« The Longest Day | トップページ | PRO SHOP SHIMIZUに行った »

CB400SFとGSR400に乗った

ヨンヒャク面白ぇじゃねぇか!

というのが、率直な感想である。面白ぇし、十分だ。考えてみればバイクに乗り始めた高校生の頃、ヨンヒャクは一目置くべき存在だったのだ。CBR400FとかFZR400とか、とにかく400っつう数字が付けば、イコール凄まじいバイクであった。

59psもあんのか。ヤバ。ヤバイヤバイ。ヤバイでしょう。みたいな感じね。何がヤバイのかまったく分かんないけど。リヤタイヤ、110だってよ! 太! みたいなね。可変バルブだってよ!! 何だそりゃよく分かんないけどスゲー!! デデ、デルタボックス!? 高・剛・性〜ッ!!!! みたいなさ。とにかくバイク雑誌を見ては耳から鼻血を噴き出し、友達がヨンヒャク買ったりした日にゃあ、もうヒロインですよヒロイン。いや男だったからヒーローですよヒーロー。

ついでに言えば、その当時、ビッグバイクなんて言ったら…! もうスゴすぎて想像を絶していた。そうだな、「1兆万円」(そんな単位ねぇから)とか、「10000兆光年」(あんの?)みたいに、あまりのスゴさにリアリティがなくて、何が何だかもうよく分かんない世界だったのだ。

それがどうだ。みんなぜいたくになっちゃってさ。FZ1の国内仕様のスペックを見て「94psしかねぇ」「物足りねぇ」なんて言ってる人、あなたキュキュキュ94馬力ですよ! どんだけスゲェんだっつう話ですよ。オレのトランポ、サンバーは48psですよ。FZ1国内仕様の半分ですよ。オレの蒼き稲妻、インプレッサは250psですよ。勝ち〜。

今はシャシーやタイヤがちゃんとしてるから94馬力なんてたいしたことない扱いだけど、59psのバイクで鼻血ブーだったオレとしては、FZ1国内仕様でさえ、もう破格のモンスターバイクと言ってもいい。CBR1000RRとかYZF-R1とかGSX-R1000とかZX-10Rとかは、もう異常。難波恭司さんが「昔のGP500マシンとほとんど同等か、それ以上のパフォーマンスなんだよ」とよく言う。YZR500に乗って、98年日本GPでセカンドポールを獲得した男の言葉は軽い。違った。重い。

何の話だっけ?

ヨンヒャクか。ホンダCB400SFと、スズキGSR400の各08モデルに乗ったという話であった。

エンジンはGSRの方が猛々しくて、乗り比べると一瞬「こっちの方が速ぇんじゃねぇの?」と思わされる。回転上昇のフィーリングもスズキらしくドンガラドッピンシャンと荒っぽいので、迫力はある。なかなかの情熱派だが、高回転域では思ったよりも早く苦しみ始める。

一方のCBは超滑らかで、高回転域もストレスがない。完璧に制御されている電気製品みたい。そうだな、電車に乗ってるような感じ。味わいもクソもミソもない。いやミソぐらいはあるかもしれない。個人的にはCBのエンジンのクールな緻密さが好き。冷ややか萌え。

ちなみにCBは従来型とも乗り比べたが、最新モデルよりは少し荒っぽく、中間域では最新モデルよりも速かった。回していけば最新モデルの方が速い。いずれにしても差は微妙で、最新モデルが各種規制にキッチリ対応していることを考えれば、事実上すげー進化しているってことだろう。

CBのシャシーはふにゃふにゃ。ハンドリング自体はとても素直なので、峠でも思わずペースを上げたくなる。しかし調子に乗っているとアンジュレーションですっ飛ぶ。いや、すっ飛ぶは大げさでしたすいませんでした。振られて怖いのは確かなので、ソコソコで「や〜めた」という気分だ。ただ、ペースを抑えてタラタラ走っていても、思い通りになる精密なハンドリングは気持ちいい。スピードさえ求めなければ全然アリだ。

0802112

一方のGSRは、まず倒れ込み方に違和感を覚える。フロントがパタンと寝ようとしているのに、リヤがついてこないというチグハグさが気持ち悪い。この「フロントが寝たがるのにリヤが寝たがらない」という印象は、悪王B-KINGとまったく同じだ。要するにリヤタイヤが太すぎる。

シャシーはガッツリしていて好印象。ペースを上げれば上げるほどしっくりくる高剛性フレームがイイ。速度域が上がると、前後タイヤのバランスも意外と整ってくる。ドンガラズンガラと一生懸命回ろうとする「トルク押し出しタイプ」のエンジンと相まって、乗り手としても一生懸命走ってみっかという気になる。簡単に言えばスポーティだ。

