« とにかく走れ! いいから走れ! | トップページ | インプレッサのタイヤを換えた »

ハヤブサとZZR1400に乗った

昨日は都内〜箱根・芦ノ湖スカイラインでGSX1300Rハヤブサ(Hayabusa 1300)ZZR1400に乗った。ハヤブサは最新の08と07の両モデル、ZZR1400は07のマレーシア仕様だ。08ハヤブサについては、後で書くつもり。

公道をバイクで走るのは、やはり気持ちがいい。秋のひんやりした空気の中、自分でペースを作りながら走れる解放感は、常にタイムに追われるサーキットとは違った良さがある。しかも乗っているのは200psに届こうとする途方もないパワーを持ったバイク。あわてる必要なんかどこにもない。ポルシェカレラRSが絡んできたけど、右手をちょっくら回すだけで「あれ?」てなもんだ。…恐ろしい。

ハヤブサの07モデルはとにかくスポーティーだ。スーパースポーツ並みとまでは言わないけれど、以前乗った時にも同じ印象を持ったように、ベクトルは完全にスポーツライディングに向いている。ZZR1400が登場した今となってはガシャガシャしたチープさは否めないが、エンジンの回転上昇のシャープさやスピードの乗りの良さ、ハンドリングの切れ味やライダーの操作に対するダイレクト感などなど、少なくとも8年も前に発売されたバイクとは思えないほど、今乗っても楽しい。

見てくれは異形でなんか不自然にモリモリヌメヌメしてたりして、かなり特殊なバイクに見えるが、少なくとも走りの面に関してはすげぇよく出来ている。GSX-R1000も「ガンダムじゃねぇんだから(失笑)」と見てくれで酷評されたようだが、あのバイクも走りはすげぇいい。ハヤブサもGSX-Rも、走れば走るほど気分が高揚してくるバイクだ。どんどん攻めたくなるし、攻めれば攻めるほどカッチリと応えてくれる。オレはバイクのデザインに関しては、「どうせ乗ったら見えないんだしさ」と、あんまり(←全然、ではない)気にしないタイプなので、意外とスズキのもの作りには好感を持っている。

そういやーオレがハヤブサに乗ってる姿って、端から見たらどう見えるんだろう。イモムシに小人が乗ってるみたいな、メルヒェンな感じなのかなあ。乗ってるとバイクのデカさを感じないのでまったく気にならなかったけど、ダッサいことになってんのかな。

まぁいいや。

んでもってZZR1400だ。過去にも何度か乗っているが(ココとかココ)、やはりこのバイクはナウシカの王蟲みたいな面構えに似合わず、非常にアダルトで上質だ。すべての操作系、エンジンの回転、サスの動きがスムーズで滑らか。ホントにカワサキのバイクかよ、と思う。

峠をウヒョウヒョいいながら走ろうとすると、中間領域でアクセルを開けた瞬間の加速の鈍さとか、前後ピッチングが大きすぎる柔らかめのサスとか、いろいろ気になる部分が出てくるが、昨日のように風邪が治らず肉体的・精神的に完璧に疲れ切った状態で走らせてみると、「あぁ、癒されるなぁ……」「おまえ、ホントはいいヤツだったんだなぁ……」という感じだった。地味な良妻賢母に飽きて「おまえ、退屈だから出て行け!」と追い払ってハデな女と付き合ってみたものの、やっぱり帰りたくなるのは……的な感じ。

実際、07ハヤブサかZZR1400のどちらかで箱根から東京に帰ることになり、迷わずZZRを選んだ。体にラクで速いんだもん。5000rpm以上回さなければちっとも加速しないんだけど、昨日はその優しさがありがたかった。もちろん高いギアで高回転域まで引っ張れば「ズヒョォォォォォオオオオキターーーーーーーーッ!!」というズバ抜けた加速が楽しめるが、回しさえしなければ「今日はちょっといいや…。のんびり走りたいし」と割り切れる。バイクに急かされない感じがいい。

きっと年齢を重ねて目肩腰が弱るほど、ZZR1400のようなバイクの良さが分かるのだろう。でも、今はまだゲハゲハ言いながらウヒョウヒョとバイクに乗りたいので、どちらかっていうと常時臨戦態勢といった様相の07ハヤブサの方がいいな。しかもZZR1400のキャラクターからすれば、素直にパニアケースが付いてる1400GTRを選んだ方がいいような気もする。

それにしてもバイクはいいなぁ、と、改めて思った。ノリックが死んでしまってから、筑波サーキットは大泣きしつつも走れたが、さすがに彼が事故に遭った公道はどんなもんかなあ、と不安だった。でもいったん走り出してしまえば、仕事とはいえ気持ちよくて爽快で、やはり他にない楽しさがあった。今まで以上に気を付けるようになった…ような気もするし、何も変わっていないような気もする。分かんないな…。

以前、「FZ1のネイキッド版が欲しいんですよ〜。アレなら速そうだし。日本では買えないのかな?」と言っていたノリック。「そのうちツーリングに行こうよ」「いいですよ。でもせっかくツーリングに行くなら、雑誌に載せてもらえないかなぁ?」「ツーリングって、ヘルメット脱いだらすぐ撮影だよ。髪の毛セットしてる時間ないよ」「そりゃ困る(笑)」なんて会話をしていた。もし彼がFZ1に乗って公道を走っていたらどんなライディングを見せてくれたのか、残念ながら今は想像するだけになってしまったが、でも、想像だけでもちょっと楽しい。

芦ノ湖スカイラインは、結構寒く、風も冷たかった。夕方はもう真冬の足音がする。走りに行く方、そろそろ防寒対策を。オレも立派に風邪をこじらせた。

にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
↑「こういうランキングって、いったい何のためにあるんだろう」と始めてみて分かった。書くことに対するささやかなごほうびみたいなものなんだね。ポチッと押してもらえれば、ちょっとうれしい気持ちになれそうな気持ち。

|

« とにかく走れ! いいから走れ! | トップページ | インプレッサのタイヤを換えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/16779839

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤブサとZZR1400に乗った:

« とにかく走れ! いいから走れ! | トップページ | インプレッサのタイヤを換えた »