« 絆 | トップページ | 宮崎に行った »

Road to 筑波TT その2

2月20日(水)、筑波サーキットで練習走行した。

ZX-6Rで筑波サーキットを走るのは、昨年11月30日のライディングスポーツ走行会以来。純粋なスポーツ走行は10月12日が最後だから、げげ、4ヶ月ぶりになる。ハンコ忘れないようにしなきゃ受付のお姉さんに怒られる〜。

前夜から筑波入りしていたあずMAXが、ピットを取ってくれた。爽やかな朝日を浴びながら、あずMAXの車内で暖を取りつつエロトーク炸裂。「やっぱりサーキットの朝はシモネタに限るな」と2人で強く確認し合った。

予約は4本で、合計2時間。まとめて走って少しでも体と目を慣らしておきたい。何しろ去年、ZX-6Rでは数えるぐらいしか走っていない。筑波はナラシを含めて3回だけだ。マシンがどうしても体に馴染まず、この先があるとも思えないような状況だった。

今回の走行目的は「リセット」。2日前の忌まわしき出来事もあったし、それでなくても転びグセがついていたので、ゼロからやり直すつもりでタイムを気にせず、落ち着いて走るつもりだった。とは言っても6秒台ぐらいには入れておきたいな。

で、細かいことはいいからタイムが知りたいわけでしょう?(笑)。今回のベストは1分6秒1。このマシンでの自己ベストタイムで(つうか計測2回目だけど)、体慣らしとしては上出来だ。今回は前後サスともに減衰ヌキヌキのブワブワ仕様で走行したので、進入ではまったくマシンが落ち着かない。それでも旋回から立ち上がりにかけては安心感があって、ようやく「コイツとうまくやって行けそうだ」という手応えが得られた。

もうちょっとセッティングを煮詰めていけば(←全面的たられば)、まだまだ伸びしろはありそうだ。って当たり前か。速い人ならもっと全然速いタイムでラクショーで回れるパッケージだもんなー。ライダーがどんだけ邪魔してんだと。

いや〜、でもホントよかった! 今までどうしてもマシンが馴染まず、「???」と首を傾げながら走らせていたのだが、今回は「!!!」だった。サスセッティングのアドバイスをくれた中川さん始め、手伝いに来てくれたケンケン、ヒデヨシ、その他生きとし生けるすべての皆々様、ありがとうございました! レースに向けて不安ばっかりだったけど、ようやく気持ちが前向きになってきた。

0802211
↑朝イチのピット。エロトークを満喫した後の、とても清々しい光景。

0802212
↑隣のピットは宇井陽一選手。何度か抜かれた。その走りはめちゃくちゃ美しくて、見惚れてしまった。

0802213
↑せっかくなので宇井さんに真ん中に入ってもらって記念撮影。ありがとうございました!

0802214
↑チーフエンジニアのヒデヨシと。カメラマンの本分を忘れてオレの走りを厳しく分析し、相変わらずの情け容赦ないコメントでオレを奮い立たせてくれた。

0802215
↑走行後、ピットに松戸直樹選手が来てくれた。1コーナーで走りを見ていたらしい。うひー、はずかしい〜。でも、走りとサスセッティングに関して的確なアドバイスをもらえた。めっちゃありがたひ!

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑レースまでの間は、クリック強化期間とさせていただきます。迷わずすかさず、確実な一押しを。あ、でも「おめレースではブログランキング通りの順位を取れよ」ってのはナシの方向で。

|

« 絆 | トップページ | 宮崎に行った »

コメント

松戸さん快復オメ!!

投稿: かすにん | 2008.02.21 09:43

ビバ下ネタ!!!!

3月のTTは3秒台が無理でも最低表彰台ですよね!!!
登壇出来ない場合はそのまま人間まで帰ってください(^ε^)

あっ!やべっ
「入間」と「人間」間違えちった(゜Д゜;)!

投稿: あずMAX | 2008.02.21 12:32

>かすにんさん
初めまして。松戸選手、まだ少し大変そうでしたが、元気でしたよ。若手の育成にも積極的に取り組んでいるみたいです。

>あずMAAAAAAXさん
正しい読み方としては「あずメァックス」ね。しかしあずMAXは小6から、オレは中1からおっ始めてたとはね。お互いキャリアだけは長いよね。

投稿: ごう | 2008.02.24 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/40202986

この記事へのトラックバック一覧です: Road to 筑波TT その2:

« 絆 | トップページ | 宮崎に行った »