本当に自分が乗りたいバイクに乗ればいい

0802111

そんなところかな(←書くのをめんどくさがっている。丸山浩さんによる詳細なインプレッションはヤングマシン3月号をお読みください)。冒頭に書いたように、ヨンヒャクは非常にいい。小雪舞い散る中、都内から西伊豆まで行ったが、ネイキッドにも関わらず特にストレスはなかった。高速道路も十分に速い。

何よりも、手の内にある感じがいい。ちょっとした押し引きもラクラク。おかしいな。高校生の時はあんなにビビッてたのに。パワーアップしてんのかなオレは、と妄想できる。

特にワインディングはすっげぇ楽しかった。言ってることが矛盾するけど、実はカッチリして飛ばしたくなるGSRよりも、フニャラカしたCBの方がワインディング速度域としてはシックリくる。つまり、危険な速度域まで飛ばす気にならない、という意味で。

飛ばすなら、ミスすることが前提に作られているクローズドコースの方がいい。ワインディングも、もちろんそれなりに楽しみはするけど、1000や600のスーパースポーツで目玉を四角にしていたら違った三角にしていたら、命がいくつあっても足りない。公道はワンミスが命取りだ。

だったら、400ccぐらいのアンダーパワー(それでも十分だって!)のマシンでいいと思う。前にニーゴーに乗った時はさすがにちょっと物足りなかったけど、ヨンヒャクぐらいがホントにちょうどいいね。車検がもっと安くなりゃいいのにな。

ヨンヒャクに唯一弱点があるとしたら、仲間と出かけた時にデッカイのに乗ってるヤツがいると、そいつに着いていけないことである。今どきマスツーリングなんかした日には集まるのはほとんどがビッグバイクで、ヨンヒャクが貧弱な坊やに見え、実際、アクセルのひとひねりで置き去りになる憂き目に遭うのである。これが悔しい。情けない。もう人生全否定状態で、帰宅したら夕暮れ迫る部屋の片隅での体育座りは必至である。

これ、バイクに乗ってる人なら「うんうんうん」とうなづいてくれると思う。バイク選びをする時に「周りの仲間が何に乗っているか」「それに対してワダスが買おうどスているバイクはどげんポズソンか」は、急速に方便化してしまうほど重要だったりするのだ。

くだらねぇ。いいじゃねぇか。置いていかれようが、何だろうが。知らねーよ他の人が何に乗ってようが。自分にピッタリ来て、無理なく乗れるバイクと長く付き合った方が、よっぽど幸せだよ。

オレ? ぜってぇ仲間うちで一番速いバイクじゃないと気が済まねー。

……と思ってましたけどね。最近は、「ぜってぇ仲間うちで一番速いライダーになりてぇ」。乗るのは、バイクなら何でもいい。とりあえずYZ8億モタード仕様で難波さんのタイムを抜くのが、当面の目標だ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
正月の下痢以降、体重が下げ止まらない。ついに最盛期から約7kg減少し、高校生時代と変わらなくなってしまった。この調子では、夏頃には30kgぐらいになるのではないか。そしたらミニバイクレースで子供に太刀打ちできるな。食欲も性欲も軒並み大幅ダウン。そしてランキングもダウンで、いよいよ枯淡の域に達してきた。何、クリックとな? うむ。したければ、なさるがよい。したくなければ、なすべきではない。すべては心の赴くままに……。

|

« The Longest Day | トップページ | PRO SHOP SHIMIZUに行った »

コメント

私も何度かCB400SFは試乗しています。結構いいなあと思っていました。
「これで充分じゃん!」正直そう感じました。
街中も峠も高速道路の巡航もすべてそつなくこなしてくれました。

最終的には「乗りやすさ」がいちばんの性能なんじゃないか?
クルマもバイクもそう感じている今日この頃です。

周囲の目を気にしながらたぶん自分も欲しいんだろうな、みたいな選び方って、あまり好きではありません。私、偏愛主義だと思います。とことん「こいつが好き」と思えないと手に入れることをためらう性分のようです。そのため買うまでに少々時間がかかります。買うと決めてからが長いです。

ビッグバイクについて「所有欲を満たす」みたいな提案がメーカーサイドやディーラーからありますが、あれはどうなんでしょうか?
それよりも「これに乗ったらヨダレが止まらないくらい面白いです」とか「あれより興奮します」みたいな誘いをしてくれることを個人的には望んでいます。

以前、とある外車系のショップの店員さんと「ホンダの最高傑作はエイプ」という話題で盛り上がったことがあります。
私も100に乗り続けていますが、飽きるどころから乗るごとに発見があります。
「これを本当にスムーズにライディングできたら何でも乗りこなせるんじゃないか?」
真剣にそう思っています。
下道のツーリングならばエイプで参加しています。周囲の高価なビッグバイクに囲まれていても全然平気です。「だっていちばん楽しいバイクに乗っているの私だもんね」と心底思って走っています。でもそうした気持ちって周囲にも伝わるんでしょうか?「ちょっと乗せてよ」とか「帰りは交替して」というオファーが殺到します。

