« 初ダートトラックスポーツ走行 | トップページ | ちっとも前に進まない »

ヒデヨシは男だ

昨日のスポーツ走行で、ヒデヨシが男を見せた。

ちなみにヒデヨシはプロカメラマンだ。カメラマンという人種は、ここ一番でバカみたいなクレイジーっぷりを発揮する。

本当は午前中の走行枠を走る予定だったが、コースが湿っているということで中止になった。どピーカンなのに走れないっていうジレジレ感が、ロードとは違っていて面白い。

ヒマになったので、平日にも関わらずもてぎくんだりまでノコノコやって来てスポーツ走行を1本だけ走って帰ろうかという暇人の方々に話を聞いて歩くヒデヨシの後ろをコソコソと着いて歩く。だから人見知りなんだってばよ!

しかしダートの人々はめちゃくちゃみんないい人だ。オレのように人の影に隠れてコソコソテヘテヘしてる人間にも明るい笑顔で「おはようございます!」なんて声をかけてくれる。聞けば何でも教えてくれるし、頼めばお金でも家でも何でもくれる。くれねーか。

そんなこんなで時間をつぶしたが、昼からの走行にはまだ余裕がある。昨日はバイクをレンタルしての走行予定だったので、「バイクでも見に行くか」とガレージへ。うろちょろしていると、「あ!」とヒデヨシの目がピカリンリンと輝いた。視線の先には「FOR SALE」の札がぶら下がったFTR223。その瞬間にもう勝負は決まっていた。

ヒデヨシ 〜ダートトラック歴2回の男〜 は、迷うことなく言い放った。「これ買います」。あっさりとバイク購入である。

これを男と呼ばずに何と呼ぼう。何しろヒデヨシは中免を持っているとはいえ、公道ではあまりバイクを乗ったことがないのである。その割には昨年マン島をバイクで爆走し、バイク的センスの高さを見せつけるなど、とかく意味不明である。

ヒデヨシ 〜ダートトラック歴2回で公道バイク歴はほぼない男〜 との付き合いは10年以上になり、以前も書いたように学年では1コ上の大先輩にあたるわけだが、時にピッチピチのパンティー(死語?)みたいな想像を絶するフォルムの下着を着用していたりすることがあって、密かに「この人は女なんじゃなかろうか」と疑っていたこともあった。いやそれはそれは立派なお宝をお持ちなのは知っていたが、でもパンティーですよ!? あり得ないでしょう。

しかし今回の即買いを見て、オレは彼が男であることを認めざるを得なくなり、そして非常に悔しいことに、人間としての器の違いを見せつけられた形になった。オレは全精力を振り絞り「STEP1:お店に行ってみよう!」をクリアし、この先延々とSTEPが続く予定だというのに。男だぜヒデヨシ!

ヒデヨシ 〜ダートトラック歴2回で公道バイク歴がほとんどなくパンティーみたいな下着を着用する男〜 は、CRF100Fのピーキーすぎる挙動とコンパクトな車格に馴染めなかったようで、2回のダートトラック歴の中でたびたび「FTRがいいなあ」と申していた。つまりこれは運命だったのだ。

もし、ヒデヨシ 〜ダートトラック歴2回で公道バイク歴がほとんどなくCRF100Fには馴染めずFTR223を即買いしたもののパンティーみたいな下着を着用している男〜 に男気を感じたら、ぜひ声をかけてやってほしい。パンティーを履いていても性的嗜好性はノーマルだと推測されるので、お気軽に。……いやどうだろう。何しろパンティーだからな。

なおこの日記が削除された場合は、巨大な闇の力が働いたものと思ってほしい。

|

« 初ダートトラックスポーツ走行 | トップページ | ちっとも前に進まない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17220892

この記事へのトラックバック一覧です: ヒデヨシは男だ:

« 初ダートトラックスポーツ走行 | トップページ | ちっとも前に進まない »