« DAYTONA 675に乗った | トップページ | 津市〜入間市無給油無休憩完全ノンストップ走破! »

エリアP8

昨日はもて耐公開練習に参加。もてぎフルコースは3回目の走行だ。前回のもて耐予選では何もできずに終わりベストは2'17.727。今回は3回の走行枠があり、1本目16.677、2本目15.661、3本目14.654と毎回1秒ずつタイムを上げることができた。いやしかし、ここからですね……。

ちなみに予選では新品タイヤを履いたのだが、今回はその使い古し。しかも路面温度は50℃を超えていて、条件は予選の時よりも悪かった。が、一瞬たりとも滑ったりヤバい感じはしなかった。……ま、オレ程度じゃ何事もタイヤのせいになんかできないってことだ。

走行後、ダートトラックパーティーを見にダートコースへ。いたいたっ! 変なヤツらがいましたよ!! みみっちいバイクでちっこいコースをグルグルグルグルしてやがらぁ、ケッ(←ロードレーサー的偏見)。…………は、は、走りてぇ!!! オレも早く自分のCRFをシェイクダウン…しないで展示しておいて、レンタル車両で走りたい!!

ダートトラックパーティーが終わる直前の模擬レースは、外側の400mトラックと内側の200mトラックの間の草むらで見せてもらえた。……ロードじゃあり得ないいい加減さだ……。ロードで言えば、短パンいっちょでコース脇のグラベルで「ふーん」とか言って生レースを見るようなもんだから。

そんなこんなでパーティー終了時間までいたのだが、ふと気付けばもてぎP8駐車場はムンムンと男の裸まみれだった。腹が割れてる人からそうでもない人、腹たっぷんたっぷんの人まで、自分の車に帰着するや否やパパパパーッと脱ぎ散らかしている。一切のためらいや迷いや葛藤がない豪快な脱ぎっぷりが気持ちいい。

しかもみんなフツーの顔をしている。上半身だけ裸の人、パンツいっちょの人、みんなの表情は川が流れるような、魚が泳ぐような、獣が走るようなナチュラルさであった。暑いから脱ぐ。そんだけ。もう脊髄反射だけで生きているとしか思えない。

高校が男子校だったオレは、放課後の教室を思い出していた。体育会系のヤツらが涼しげな顔して全裸で着替え、当然ボッサボサのフルチンであったが、特に誰も何てことはなく普通にパンとか食いながら会話していた汗くさい教室を……。

どこか紳士然としており、ツナギのインナースーツでうろつくと叱られるロードのパドックとはあまりにも雰囲気が違う。「P8居留区」という呼称もあるようだが、ここの人たちに「洋服着用ヲ義務付ケトスル」なんて言おうもんなら、「ホーホホホホホホホ」とか変な雄叫びを上げて、ダートコースの真ん中に巨大なかがり火か何か作っちゃって、P8の入口では長っげぇ槍を持った裸戦士が通せんぼして、「YOU裸じゃない。ここ裸義務。裸じゃない邪悪な者出ていけ!」とか叫んで槍でチクチク刺されるのではないだろうか。

いやそれどころか、そのうちに人間語を忘れ、4つ足で歩行し、生肉をバリバリとむさぼり食ったりして、何か人間じゃない別の生き物になっちゃいそうだ。やべぇぜダートトラック。このまま続けてていいのだろうか……。

|

« DAYTONA 675に乗った | トップページ | 津市〜入間市無給油無休憩完全ノンストップ走破! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/16569823

この記事へのトラックバック一覧です: エリアP8:

« DAYTONA 675に乗った | トップページ | 津市〜入間市無給油無休憩完全ノンストップ走破! »