話は長くなりますが、車体のヨレというかやわらかさって曲がりやすにつながりますよね?ムヤミに剛性の高いバイクやクルマって私は乗りにくいです。
またスロットル閉めていくときにエンジンの柔らかさを感じられるバイクが好きです。
そいう意味でもCB400SFはいいなあと感じる部分が多かったのだと思います。

投稿: gonzo | 2008.07.24 21:07

すみません、自分のハンドルネームを間違えました。
gonzo→まろたる
です。

投稿: まろたる | 2008.07.24 21:15

>まろたるさん
オレはなんだかんだ言ってもやっぱりちょっとでも速いバイク、ちょっとでも速いクルマに乗りたいです。クルマやバイクに求めているものが、単純にスピードだから。頭のどこかで「速けりゃいい」「ちょっとでも速く走りたい」って思ってます。

インプレッサでぶいぶい走ってても、サンバーで横転寸前になって走ってても、確かにどっちも楽しい。でも楽しさの質は違うし、オレが本当に求めているのはどっちかと言われれば、間違いなくインプレッサ。という感じ。

ホンダの最高傑作はエイプ。うん、ある意味ではそうなのかもしれません。でもオレはやっぱりレーサーで言えばRC212V、市販車で言えばCBR1000RRが最高傑作であってほしいんですよね。速く走ろうとするためには、引き受けなければいけないものがたくさんある。オレはそのピリピリした領域に惹かれます。

でもこれはオレの話。ある人はエイプで、ある人は400で、ある人は1000でゲハゲハと楽しんでいれば、それでいいと思います。イヤなのは「アイツが600だからオレは1000」とか、「アイツが1000だからオレは1400」みたいな選び方。逆に、「アイツは1000だけどオレは400」と威張る必要もないし、要は乗ってるバイクなんて何でもよくて、本人が楽しんでりゃそれでいいんじゃねぇの? という話です。

投稿: ごう | 2008.08.01 19:21

ごうさん

ありがとうございます。
ご指摘の通り、自分の好きなバイク、乗っているバイクが最高なんだと思います。
誰かと比べることを辞めてから、自分の中で楽しめる機会が多くなってきました。
それじゃないと楽しめないというのではなく、今あるものでどれだけ楽しめるかと考えて実践していくのが、今の私の喜びです。
「エイプが最高傑作」というのも、自分たちの中で手に届くものでの勝手な評価です。
ごうさんのブログを拝読していて、また今回こうしたお話しをさせていただいて、自分の楽しみ方を再発見できたように思っています。
ありがとうございました。

投稿: まろたる | 2008.08.03 11:08

こんにちは。私も似たような感じで、CB750(RC42)が好き。排気量は400と350も違うけど好きです。
リッターに乗ってる人にはバカにされるけど、そいつを抜き去るのが簡単でもある。
「バイクは排気量じゃねーんだよ」
CB750は乗りやすい。挙動も穏やか。無理する必要が無い。それでいて、巧いライダーが乗るとリッターにも負けない。バランスが取れている。だから、教習所に選ばれる。そういう意味ではCB400SFとよく似てると思います。
他にはスーパーカブ90が好きです。

投稿: 名無し | 2009.10.29 20:08

>名無しさん
いいじゃないですかナナハンと90。インプレッサとサンバーが好きなオレにも相通じるマインドを感じます。「負けない」のひとことにグッと来ました。

投稿: ごう | 2009.10.30 16:23

僕はCB400SFに6年間乗ってます。
2年程前にCBR600RRをセカンドバイクとして購入しました笑。
購入した理由が、周りのリッターバイク、SSについていけないって事でした。
CBRに乗ると余裕があり、みんなを少し引っ張って行く事が出来ます。
ただ余裕の走りが僕には合わないらしく、やはり全開で走るCB400SFに乗り続けてます。
去年CBRを売り、CB400SF1台になりました。
8万キロを越え、ミッションがイかれ始めたのでOH+エンジンチューンを皆には内緒でやってます。
基本、峠仕様でFCR、足周り強化、軽量しまくったのでエンジンを乗せるのが楽しみです。
余裕で走ってるみんなをCB400SFでぶち抜く事を想像するとニヤニヤしてたまりません笑
ただの変人ですね
勿論、みんなにはエンジンチューンの事は秘密にし続けます笑

投稿: チュペンサー | 2011.06.28 00:48

>チュペンサーさん
今一番ほしいバイク、それはCB400SB。パニアとか付けちゃいたいな〜。へへ。峠、くれぐれも気を付けて。飛ばすならサーキットでね。

投稿: ごう | 2011.06.30 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/40083472

この記事へのトラックバック一覧です: CB400SFとGSR400に乗った:

« The Longest Day | トップページ | PRO SHOP SHIMIZUに行った »