« サンバー空を飛ぶ | トップページ | Ready to slide ! ! ! »

サンバーの床張り

最初にお断りしておくが、オレはDIY派ではない。むしろキライ。やりたくねー。ロッキングチェアに腰掛けて白いペルシャ猫を撫でながら、ブランデーグラスを揺らしつつ葉巻をくわえていたいのである。

だってDIYって意外とお金がかかるし、時間も取られるし、疲れるし、それでいて仕上がりに満足できた試しはねぇし。金で解決するなら、それに越したことはないわけである。オトナって、そういうもんじゃごぜぇませんかい?

しかし今回はなぜかそのクソ重い腰をのっそりと上げて、サンバーの床張りに挑戦である。あーめんどくせー。

ハイエース・スーパーGLに乗っていた時、
このページを何度見たことか。もうページが破けてボロッボロになるぐらい、何度も何度も何度も何度も見ていたわけである。

最も閲覧していたのは、床のページである。トランポ=床張り。もしかしたら、いい具合に洗脳されてただけかもしれない。しかし、トランポ=床張りはオレの頭に完全に刷り込まれた。

今回我が家にやってきた世界最強の武装輸送車・サンバーは、非常にスパルタンなバンであることは以前にも記した。そりゃそうだ。戦闘車両なのだから、虚飾は不要である。ゆえに、荷室もペラッペラのビニールマットがペラッと敷いてあるだけであり、ちょっとしたものを積んだらすぐビリッビリに破けて、鉄板がザクザクに傷ついてサビサビに錆びてもういらね。もうサンバーいらね。見たくもね。ってなることは目に見えていた。

そこで、鉄板保護という名目で、床を張るわけである。床張りといえば、コンパネである。コントロールパネルではない。どうやら「コンクリートパネル」というのが正式名称らしい。へー。……んなこたーどうでもいい。とにかくコンパネだ。

まずはビニールマットを引っぱがす。波打つ鉄板が剥き出しになる。

Blog021901

このままコンパネを乗っければそれでOKのような気もするが、なんかそれじゃイマイチ気分が盛り上がらないし、そもそも痛ぇんだ、寝っ転がると。今後2度とサンバーの荷室に寝っ転がることはないと思うが、痛いのはよくない。そこで、この波打ちをコンパネで埋めてみることにする。

めんどくせー採寸をする。あとはドイトに行ってコンパネを買い、オッサンに切ってもらう。なに? コンパネぐらい自分で切れって? イヤプー。めんどくせーもん。

というわけで、切ってもらったコンパネを、両面テープで貼っ付けていく。そう、両面テープの使用が基本コンセプトである。なぜなら、瞬く間に原状回復が可能だからだ。車両の鉄板に穴を開けるなんて、恐ろしくてオレにはできない。

Blog021902

敷いた。これ、意外とイケてね?寝っ転がっても痛くなかった。ということは、それだけ平らになったってことだ。なんか、だいぶいい気持ちになってきた。

今度は、その上にいよいよ本番の板を乗っける。本番板である。本番まな板である。サンバーの場合は、後席を畳むだけでバイクが積める。逆に言えば、バイクを積むために後席を取り外す必要がない。すなわち、いつでも後席は使えるわけである。この機能を殺す手はない。そこで本番まな板は3分割方式とし、いつでも後席の利用を可能にすることにした。

さっそく採寸。そしてドイトのオッサンに切ってもらう。後ろめたいことは何もない。めんどくせーことは、ドイトのオッサンに頼めばいいのである。オッサンは木を切るのが仕事なのだ。

カットしてもらったコンパネは、あまりにも美しく荷台に収まった。オレの採寸と、オッサンの木工作業の見事なコラボレーション。2人の愛の結晶である。

しかしいくら愛の結晶とはいえ、ただゴロッとコンパネが敷いてあるだけでは面白くない。そこで本番まな板には、オシャレなクッションフロアを貼り付けることにした。両面テープとタッカーを駆使して、大理石調のクッションフロアを貼る。どうせびりびりに破けて貧乏くさいことになることは分かっているのに、時間と体力を使ってクッションフロアを貼るのである。これほどまでにムダな作業があるだろうか。

Blog021903

そして完成である。見てくれはいい。しかし、どうせバイクを積めばクッションフロアは破け、コンパネのササクレで荷室は悲惨なことになるだろう。だからイヤなんだDIYなんて。と、完成した直後から鬱なのである。

あーあ、バイク積みたくねぇなぁ……。

|

« サンバー空を飛ぶ | トップページ | Ready to slide ! ! ! »

コメント

青六1号さんが DIY派 だ っ た と は !
さっそくドロドロバイク積んじゃったねぇ〜^^

投稿: 銀千1号 | 2007.02.21 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/13976902

この記事へのトラックバック一覧です: サンバーの床張り:

« サンバー空を飛ぶ | トップページ | Ready to slide ! ! ! »