« 氷点下の草津はいろんな意味で寒かった | トップページ | CBR1000RRに乗った »

ジュニアはいずこ

本日は業務的に筑波サーキットへ。

ばっつりと雨。朝5時に家を出た瞬間から、逃れようのない雨。断然雨。どっからどう見ても雨。上から読んでも雨。下から読んだらメア。雨雨雨。しつこいけど雨ったら雨。仕事じゃなきゃ絶対行かねぇ。ふだんなら、ふて寝だ二度寝だ3000円は筑波にくれてやらぁってシチュエーションである。

1本目。気温4.8℃、路面温度1℃。ベスト1分30秒89(笑)。
2本目。ベスト1分26秒77。
結論。走れば走るほどタイヤはキンキンに冷える。

国内仕様のCBR1000RRだったから立ち上がりで怖い思いはしなかったけど、旋回中はフロントの接地感ゼロ!! どころかマイナスだよマジで。走れば走るほど、接地感が損なわれていくんだよ? 怖〜。

1枠3、4人しか走っていないから専有走行気分が味わえるのはいいけど、いやマジで怖いわ。ノーマルタイヤだったからちょっとオシッコにじむぐらいで済んだけど、プロダクションタイヤだったら怖すぎてウンコぶりぶり漏らしちