« もてぎで走り納め | トップページ | ワタシとセローの小旅行 »

南千葉サーキットで走り初め

信じられないほど空いている首都高を、サンバーのタイヤをビミョーにきしませながら駆け抜けて、昨日は南千葉サーキットに行った。

どこですかそれは。

大変申し訳ないのだが、今回初めて聞いたサーキットだった。1周580m、最大直線帳65mのコンパクトなカートコースだが、4輪も走れるらしい。2輪はビッグバイクやモタード、もちろん小排気量車も走りに来るようで、隠れた穴場感が炸裂している。10分1枠の走行を丸1日楽しめる「走り放題コース」で3500円とリーズナブル。ライセンスもオイル受けアンダーカウルも不要で、かなり気軽だ。コースレイアウトはトミンモーターランドをテクニカルにした感じである。

細かいことは気にしない漢

0801071
↑そこにさっくりと中野真矢選手登場。千葉然とした光景にいきなりヨーロッパの爽やかな風が吹いた。注目してほしいのはレーシングスーツ。今年からSPIDIを着用することになったそうだ。ブーツもXPD。このカラーリングのツナギは、この後数回のテストでしか見られないはず。ある意味貴重なので、マシンを見切ってでも真矢くん寄り。

ちなみにマシンはホンダのモトクロッサー・CRF450Rをモタード仕様にしたもの。と言っても、ホイール&タイヤを換え、Fサスを少し突き出した程度。セッティングもクソもない状態だ。

マシンを用意したHONDA Bikes編集部のOさんは、「こんなザックリした仕様で、本当にあのMotoGPライダー・中野選手に乗って頂けるのだろうか…」と戦々恐々としていたが、本人は走る前にチラッとマシンを見て「おぉ! カッコいいじゃないですか」と喜びのコメントを発しただけであった。1本目の走行を終えてから「気になる所とか、こうしたい、ああしたいってリクエストはない?」と聞いてみたが、「んー、そうですね。うんっ、全然問題ないですよ」とキッパリ。細かい所はまるっきり気にしていなかった。メーカーは変われど、中野真矢、なかなかの漢である。

0801072
↑ライダーが登場すればカメラマンが転がる。「風が吹けば桶屋が儲かる」理論の応用である。ちなみにカメラマンH氏いわく、「今日はあったかくて転がり日和だなぁ」。この人は去年、やはり真矢くん撮影のため真夏の茂原ツインサーキットでチンチンに熱くなった路面上に転がっていたが、「その時の人間目玉焼き状態に比べれば今日の路面は天国のようだった。いつまでも転がっていたかった」と述べていた。

0801073
↑そして走行。この人も、放っておくとひたすら走っているタイプ。ピットに戻るたびに「やっぱおもしれーなー!」と叫んでいた。

0801074
↑コンパクトデジタルカメラの限界に挑戦! 中野真矢進入スライドの瞬間を見事に捕らえた。……ごめんなさいショボッショボ写真で。プロの手によるもっと迫力のある写真は、1月26日発売のHONDA Bikes Vol.22に掲載されるのでお楽しみに。

Apeで転がる

0801075
↑やむを得ずオレ風情の走りでプロカメラマンの仕事っぷりをちょっとだけ。プライベートで遊びに来ていた編集部NさんのApeをぶんどってヴンヴンと走るオレを、「おめーの走りはホントに迫力がなくて撮りがいがないけど、しょうがねーからシャッター押してやっか」とパシャパシャと撮ってくれたカット。走りはともかく、写真的にはさすがである。

最初はコースもApeもまったく分からず恐る恐る走っていたのだが、Buellに抜かれてバーナーオン! その人、外から見ていると結構速かったので、「ぜってぇ抜き返す!」と標的にしてヒタヒタ迫った。

しかしですね、ちょっとずつペースを上げて追い詰めつつあった矢先に、痛恨のシフトミスですよ。熱くなると正チェンジと逆チェンジを間違えるんですね。最近、サーキットを走る時は逆チェンジばかり。ところがApeは正チェンジで、シフトアップしようとして思いっ切りシフトペダルを踏んづけました。

ヴ、オオオオオォォォン! なんつってテンションが切れ、シオシオに。結局Buellを抜けなかったのが非常に残念でならない。しかし、真矢くんも「いやー、僕も間違えることあるんですよねー、正チェンと逆チェン。さっきもモタードでシフトダウンしようとしてシフトアップしちゃって、あわわわって」。エエエーーッ!?「いや、よくやりますよ。あれ、なんなんですかね?」だって。コッチが聞きたいよ。ちなみにMotoGPマシンに乗っている時は間違えたことがないそうです。当たり前か。間違えるのはモタードとかミニバイクの話ね。

ちなみにApeでは別の走行枠の時にスッ転がりました。今年初走行で初転倒。幸先良すぎである。

転んだのは、このコース図の「The first hairpin」って所だ。最終コーナーを立ち上がって右、右と緩やかに曲がりながら全開で飛び込んで行くコーナーだが、Apeはフロントブレーキがドラムで、どうにもフィーリングが分からない。効いてんの? 効いてないの? どっちなの!! とイライラしつつ、「いいやもう。よく分かんないから倒し込んじゃうよオレ」と寝かし始めたら、フロントからパシャである。

ものすごく遅いコーナーの頂点付近で、パタッと倒れた程度だったので、マシン、ライダーともにダメージはほとんどなかったのだが、まったくもう!! 今年はオンロード無転倒をめざそうかと思ってたのに、いきなりかよ!! って、オレのせいですが。

いずれにしても編集部所有のApeを転がしてしまって大変に申し訳なく、新年早々仕事初めにして謝りまくりのからかわれまくりなのであった。これで変に転倒方向に勢いづくことなく、厄払いをしたと思って、今年は、今年こそは、手堅く乗り切りたいと思う。

モタード、いい!

