« トゥクバもOMORO!! | トップページ | g-o-t media information 0703 »

g-o-t media information 0627

FIH(Fédération Internationale de Herbe compétition・国際草レース連盟)によると、草レース世界選手権シリーズ第2戦「筑波ツーリスト・トロフィー in JULY」のエントリーリストが公表され、高橋剛選手の参戦が明らかになった(エントリーリストはこちら/筑波サーキット公式HP)。

「筑波ツーリスト・トロフィー」は、世界193ヵ国を転戦するらしいGRWC(Grass Race World Championship/草レース世界選手権シリーズ)の中でも、最も歴史と格式と品格と風格と重厚さと趣と渋みと深みとコクと酸味のあるレース。過去に多数のライダーが参戦し、かなりの好レースを展開している。(←あいまいな情報)

高橋選手が参戦するのは、筑波ツーリスト・トロフィーの自称最高峰・NMクラス。このクラスは390〜740ccまでの4サイクルエンジン搭載車で争われるもので、毎戦手に汗を握るバトルが繰り広げられている。(←ありがちな表現)

同クラス参戦は、今回で4戦目となる高橋選手(過去の戦績は下記参照)。都内有名ホテル近辺の路上で行われた参戦発表記念式典では、「日本には『4度目の正直』という諺があるそうですネィ。僕もその諺に倣い、今回は正直に戦います」と意味不明のコメントを述べた。AP痛信によると、高橋選手が満足げに手を振りながら式典会場を後にしたのは、記者団の失笑を温かい声援と勘違いしたため。

「真夏の祭典」としても知られる「in JULY」は、レーシングスーツを着た瞬間に汗だくになりモチベーションが大幅ダウンする7月5日(土)に開催される。梅雨時のため例年雨天の確率が高いが、湿気や雨をも吹き飛ばす熱いレースが展開すること間違いなし!(←うそくさいアオリ文句)

高橋選手のコメント
「過去3戦では、それぞれ課題を残した。今回は初めて暑苦しい夏のレースに参戦するので、新たなる課題を残すことだろう。気力、体力ともに今ひとつでライダーの準備は万端。あとはレースまでにマシンセッティングを仕上げることなく、必ずや言い訳のできる態勢で臨みたい」

【高橋選手・過去の筑波ツーリスト・トロフィー戦績】
■2005年10月■
マシン/ヤマハYZF-R6('03) タイヤ/ピレリ(DIABLO SUPER CORSA)
出走28台・予選10位/決勝9位(BEST 1'05.746)

■2006年3月■
マシン/ヤマハYZF-R6('03) タイヤ/ピレリ(DIABLO SUPER CORSA)
出走28台・予選6位/決勝5位(BEST 1'04.947)

■2006年9月■
マシン/カワサキZX-6R('05) タイヤ/ミシュラン(POWER RACE)
出走39台・予選8位/決勝10位(BEST 1'04.008)

■2008年3月■
マシン/カワサキZX-6R('07) タイヤ/ミシュラン(POWER RACE)
出走21台・予選7位/決勝6位(BEST 1'05.068)

【論評・今回のレースの展望】
参戦のたびに徐々に、少〜しずつ、わずかに、ちょびっとだけ、タイムアップを果たしてきた高橋選手。「この調子でいけば、10戦もすりゃあ夢の1分切りも可能じゃねぇの」と期待していたのは彼自身だけだった。しかし前戦では初のタイムダウン。やはり1分4秒台に大きな壁を感じているようだ。ZX-6R('07)はサスペンション、エンジンともにセッティングが煮詰まっていなかったが、6月20日の練習走行では、同車での自己ベスト1分4秒4をマーク。筑波TT・NMクラス卒業タイムである1分3秒台まで残すところ0.4秒となったが、当の高橋選手は「やべ、中古タイヤでこのタイムか。レースで言い訳できなくなってきたじゃん。どうしてくれんだよ」と、あくまでも言い訳を最優先としている模様だ。なお、チームは「3位以内の表彰台獲得および1分4秒切り」を目標として掲げているが、世界最大規模のブックメーカーとして知られるイギリスのラドブロークスは、2つの目標が同時に叶うオッズを3億倍としている。

【高橋選手・今後のプログラム(希望的予定)】
7月2日 筑波・スポーツ走行(予約済み)
7月4日 筑波・特別スポーツ走行
7月5日 レース

【ご参考・広報写真】
080627
↑2008年3月のレースの模様。4台により繰り広げられた壮絶苛烈劇的な死闘を制し、6位表彰台をもぎ取った。このバトルは「筑波桜の乱れ舞い」と命名され、すでにモータースポーツ殿堂入りしている、との噂。
※より大きなサイズの写真もご用意しております。お気軽にこちらまでお問い合わせください。

【応援ツアーのお知らせ】
GRWC(Grass Race World Championship/草レース世界選手権シリーズ)で、最も歴史と格式と品格と風格と重厚さと趣と渋みと深みとコクと酸味のあるレースとして知られる筑波ツーリスト・トロフィー。その最高峰と自称されるNMクラスに参戦する高橋選手を応援に行こう! 応援ツアーGTCT(Go Takahashi Cheering Tour)の概要は以下の通り。

GTCT 2008夏 開催概要
■参加資格:草レースを楽しみたい方で、明るく楽しく愉快に笑えてOMOROならどなたでも
■費用:草レース精神に則り、自己負担
■移動:草レース精神に則り、自己責任
■集合:草レース精神に則り、自己決定
■食事:草レース精神に則り、自己判断
■レースタイムスケジュール:7月5日(土)
 公式車検 8:30〜8:40
 公式予選 9:35〜9:50
 公式決勝 13:00〜13:20(12周)
 公式解散 各自気ままに
■特典:
(1)草レース最高峰ならではのほのぼのした緊張感を身近に楽しめます!
0806271

(2)未経験者大歓迎! 誰でもすぐに覚えられる簡単な作業です。
0806272

(3)ライダーを直に叱咤・罵倒・批判・誹謗・中傷し、チーム監督気分を味わおう!
0806273

(4)充実の福利厚生! 出走直前までバカ騒ぎが可能!
0806274

(5)充実の福利厚生! レース終了直後にバカ騒ぎが可能!
0806275

(6)抽選で数名にパドックパス贈呈の可能性がわずかにアリ!
 ※パスを希望される方はこちらまでメールでお問い合わせください。
 ※まず間違いなくご希望には添えませんので、予めご了承ください。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑この順位通りの結果を出してやろうじゃねぇか!

|

« トゥクバもOMORO!! | トップページ | g-o-t media information 0703 »

コメント

あはは文の最初の部分僕のブログを書くときにパクっていいですかw
FHIが笑えました。

ワークス体制のteamライディングスポーツの高橋選手に負けないように僕も頑張ろうっと♪

投稿: ジョン19 | 2008.06.27 14:20

>ジョン19さん
FIHだからね(笑)。パクりは存分にどうぞ。…っていうかもうすぐレースだよどうすんのどうすんの!!??

投稿: ごう | 2008.07.03 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/41661984

この記事へのトラックバック一覧です: g-o-t media information 0627:

« トゥクバもOMORO!! | トップページ | g-o-t media information 0703 »