« 奥多摩周遊道路に行った | トップページ | 青木宣篤さんと語った »

レーシングブーツを買った

昨日は都内での打ち合わせの後、ライコランド東雲店に新しいブーツを買いに行った。

今まで使っていたのは、AlpinestarsのSupertech。オレのは5年前に買ったもので、リンク先のモデルとはちょっとだけ違う。2002年、33歳の秋にライコランド多摩店に行き、背がちっこくてキビキビ動くリスみたいなかわいい女性店員をとっ捕まえて、「あーチミチミ、ツィミが一番いいと思うブーツを選んでくれたまえ」なんつう買い方であった。……何様だよオレは。

アルパインスターズ・スーパーテックは、くるぶしにヒンジがあるインナーブーツ装備だったので、左右方向には動かず、結構ガッツリしていて安心感があった。ふくらはぎあたりの羽状プラスチックパーツは好みが分かれるようだが、転倒傷を見るとかなり効果的に配されているのが分かるので、個人的にはキライではなかった。

0711101
↑5年履くとこうなる。結構手入れしてたつもりなんだけどなー。

0711102
↑こんな風に傷が付いているってことは、羽にもプロテクション効果アリなんでないの? 何度もスッ転んでいるが、一度もケガをしたことがない。ありがたいことだ。

前回はサーキット走行未経験の状態でお姉さん任せで買ったが、今回は、「ひとりでできるもん!」と自分なりにセレクトしてみた。本命はズバリ、ガエルネ G-RSだ。

2ヶ月ほど前のことだ。人見知りで店員さんとまともに話ができないオレは、口から先に生まれた口八丁手八丁四十八手の手練れダートトラックインストラクター・吉田潤大佐とともに、ライコランド東雲店に行った。その時、オレが大佐にこそこそっと耳打ちすると、大佐が店員さんに「すいませーん、これのサイズ出してもらいたいんスけどぉ」というような調子で、いろいろ試着した。その結果、感触がよかったのがガエルネ G-RSだったのだ。

その時は冷やかしで終わったが、いざマジで買うとなると、気持ち的にはG-RSでほぼ決まりとはいえ、優柔不断大魔王としてはやっぱり改めていろいろ履いて決めたい。昨日は1人だったのでものすげぇ勇気を振り絞って、店員の斉藤さんにお願いして店にあったXPD、SIDI、Alpinestars、PUMA、DIADORAのレーシングブーツをひと通りぜーんぶ履かせてもらった。そして結局はGAERNEに落ち着いたのだった。

G-RSは足を入れやすく、内部で気になるアタリもない。左右方向にはあまり動かず、前後にはものすごく動かしやすい。全体的にスッキリとシンプルで、履いてすぐにしっくり来るところにも好感が持てる。かなり理想的だ。2ヶ月前の感触を足が覚えていたぐらいだから、よっぽどオレの足も気に入ったのだろう。よかったな、オレの足!

だが、サイズに若干不安があった。普段履きの靴下いっちょじゃよく分からない。恐る恐る「ツナギを試着してからブーツを履いてみたいんですけど…」とお願いすると、斉藤さんはイヤな顔ひとつせずに「へぇ! 合点承知ッスよ!」と快諾してくれた。ツナギを試着したまま自分のバイクにまたがらせてくれ、という人もいるらしい。「高い買い物でやんすからねえ! 納得してもらいてぇんで。へぇ」と斉藤さん。岡っ引き口調はウソだが、言ってることはホントだ。

そんなこんなで、最終的には納得の買い物ができた。優柔不断なオレの買い物に完璧に付き合ってくれた斉藤さん、どうもありがとうございました。斉藤さんはサーキット走行もしていて、いろいろ有益なアドバイスをしてくれる。みんなもライコランド東雲店の斉藤さんを訪ねて三千里!

0711103
↑もったいないからこのまま保管しておきたい。観賞分と使用分、2足買いたいぐらいだ。ちなみに3万6000円ぐらいで購入。

0711104
↑モトクロスブーツみたいにバックルで留める。バックファスナーで足を入れやすいが、ちょっとファスナーを閉めにくいかな。なんて思っていたら、こんなページがあった。説明通りにやってみたらすんなりファスナー上がりました調査不足でしたすみませんでした。

0711105
↑くるぶしのピボットを軸に、前後方向にはグニョーンと曲がる。トースライダー/ヒールキャップ/アンクルスライダーはチタン製。いいねチタン。チタンって響きだけでもうOK。

月、火と履く予定なので、楽しみだ。しかし、どこに行くのかは土曜日午後の現時点でまだ決まっていない。よくあることだ。ミステリーワーク。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑意外としつこく続けてますよ!! おかげさまで「バイク モータースポーツ部門」ではずーっと1位ですが、バイク総合ではなかなか1位になれない。女性ライダーとハーレー強ぇ…。オレもカミさんをダシに人妻ライダーブログにでもしてみっかな。

|

« 奥多摩周遊道路に行った | トップページ | 青木宣篤さんと語った »

コメント

まねすんなよぅ
両方ともおいらがフルオーダースリッパ作ったブーツじゃんよぅ

投稿: まこりん | 2007.11.10 20:19

お久しぶりです。

色違いのおそろですね(笑)。

僕も先日買い換えたばっかりです。。


またいつかご一緒しましょう。。

投稿: r1plus | 2007.11.10 21:15

>ま・こりんさん
えー、皆様に解説すると、「フルオーダースリッパ」とはダートトラック用の装備で、ブーツに履かせる鉄スリッパのことです。左足を土の上で安全に滑らせるために不可欠で、ダートトラックの諸先生方は「ヘルメットみたいなものだ」と言います。もてぎ売店で8500円で売っているのがツルシ、特殊鋼材を使って滑りがよくブーツに合わせて成型するのでフィッティングバツグンでお値段も3万円以上するのがフルオーダーです。

>r1plusさん
「おおっ!?」と思ってr1plusさんのブログを読み漁ってみた所、あんまり印象よくなかったみたいですね。ガビーン。明日、乗車時初履きなので、ドキドキです。

投稿: ごう | 2007.11.11 09:48

[スリッパ]をロードレース的な方々にも解り易く説明すると、サーキットでの『ニースライダー(バンクセンサー)』と同じ仕事を
ダートトラックでは『スリッパ』がしているのです。
つまり安全装具であり、不可欠なモノ。
必需品なのですね。
それはそうと発売中の「ビックコミック・スピリッツ」買いました。
最後のカラーページにノリック追悼の3ページが在りました。
数ある追悼モノの記事の中でも俺の1番のお気に入り文章です。
皆さんも是非読んでみる事をオススメします。

投稿: naz | 2007.11.12 23:20

>nazさん
スピリッツを買ったのは大学生以来です。「仕事で書いてんのに自分で買うのかよ!」というツッコミが聞こえて来そうですが、編集部から掲載誌が届く前に買っちゃったわけであり。「じみへん」「気まぐれコンセプト」「美味しんぼ」は、この先250年ぐらい続くのではないだろうか。

投稿: ごう | 2007.11.14 17:31

はじめまして、僕はまだレーシングブーツを購入したことがありません^^

投稿: 慎太郎ワールド | 2007.11.16 11:47

>慎太郎ワールドさん
初めまして。何かご質問があればいつでもどうぞ…。僕自身は大してレーシングブーツ経験がありませんが、ここに巣くう強者どもが応えてくれるはずです。

投稿: ごう | 2007.11.16 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17031830

この記事へのトラックバック一覧です: レーシングブーツを買った:

« 奥多摩周遊道路に行った | トップページ | 青木宣篤さんと語った »