« 日本GPに行った | トップページ | 宮崎敦は熱かった »

青木宣篤さんチに行った

青木家には、オカヤドカリがいた。

うーむ意外と楽しそうだ、オカヤドカリのいる暮らし。予想以上にガサガサと激しく動き回ってるし、その動きにも愛嬌がある。しかも、カラーリングが施された引っ越し用貝殻も売られてるんですね。いやぁ、人生知らないことばかりだ。それにしてもパンダ柄の貝殻を背負ってヨチヨチ歩くオカヤドカリ。うーん相当かわいい。

……イヤイヤ。いやいや。オカヤドカリに魅せられに行ったわけじゃなかった。日本GPでの各ライダーの走りの分析とか、そういうマジメな話を聞くのが目的だ。しかし滞在時間の大半は、オカヤドカリ談義だった気がしないでもないが。

いやしかしである。MotoGPの話がまた面白ぇの何のって。へぇ、今のMotoGPのタイヤってそんなことになってんのか! へぇ、ロッシの走りって、やっぱそういうことなんだ! へぇ! へぇ! 屁! ぷう。

と、思わず肛門が緩んで放屁してしまうほど面白い話が満載であった。これは10月24日発売のヤングマシン12月号に載る予定。ぜひ読者諸兄も豪快に放屁しながら読んでほしい。……まだ原稿書いてないけど。誰か書いてくんないかな。読む方がいいよ。ラクチンで。

さて、ひと通りの取材が終わり雑談をしている時に、「この間、NAP'S主催の走行会があって筑波サーキットに行ったんスよ。いやそれがさ、速い人もいるもんだよね」とノブさん。

「ハヤブサで走ってたんだけど、どうしても追い付けないドゥカティ乗りがいてさ〜」
「ええっ!? 青木宣篤が追い付けない!? 信じられない。ちなみにその人、何秒ぐらいで?」
「うーん、1分フラットぐらいじゃないかな」
「ぷう」
放屁ですよ。そりゃとんでもなく速いって。ハンパないすよ。

「ち、ちなみにノブさん、その時ハヤブサに履かせてたタイヤは?」
「ブリヂストンのBT-016
「で、タイムは?」
「計ってないけど、3秒台ぐらいじゃないかな」
「ぷう」
また放屁ですよ。何ですかそれは。

いやハヤブサは速いですよ。確かに。BT-016もいいタイヤですよ。確かに。でもさ、「1分3秒台ぐらいかな」って何ソレ。

ノブ氏公式WEBSITEのトップページ写真のように、ふざけてリヤをズリュズリュ滑らせてたらしいけど、それで1分3秒台。オレが3年かけ、600ccスーパースポーツマシン+プロダクションタイヤという強力パッケージの力を借りてヒーコラ言いながら出すタイムを、速いとはいえメガツアラー+いいタイヤとはいえツーリングタイヤで鼻歌交じりにテールスライドを楽しみながらアッサリですよ。

そうでなくちゃ!
最高!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑オカヤドカリ、文字だけ見ても「何だソレ」「ヤドカリだろ? ヤドカリ」「ヤドカリに何コーフンしてんの?」って感じでしょう? でもね、実際かなりエキサイティングなんだわ。しかもこう、歩く時にささやか〜な音がするんだ。クリック、クリック…って。クリック、クリック。クリック、クリック。あ、久しぶりだなこのクリック誘導パターン。どうせみんなクリックしてくんねーから、好き放題やってやっか。

|

« 日本GPに行った | トップページ | 宮崎敦は熱かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/42675755

この記事へのトラックバック一覧です: 青木宣篤さんチに行った:

« 日本GPに行った | トップページ | 宮崎敦は熱かった »