« ダートトラックで遊んでみた | トップページ | 筑波TT、留年確定! »

モトクロスで泣いた

1月23日は、13年ぶりのモトクロスである。

13年て。

当時の赤ちゃんも、もはやチン毛ボーボーですよ。あ、そんなことないか。微妙なお年頃だな。オレ、生えたのいつだったかな。最初のうちは恥ずかしくて剃ったりしたもんだ…(遠い目)。自己剃毛…。セルフ・シェーヴィング…。

と錯乱するぐらい、久しぶりのモトクロスだった。しかも、13年前だって「やってた」と言えるほどのもんじゃない。言うなれば、Aぐらいのもんである。Bなんて、ましてやCなんてめっそうもねぇ。というぐらいのレベルである。

行ったのは、福島県のモトスポーツランドしどき。初めて行ったが、すんげーいいコースだった。コース自体も後述する通りサイコーなのだが、程度のいいレンタル車両がゴッソリ用意されているのがイイ。

レンタル車両は、大まかに言えば3カテゴリー。2スト、4ストの各排気量の本格的モトクロッサー、TT-R125CRF100Fのような、ファンライド系バイク、そしてPW50のようなキッズ用モトクロッサーだ。

Blog01250

ウェアやヘルメットなど、装具も一式揃っている。裸一貫で訪れても瞬く間にモトクロスライダー化が可能だ。途中で逮捕されなければの話だが。

気分的には、フルサイズのモトクロッサーに乗ってみたいが、何しろ荷が重い。今乗ってみるなら4ストだろうが、「ブウブウブ!」(早口で)なんて野太い音を放つ荒くれ者である。

一方のTT-R125やCRF100Fは敷居が低く、扱いやすそうだ。その反面、うまい人が「TT-Rいいよー」「100がちょうどいいよ」というのは何ちゅうかこう、シブくてカッチョいいが、オレ風情が「100はいいよ、100は」と言っても負け犬の遠吠え感が否めず、説得力ゼロである。誰を何のために説得すんだって話だが。

まあ、言ってみれば男の意地である。意地は張りたいが、フルサイズは恐ろしい。意地と恐怖の板挟みに苦しんでいると、今回同行したH氏とT氏の間で、「じゃあおまえはコレな」と、ウムを言わさずマシンが決められてしまった。

Blog01251

YZ250F。05モデルである。オレが乗ったのは、写真の真ん中のバイク。両脇を固めているのは、H氏のYZ250F(04)と、T氏のCRF125である。

デカ。シート高、980mm以上だよ。98cmって、どっちかっていうと1mじゃん。いくらオレの足が長いからって、1mはないよ。ひどいよ。そんな。ムリだこれ。ムリ。やっぱTT-R125かCRF100にしてもら……

「るせーっ! 行くぞ!」

こっちはキックもまともに出来ずにヒーコラ言ってるのに、H氏とT氏は全然優しくないのである。「今日という日が早いとこ過ぎ去りますように」と、オレは祈った。

まず向かったのは、ミニコースだ。その名称に、オレのささくれ立った気持ちは若干和んだ。ミニ。かわいいじゃないの。ミニスカート。ミニクーパー。ミニブタ。いい、いい。ミニいいよ、ミニ。かわいいよミニ。

が、ミニコースを目前にしたオレは、衝撃のあまりアゴが外れそうになった。

……な、なんじゃゴルァ。

と、松田優作化するほどのスゴさである。だって土剥き出しで、しかも凸凹してんだもん(当たり前か)。ジャンプとかウォッシュボードみたいのがあるんだもん。くねくねしてんだもん。

ダメだよ、そんなの。ミニコースっていうからには、芝生が敷き詰められてて、花壇にチューリップが咲いてたり、パツキンの少年少女が、「あっはっは」「うっふっふ」と走り回ってたりしてないと。目の前に広がるミニという語感とは正反対の殺伐とした光景に、オレはそのままバイクを返却し、「あざーっす!」とスタコラ帰宅しようかと思った。

しかし、行くしかあるまい。何せここはフグスマ県である。せっがぐフグスマまで来だがらにゃ、はすらねば。テレレーッとミニコースを何周かしてるうちに、何となく感触が戻ってきた。

が、怖い。
すげー怖い。

何しろここんとこオンロードのサーキットばかり走っていた身にとっては、「おいおい石コロだよ石コロ! 危ないよ石コロ!」とか、「なにこの凸凹は! 危険危険! 整地整地!!」とか、「わだちなんてあり得ないでしょう! 赤旗中断!!」とか、ようするに不整地に全然馴染めないわけである。不確定要素が多すぎる。しかも1周して戻ってくると、もう様子が変わってたりする。怖すぎる。マジで赤旗もんだ。

ジャンプ(してんだか!)の浮遊感なんかは結構楽しいけど、不整地怖い……。凸凹やだ……。これ、デーモン・ブラッドショーをめざすオレ的には致命傷だ(デーモン何してんだ? 今)。