そんな後に、「ごうさん、モタード乗ってみてくださいよモタード。乗った方がいいですよモタード。絶対乗るべきですよモタード」と真矢くんに言われたと思ってくだせぇ。乗れるかと。Apeで転がるような人間が、ゼッケン56を付けてる中野真矢号なんかに乗れるもんかと。思うわけですよ。

0801076
↑乗りました。人生初モタード。面白えぇぇぇ!! チョーーーー面白えぇぇぇ!! いやーコレはかなり面白いですね。どう面白いかっていうと、相当面白い感じで、面白かった。……語彙少なすぎ?

しょうがねえ。もう少し詳しく書いてみると、まーまずは見てくれからして異形なワケですよ。ロードコースで、こんなモトクロッサーみたいな(つうかモトクロッサーだし)バイクに乗れっかよと。しかも450なんて99kgしかないのに55psもあるんだし、ダメでしょうと。走り始めた瞬間にフッ飛ぶでしょうと。

ところが実際に走ってみると、異常に高いシート高とかどこをどう持ちゃいいのか分かんないような幅広ハンドルとか、全然気にならない。タイヤのグリップ感は相当に高くて、かなり寝かせられる(と、思われる)。

モタードというとズリュズリュ滑らせなくちゃ、という先入観があった。10分だけの走行ではとてもじゃないがそこまでは至らないし、今後至るとも思えないが、普通にロードマシンとして走らせられるのがまず楽しい。しかもマシンが軽く、ポジションの自由度も高くていろいろトライできるのが楽しい。さらに、ちょっとぐらいコースアウトしたって知ったことか的なワイルド感が楽しい。それに南千葉サーキットのようにコンパクトなコースでは、立ち上がりの強烈な瞬発力が楽しい。つまり楽しい。すなわち楽しい。うーむますます語彙が狭まってきたな。

いずれにしても痛快に面白くて楽しいわけである。MotoGPライダー中野真矢が「ごうさん最初っから結構いいペースだったじゃないですか! いやーApeで転んだ時は一体どうしたことかと思ったけど、モタードはイケてましたよ。Apeでは転んでたけど」と言ってくれたほど、気持ちは乗っていた。しかし真矢くん、見てるうちに飽きちゃったみたいで、後半は着替えに行ったらしいですが。

0801077
↑走行後、カメラマンHさんがボソッと「おめーは何乗っても同じだな」とひとこと。「そんなことないですよミニバイクとモタードですよ全然違いますよ」と言い返したものの、試しにこうして並べてみたらまったく同じだった。恐ろしい。

0801078
↑そして恒例のサムアップである。もう飽きたなサムアップ。この後、場所を変えてじっくりとインタビューをさせてもらった。いい話をたくさん聞かせてもらえたので、後は誰かが原稿を書いてくれたらいいのにな。

テストの様子などを聞かせてもらったが、書く側として「今季は期待!」なんておいそれとは言えたもんじゃない厳しい世界だということを改めて感じる。そういえばヤマハのサイトに、芳賀紀行選手にインタビューさせてもらった短い原稿が掲載されているが、この時もやっぱり「シーズンなんて始まってみんと分からんがー」って言っていた。…アマチュアでよかった……。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑大人になって何が悲しいって、正月は出費がかさむだけで、何の特典もないことである。子供はあっちこっちからお年玉をもらってホクホクだが、親としてはあっちこっちにお年玉を配ってシオシオなのだ。なんだお年玉って。お年玉といえば、そう、ポチ袋ですねポチ袋。あなたもポチッとどうですか? 年始の景気づけに、一発ポチッと。

|

« もてぎで走り納め | トップページ | ワタシとセローの小旅行 »

コメント

・・・羨ましい!
すげぇ!今度呼んで下さい!
モタード楽しそうですねー^^

投稿: ジョン19 | 2008.01.07 18:03

初めまして!!いつも拝見させていただいてます!!

いいですねぇ~ぼくも今度走りに行ってきます!!……でもバイクないし免許すらない……………

投稿: あくしょん仮面 | 2008.01.08 12:09

>ジョン19さん
じゃあ今度呼ぶからオレの代わりに原稿書いてくださいねー。モタード、超面白いスよ。450のモトクロッサーが欲しい気持ちになってきました。ダートトラックでも使えるし。

>あくしょん仮面さん
いいですね! ガンガン走ってください、ガンガン! ……って、バイクも免許もなくて走りに行くってことは…………足?

投稿: ごう | 2008.01.08 15:50

書く書く!
よぉーし!中野選手と勝負じゃぁ!爆

原稿?えーっと、自分のブログにたくさん書かせてもらいますw

投稿: ジョン19 | 2008.01.09 20:37

足で走ったらイチコーナーの手前で心臓がブローしてるはずです笑

まぁ免許とってバイク買いましたらいきます~でも時間がかかりますねぇ~笑

投稿: あくしょん仮面 | 2008.01.10 01:11

>ジョン19さん
ブログじゃダメー。

>あくしょん仮面さん
心臓ブローはヤバイですね。じっくり行きましょう、じっくり。ところで、クレヨンしんちゃん?

投稿: ごう | 2008.01.10 02:52

そうですよ~~!!クレヨンしんちゃんが大好きなんですっ!!!!!恥

投稿: あくしょん仮面 | 2008.01.10 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17606105

この記事へのトラックバック一覧です: 南千葉サーキットで走り初め:

« もてぎで走り納め | トップページ | ワタシとセローの小旅行 »