« 筑波TT、2度目の表彰台 | トップページ | 楽しい草レース その1 »

郡上八幡で心霊写真を撮った

18〜20日は、取材で愛知、静岡、岐阜といった辺りをウロウロした。

08032101
↑19日は岐阜・郡上八幡あたりをロケハン。途中、JR東海・高山本線の下油井駅に立ち寄った。無人駅だが、駅舎はJAが事業所として使っているらしい。列車は1時間半〜2時間に1本ほど。少な。

今回の取材はビッグマシン誌の連載「今日もバイクで」。ライダー難波恭司さん、カメラマンヒデヨシ、GPSサカイ氏、そしてライターのオレと気心知れまくりの布陣。無人駅というシチュエーションに、当然全員で「ウェンナナイ♪」とスタンド・バイ・ミーをハモる。

08032102
↑巨岩を支える難波さん。野郎4人のロケは何かと歯止めが効かない。移動の車内は鼻歌で大合唱。

08032103
↑岐阜県下呂の岩屋ダム。さあっと音を立てて風が渡ると、湖面に道ができる。個人的には「湖=13日の金曜日」。ジェイソンが飛び出てくるような気がしてならない。

08032104
↑ホントにジェイソンが出てきたらすげー怖いので、足早にダムを立ち去り、美山鍾乳洞を探検する。

08032105
↑「雪渓の大瀑布」の前で。……どこら辺が大瀑布……? などと言ってはいけない。美山鍾乳洞は「仙人の乳房」とか「愛のトンネル」とか「愛憎の谷」とかセクシャル方面を刺激するネーミングが多いのだ。毎回騙されることが分かっているのに、つい「なになになになに今度は乳房?」などと期待しつつウヒウヒと先に進んでしまう自分が情けない。

08032106
↑雄々しくそそり立つ鍾乳石。逞しい姿だが、1cm伸びるのに150年もかかるらしい。そそり立ち速度なら断然オレの勝ち。

08032107
↑裂け目めがけて激しく屹立する鍾乳石。男マインドをくすぐる光景である。とまぁ、野郎軍団でこのような不埒なことばかり申し上げていたら……。

08032108
↑ギョハアアアアァァァッ! 心霊写真である。右上のモヤモヤ、これ明らかに何か写っちゃってるでしょう。顔? 犬? 何? 分かんないけど、撮った直後に「ん?」と気付き、レンズを確認したが曇りや水滴は一切付いていなかった。個人的には、困り顔のアンパンマンではないかと思っているのだが。

08032109
↑目的の心霊写真撮影にも成功したし(それが目的だったか?)、雨に濡れながら郡上八幡城へ。1559年に遠藤盛数さんというエネルギッシュなアイデアマン、ちょっとお茶目でおっちょこちょいな42歳(←勝手なプロファイリング)が砦を築いたのが発端だとか。

08032110
↑天守閣をめざしギシギシと階段を上る。カメラマンのヒデヨシにカメラを向けると、「ハァイ♪」といった雰囲気で、たいていこのようなポーズをとる。プロっていったい……。

08032111
↑天守閣から、天下獲ったぞ的に勇壮な気分に浸りつつ、雨に煙る郡上八幡を臨む。……ん? なんか右隅に違和感があるな。

08032112
↑ん〜? なんだありゃ? ズームイン!

08032113
↑ギャアアアァァッ! 景観ブチ壊しまくりの三葉虫もしくはヒザラガイ状建造物だ! 郡上市総合スポーツセンターだってさ。HPによると、「市民同士の交流はもちろん、異なる文化圏の人々と触れ合い、常に新しい風を育む場」らしい。つまりイスラム原理主義勢力・タリバンとも触れ合うそうなので、じゃあまあいっか。……しかし「新しい風を育む」って、抽象的すぎじゃね?

08032114
↑三葉虫のことは忘れて、別の角度から再び郡上八幡の町並みを眺めてみっか。……ん? また違和感があるぞ?

08032115
↑キタか?

08032116
↑……やっぱし。

08032117
↑ジェイソンの湖、セクシーな鍾乳洞、脱力の郡上八幡城にすっかり疲れ果て、19日の晩は名鉄小牧ホテルに宿泊。せっかくツインのシングルユースだっつうのに、突発的業務に追われて寝るヒマなし! ノートPCを持ち歩くのも考えものだ。

08032118
↑仕事しているうちに20日の朝を迎え、出発時間が迫る。荷物の整理もできやしない。スーツケースにババババッと洋服を突っ込む。異常にキッチリしたスーツケースを笑われることが多いオレにも、こういう時はある。

08032119
↑20日、ロケ本番を迎えて再び郡上八幡へ。あちこちから水のせせらぎが聞こえてくる町だ。

08032120
↑水の視線から見たオカン3人組。

08032121
↑昼飯は飛騨牛。コンロにかけられていたのだが、瞬く間に吹きこぼれて肉が固くなっちまった。大ショック。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑郡上八幡は日本三大盆踊りのひとつ、「郡上おどり」で知られているらしい。……知ってる? オレは知らなかった。つか「日本三大盆踊り」の存在自体知らなかったよ。ちなみに郡上おどりは7月中旬から9月上旬にかけて延べ32夜、踊りまくるんだって。……すげーヒマ。そんなにヒマならクリックしてくれたらいいよ。クリックなんて、コンマ2秒ぐらいだし。

|

« 筑波TT、2度目の表彰台 | トップページ | 楽しい草レース その1 »

コメント

ども、某企業のうな丼好きなwebmasterっす。
元岐阜県民なんで、思わず呼んでしまいましたがな。
因みに郡上おどりは正確には『郡上をどり』となるようです。「真鍋かをり」みたいなモンですな、何が?
小職も、学生時代の夏休みに友人と行ったことあります、踊ったことあります。ホントにエンドレスで踊ってました。

投稿: webmaster | 2008.03.22 18:17

>webmasterさん
ををっ、郡上「をどり」でしたか! もうめんどくさいから、「お」は全部「を」にすりゃいいって話じゃないですかね。ヤッターマンのドクロベーは「ほーら、をしをきだべ〜」とか。吉田川には飛び込みましたか?

投稿: ごう | 2008.03.23 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/40589270

この記事へのトラックバック一覧です: 郡上八幡で心霊写真を撮った:

« 筑波TT、2度目の表彰台 | トップページ | 楽しい草レース その1 »