仕方なくジェフ・スタントン程度の走りで抑えたが、時折どうしてもマイク・ラロッコ風の走りになってしまう。「いかんいかん」と意識すると、マイク・キドラウスキー化する。何言ってんだか自分でもよく分からないが、まぁそんな感じでミニコースをひたすら走った。

ひたすら、
とにかく、
ミニコース。

……つまり、現実逃避なのである。実はしどきには、モトクロス(GP)コースが別途用意されている。そりゃオレはバレンティーノ・ロッシ的なイメージで筑波を走ったりしているが(あくまでもイメージ)、モトクロスにおいてはジェレミー・マクグラス程度の人間である。それなのにいきなりGPコースって。ムリムリ。オレ、一生ミニコース走ってるから…

「るせーっ! 行くぞ!」

H氏とT氏に首根っこをつかまれて、本コース突撃である。

Blog01252

いきなり砂深い上り斜面、しかもS字っぽいのである。何バカなこと言ってんだよと。こんなところ、2輪車が走行できるわけないじゃんよと。タイヤ2個で、しかも駆動輪は1輪しかないんだよと。4駆でも6駆でも8駆でも上れないよこんなとこ。ムリムリ。撤収。さ、みんな帰ろ帰ろ…

「るせーっ! 行くぞ!」

またこれである。

で、よたよたと本コースを走る。景色は最高である。コース幅も広い。気持ちよく走れれば、そりゃ気持ちいいだろうよ。と、目の前に小さなギャップ登場!「フッ、こんなギャップはリッキー・カーマイケルばりに軽くクリアさ!」と、突入してみたところ!!

「ギョーーーーワーーーーーーーーーーーッ!」

強〜〜烈な下りである。

「ギョワワワワワワワーーッてへへへ」

と、最後は笑ってしまうぐらいの下りっぷりだ。で、今度は「ヒョエーーーーーーーッ!!」壁みたいな上り坂が目の前にそびえ立っているのである。アイガー北壁かと。ゴッドウィン・オースティンかと。こうなりゃエグしかないべー!「オワオワオワオワオワワワワワーーーーッ」と上り切った時には、自分が天才かもしんないと思えた。

正直、実際には林道ツーリング級の超ハイペースであり、そんなオレにこんなことを言われてもありがたかねーだろうけど、しどき、最高です! いやホントいいコースですよ。あれでもっと真っ平らで舗装されてたら、文句ないですよ。

ちなみに、しどきは1日走り回ってコース使用料は3200円。バイクのレンタル料は、オレが借りたYZ250Fクラスで8400円だ。合わせて1万円ちょっとで死ぬ寸前のスリルおよび全身の筋肉痛を味わえるなら、これはもう、爆安と言わざるを得ない。

というわけで、13年ぶりの剃毛じゃない、モトクロスは終わった。何と、無転倒。YZ250Fに土ひとつ付けずに終了した。転びまくったダートトラック。転ばなかったモトクロス。結局モトクロスは攻めきれないまま終わったってことだ。

チクショー!

そうこうしているうちに、06年のスーパークロスチャンピオン、今年も開幕から3連勝中のジェームス・スチュワートとの差が、どんどん広がっていく一方ではないか。

何とかしなくては。とりあえずは腰・肩・背筋のコリと痛みを治すために、シップを貼るところから始めるか。

…道は遠いな。

|

« ダートトラックで遊んでみた | トップページ | 筑波TT、留年確定! »

コメント

以前、SUGOの初心者スクールに夫婦で参加したことがあります。
準備体操を済ませて「じゃあ、体慣らしにコース一周してみようか。」と耳を疑う命令(!)を聞いた時に、モトクロス界の冷たさを感じました。
いきなり現れた世界GPコースの中ほどで、奥様は泣きじゃくって立ち往生してました。僕も半べそでした。。

そんなことを思い出しました。(^^;
モトクロスって初心者と中級者のレベル差が激しいので、初心者には超スパルタに感じますね。ちなみに僕は今もまだ初心者レベルです。。

投稿: よしちか | 2007.01.26 02:07

>よしてぃかさん
そうなんですよねー。ホント冷酷残忍残虐非道だよ、モトクロスの人たちは。めそめそしてても「いーから行くぞ!」ってだけだもん。

走行前、しどきの社長と話してたら、「小学生の子がいきなり本コース走らされた時、途中1人ぼっちになって泣きじゃくってねぇ。不安になったみたいで。だっはっはっはっは!」だって。その話だけでこっちは寂しさに泣きそうでした。すんげージャングルに取り残された新兵の気分だったろうなあ、子供。

投稿: 青六1号 | 2007.01.26 13:07

すげー!面白そう!俺も機会があったら体験してみたいです。
福島かぁ、ちょっと遠いですね^^;

投稿: ジョン19 | 2007.01.26 16:33

>ジョン19さん
うーむオレ的には福島なんて近ぇんだけどな〜。サンバー運転してたらあっという間ですよ。ぜひご一緒しましょう。楽しいッスよ!

投稿: 青六1号 | 2007.01.27 04:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/13659376

この記事へのトラックバック一覧です: モトクロスで泣いた:

« ダートトラックで遊んでみた | トップページ | 筑波TT、留年確定! »