« 難波恭司、復活へのプロローグ・2 | トップページ | ノリックからのメール »

ノリックの死

彼には、阿部典史という男には、悪いことは起きないと思っていた。これは確信だ。絶対に起きないと信じていた。

こんなのはナシだ。マジで。これはねぇよ。これはない。

彼のヘルメットに描かれているドリームキャッチャーは、悪い夢を絡め取ってくれるネイティブアメリカンのお守りだ。サボッてないで、さっさと仕事してほしい。

« 難波恭司、復活へのプロローグ・2 | トップページ | ノリックからのメール »

コメント

何て言えば

誰かを慰めてあげたいんだけど
誰かに慰めてもらいたい

16年前に俺に影響を与えた若者は
今年新たに俺に影響を与えて若者のまま逝った

「総てを受け入れる」
ネイティブアメリカンの考え方である。

悲しみを通り越して、悔しいです。

>Junさん
アメリカ、行きましょう。ローダイでアメリカ人をブッちぎってください。

>よしちかさん
昨日は悔しいも通り越して、何がなんだか分からない感じでした。でもJunさんが言うように、受け入れないといけないし、どこかで受け入れている自分もいて、それがイヤだったり。複雑です。とても。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノリックの死:

« 難波恭司、復活へのプロローグ・2 | トップページ | ノリックからのメール »