINE誌に載る、中野真矢選手インタビュー記事を納品した。いやぁ、しんどかった。座って指先を動かしてるだけなのに、意外と疲れるんだよね。原稿書いてる時って、ものすごい勢いでチョコを食うんだ。具体的に体力を消耗してる感じがする。

そんなことはいいや。紀行ですよ。プロですよプロ。MotoGPとかSBKで戦っているような連中はみんなそう。そのプロ意識の発露の仕方が、それぞれに違うのが面白い。彼は「オレはライダーとしてやるべきことをやる。だからおまえらもやるべきことをやれ」と周囲にハッパをかけるタイプ。「それが仕事だろう?」と。

今回もそんな話を聞けたし、去年まで走らせていた4気筒のYZF-R1と、今年乗る2気筒のDUCATI 1198 F09の違いについても興味深かった。すべてを原稿に書けるわけじゃないのが残念。いつも取材メモを見ながら思うよ。「ああ、この話も皆さんの目には触れないのか〜。残念だな〜イシシ」って。

もちろん重要なエッセンスは優先順位をつけながら書き綴っていくわけだけど、どうしてもこぼれるものがある。あるいは何かを強調するために意図的にこぼすものがある。そういう本に載らないものの蓄積が、オレだけのリソースになるんだけどね……。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑ここんとこ立て続けにインタビューさせてもらった中野真矢選手(アプリリア)、芳賀紀行選手(ドゥカティ)を始め、今年のスーパーバイク世界選手権には清成龍一選手(ホンダ)、加賀山就臣選手(スズキ)、玉田誠選手(カワサキ)が参戦する。何この説明的な文章。しかしまぁ、見るしかねぇじゃん! ネットで? テレビで? 違う違う。生で。行くでしょうヨーロッパ。SBKは数えるぐらいしか行ってないけど、かなり好き。レースはサポートレースのSTK1000/600も含めて面白いし、パドックの雰囲気もイイ。みんなで行こうぜヨーロッパクリック!

|

« さよなら松葉杖 | トップページ | 中野真矢、公道を走る »

コメント

私はインタビュー苦手で文章を書くのもメンドーなので、
ごうさんの横でお話しだけ聞いていたい。
決して口は挟みませぬ。


投稿: Kaw | 2009.02.10 10:54

>Kawさん
それもいいですね! じゃあオレ、Kawさんがインタビューしてる横で、話だけ聞いていたい。オレよりよっぽどディープな話を聞いてくれそうだし。何しろチャンピオンだし。

投稿: ごう | 2009.02.11 20:38

カタールに来ています!今期は上々な滑り出しです、第2戦もこの調子で行きたいと思います、今後もサポート宜しく!レースは土曜日です!

投稿: Toshi | 2009.03.11 15:23

>Toshiさん
まだ2戦ですが、全レース表彰台ですよね! この勢いのまま、ぜひぜひぜひぜひノリちゃんにはチャンピオンを獲ってもらいたいと思います。SBKを取材しにヨーロッパに行きたいな〜!

投稿: ごう | 2009.03.16 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/43968555

この記事へのトラックバック一覧です: ハガノリはプロだった:

« さよなら松葉杖 | トップページ | 中野真矢、公道を走る »