« Road to 筑波TT その3 | トップページ | 書きまくりの日々 »

Road to 筑波TT その4

4年に1度しか訪れない貴重な2月29日に、筑波サーキットに行った。

4本ブッ続けの走行券を買うと、受付のお姉さんに訝しがられる。「……1人で走るんですかぁ?」「他の人に譲渡する場合は、必ず届け出てくださいね」……。1人で走るよ。譲渡しないよ。いいじゃん別に4本ブッ通しで走ったって。2時間のテストだと思えば長くはないし。ちぇ。と思いながら、A1、B1、A2、B2とスポーツ走行枠の走行券を買いあさる。

ちなみに1〜2月は平日1枠2000円冬季割引キャンペーンなので、総額8000円。ガソリン代と合わせて1万円ちょっと。移動のための交通費+ガソリン代を加算すると1万5000円ぐらいかな。ETCの割引がありがたい。

今回は総監督ケンケンと、チーフエンジニア・ヒデヨシが来てくれた。ただの練習走行だっつうのに、本当にありがたいことだ。こうして手伝いに来てくれる人がいると、「うーむ頑張らないと」とモチベーションも上がる。さすがに少しはいいとこ見せないと来てもらった甲斐がねぇじゃん。と思うわけです。

ピットはジョンさんと一緒。走行ではあまり絡まなかったが、走行終了のチェッカーを受けてからピットインするまで後ろにつくことができた。腰回りが非常にセクシーであった。隣のピットは、近藤湧也くん。彼は初代チームノリックジュニアのライダーで、現在は松戸直樹くんのチームに所属しオレと同じZX-6Rを走らせているが、軽く2秒台。ボロ負け。筑波ツーリスト・トロフィーに向け、ルシさん、勝村さん、コウたんさんも練習に来ていて、歓談を楽しんだ。

080301
↑神の馬術師にタイヤウォーマーを貸していただいた。が、ヘルメットを脱ぐ間もなく走りっぱなしだったので、結局朝イチしか使えなかったのが残念。

つうことで、Fスプリングをレートアップして臨んだ2時間。やはりレートを上げたことで印象がだいぶ違う。姿勢が変化し、最初は違和感がある。最初の7周でベストは1分9秒0。タイム的にはアレだが、感触は非常にイイ。大ざっぱな方向性としては合ってるってことだろう。

と、前向きにとらえ、小刻みにピットインし、ヒデヨシと相談しながらセッティングを進めていく。うーむ全然よくなったじゃないの! ブレーキングから倒し込みに至るまで、気持ちの余裕が前回比258%(当社調べ)である。立ち上がりのラインもずいぶんコンパクトにまとまるようになってきた。

正直、ライダーつまりオレの慣れの部分もあるので、タイムが正確な評価かどうかは疑問だが、セットアップを進めるにつれて、A1…1分7秒5、B1…1分6秒0、A2…1分5秒5と、タイムも上がってくる。最後のB2は、「まぁこの辺じゃないの?」というセットにして、通しで18周走った。

途中で、邪悪なお兄さん・CBR1000RR乗りのルシさんにブチ抜かれたのをきっかけに、ちょっとアタックしてみてベストは1分5秒1。タイヤが若干怪しい雰囲気だったので無理できなかったが、それでも前回より1秒タイムアップしている。セッティングすげぇ。「もうちょっとイケそう」という安心感が増しただけなのに。

筑波サーキットの自己ベストタイムは、ZX-6R(05)で出した1分4秒008。今のマシン・ZX-6R(07)に変わってからはなかなか馴染まず、4秒台なんてはるか彼方だと思っていたけど、ようやく見えてきた。レース前の練習走行は、3月5日にもう1回。まだセッティングが煮詰め切れていないので……つうか、永遠に煮詰まることはないんだろうけど……、もう少しやってみたいことがある。

