« 香川のうどんに物申す | トップページ | ヘルメットのペイント完了 »

B-KINGに乗った

とにかくすげぇネイキッド、B-KINGに乗った。

「こんなの、人間の乗り物じゃねぇ……」。トランポから引きずり出され、セル1発で覚醒したB-KINGを見て、オレは固唾を呑んだ。デカすぎるのだ。魔王だ魔王。魔王降臨だ。B-KINGのBは間違いなくBADだ。悪の王だ、悪王。

食われるんじゃないかとビビリながらまたがってみた。眼下には、広大かつ荒涼とした大地が広がっていた。私は旅人。あてどなくさまよう。と、急速に詩人化してしまうほど、タンクがバカでかい。タンク自体もデカい上に、サイドに張り出したエアインテークダクトとおぼしき物体が幅広感を助長している。意味が分からない……。

ポジション自体にさほどの大柄感はなく、ごく普通のネイキッド。オレの身長は171cmで自称・足は長めだが、足着き性も悪くない。アップライトなハンドル位置は、ちょっとした入力にも敏感に反応してくれるし、何よりもラクだ。つまり真っ直ぐ前を見ていれば何の問題もないのだが、いったんタンクに目を落とすと急速にオヨヨと詩人化してしまうのだ。

これほどまでにバカでかいタンクにする必要があったのだろうか。もしかしたら容量が2万キロリットルぐらいあって、当面のガソリン貯蔵が可能なのかもしれない。と思って調べてみたら、16.5リットルだって。おかしい。こんだけデカいタンクなのに16.5リットルのはずはない。残り1万9999.99835キロリットルはどこに消えてしまったのだろうか。そもそもこの計算で合っているのだろうか。何もかも謎だ。

謎はハンドリングにも表れている。走らせて、クッと曲がろうとすると、悪王はそのダークサイドを覗かせる。フロントがカコンと切れ込もうとするのだ。結構な力で当て舵をしてやらないとそのままイッてしまいそうな感じがして怖い。

0712051_2
↑フロントは寝たがっているのに、リヤが寝たがらない感じ。何だか前後の動きがちぐはぐで、結果的にフロントの切れ込みを強く感じるみたいだ。タイヤサイズを見たら、フロントは120/70-17と普通だけど、リヤは200/50-17だってよ! 200て。20cmですよ。ハゼだったらかなりの大物ですよ。ブラックバスなら小物ですよ。

フロントタイヤは普通のプロファイルで、リヤタイヤがビローンと平らだから、バンクのフィーリングに前後で違和感が出るのではなかろうか。ハンドリングよりもリヤビューのBAD-KING感を優先したってことだろう。邪悪ビーム!!

というクセは若干ある。しかし、ネイキッドのレベルを遙かに超越した剛性感の高い車体とサス、超弩級重量を難なく減速させる優れたブレーキなどは、悪王の称号に似つかわしくない出来の良さだ。よくしつけられている悪王? 何だソレ的な拍子抜け感はあるが、悪王は悪王。車体はともかく、エンジンはマジで極悪だ。

0712052_2
↑旋回中の安定感は高く、結構安心して乗っていられるが、立ち上がろうとしてちょびっとアクセルを開けると、ヤバヤバヤバヤバな感じがしてくる。「開けてもいいの? ホントに平気なの? 開けちゃうよ、ホーラ開けちゃうよ」と、常にピリピリした緊張感を醸し出す怒濤のパワーがあるのだ。

開けた時の力感みなぎる加速は、相当に楽しい。「このタイヤじゃフッ飛ぶんじゃないの?」という、ダークな魅力にあふれている。実際、青木宣篤さんはリヤタイヤをズリズリに滑らせながら走行し、「いや〜。滑るね」と涼しげな顔をしていた。そりゃあなたが滑らせてんだから滑るでしょう。

ちなみにオレレベルでは「すべる」の「す」の字も、発音で言えば最初の「S」すらなかったから、一般ライダーはどうか安心していただきたい。悪王は庶民には優しいのだ。

0712053_2
↑悪王に乗らせていただく庶民の後ろ姿。

0712054_2
↑拡大。マフラーというより、目でしょうこれは。ビヨーンと飛び出て、カッと見開いて、見てる。めっちゃ見てるでしょうこっちを。目と目の間の三角メッシュは口でしょう。こっから邪悪波動を発射して、後続車両を撃破するでしょうこれは。

ちなみに邪悪波動音すなわちエキゾーストノートはスズキらしい乾いた音質ではあるが、凶悪なルックスの割にはおとなしい。悪王と言えども、時代の趨勢には敵わないのである。

同時にハヤブサ1300にも乗ったが(以前の試乗記事はこちら)、試乗したエビスサーキットぐらいのコンパクトなコースなら、オレは悪王B-KINGの方が楽しめた。うーむ、ネイキッドでも十分に楽しいんじゃねぇの? フロントに押さえが効かない分、加速すりゃ後ろに、減速すりゃ前にと体が振り回されるので、特にB-KINGのようにパワーのあるマシンだと実際の速度以上に強力な加減速感が味わえる。「悪王が、悪王がオレを蹂躙している〜!!」といったMっぽさが楽しめるわけだ。

……オレ程度のライダーに、セパハンなんか必要あんのかね?

とか言いつつ、その後、セパハンのZX-6Rで筑波サーキットを走った時には、「やっぱセパハンだぜセパハン」と思ったりするわけだから、人間とは欲深き生き物なり。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑英語でコメツキムシのことを「click beetle」と言う。「つうか、英語圏にもコメツキムシっているの?」と思ったあなた、世界には1万種ものコメツキムシがいるんだよ。怖。しかしまぁ、クリックビートルとはね。……クリック、クリックかぁ……。いい響きだねぇ、クリック……。

|

« 香川のうどんに物申す | トップページ | ヘルメットのペイント完了 »

コメント

「悪王」が沢山でてくるけど
「悪玉」って読んでしまうのは邪悪波動の影響ですよね!?

投稿: 悪魔王子=naz | 2007.12.05 23:30

エビスの最終からの急坂切り返しとか怖そうだなぁ・・・・

投稿: しの(黄六2号) | 2007.12.05 23:33

>悪魔玉子さん
ああ、かなりやられてますね邪悪波動に。もしかしたらタイ国玉とか、玉様とか、八玉子とか天玉洲とか天玉うどんとか、全部「てん」が付いてるように見えてませんか? 重症です。

>しの(黄六2号)さん
そう! あそこヤバすぎ。フワワワーとフロントが浮くんだけど、NKのポジションだとうまくフロントに荷重がかけられなくて、竿立つんじゃないかという怖さがあります。ま、外から見たら「Fサスが伸びてた」ぐらいなんだろうけど。

投稿: Go | 2007.12.06 08:20

vmaxが、くたびれたので、新型は、高いし、そしたら、bキングが、ありましたね。

投稿: いたよし | 2011.09.09 21:17

>いたよしさん
見た目の邪悪さ、押し出しの強力さ、怒濤のパワーフィールの割に、意外と安い悪王さん。リーズナブルな庶民派です。

投稿: ごう | 2011.09.10 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17278879

この記事へのトラックバック一覧です: B-KINGに乗った:

« 香川のうどんに物申す | トップページ | ヘルメットのペイント完了 »