筑波ツーリスト・トロフィー
参戦の歩み Vol.2 〜ぎりぎり4秒台〜

2006.3.11 NMクラス 使用マシン YZF-R6(2003)
出走28台 予選6位(1'06.089) 決勝5位(13'14.321/BEST 1'04.947)

直前になってECUとFサスのスプリング、そしてマフラーを変え、別モノのようなマシンで臨んだレース。完全に準備不足で、終始探りながらの走行となってしまった。それでも、それまでの自己ベストは1分5秒7だったのが、レースでコンマ7秒短縮して初の4秒台に突入したのだから、レースすげぇ。(詳細はこちらをご覧下さい)

08021321
↑うまくクリアラップが取れず、攻め切れなかった予選。ピットに戻り、1'06.089というタイムを知って愕然とする。練習走行よりタイムが出せないとはどういうことだ! それでも全体的にペースが遅めで、予選6番手。2列目グリッドだ。

08021322
↑寝不足で目が赤く、寒くて鼻が赤い……。

08021323
↑仲間たちはいつものノリで、緊張感ゼロ。これがありがたいんだ。おかげさまで平常心でスタートに臨めた。

08021324
↑決勝は、スタート直後の1コーナーで1台パスし、上位に転倒があって一時は4位に。しかし1台に抜かれて結局は5位でチェッカー。体力的には前回ほど疲れなかった。別にトレーニングしたわけでもないし、慣れなのかな。

08021325
↑この時のレースは6位までが仮表彰、5位までが本表彰の対象に。カツカツ入賞。お姉さんとウヒョーな記念撮影をしたり、賞品をもらったりした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑今さらだけど、ソフトバンクモバイルの携帯に電話した時の「プププッ、プププッ、プププッ」って、ウザくないスか? TVCFでの上戸彩ちゃんの「ぷぷぷっ」はすげーかわいかったのに、実際の「プププッ、プププッ」はせわしなくて嫌い。というオレはソフトバンクユーザー。

|

« Road to 筑波TT その3 | トップページ | 書きまくりの日々 »

コメント

なつかしいなぁ。そのとき俺が6位でしたよ。

第2戦はエントリーするのでガチンコしましょう!

投稿: しの(黄六2号) | 2008.03.01 21:32

 アリャ…。。
実はA1,2にいました。。

 慣らしのはずだったんですが、キャブSETが合わなくてchick2本とも5周くらいで退散でしたが。。

投稿: Qちゃん | 2008.03.01 22:54

後ろに?セクシー?全然記憶にないのですが^^;
結局調子が出ないままTTになりそうです。

7月の大会までにピークにもっていきますわ~

投稿: ジョン19 | 2008.03.02 15:30

ロン毛がイヤラシイgawk

投稿: 打後孔子 | 2008.03.03 00:44

>しの(黄六2号)さん
もちろん覚えてますよ〜。表彰台で少し言葉をかわしたような気もします。この時は表彰台6人のうち5人がブリヂストンの帽子をかぶってて、オレだけピレリで無帽だったんだよな〜。

>Qちゃんさん
そうだったんですか〜。探してみればよかった。コース上では見かけてたんですよね、調子悪そうなTZR(笑)。でも分かんなかった。早くセット決まるといいですね!

>ジョン19さん
最後のB2で、チェッカー受けてからピットまでずーっと真後ろにいたんですよ。オシリがキュートで、思わず突っ込みそうになっちゃいました。あいや、突っ込むって、オカマ掘るってことね。あいや、追突って意味ね。

>打後孔子さん
レース前はいつも髪を切るヒマがなくて、ボサボサなんですよね。……つか無理に書かなくていいから(笑)。

投稿: ごう | 2008.03.03 07:24

準備がどんどん進んでいますね。

今年初レースでどこまでいけるのでしょう。
いいなあ、レース。


今年こそはといいつつ、全くいけてませんが・・。


5日は僕も筑波に行きます。

ただ、タイヤが間に合わないので後輩の走りを写真撮るのと
NEWマシンの整備(笑)。

見かけたら声かけますよ。。

投稿: r1plus | 2008.03.03 14:45

>r1plusさん
おっ、5日来るんですね! オレはB2、B3、B4と3本走って自己破産する予定です。写真撮ってもらおうっと。

投稿: ごう | 2008.03.03 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/40320950

この記事へのトラックバック一覧です: Road to 筑波TT その4:

« Road to 筑波TT その3 | トップページ | 書きまくりの日々 »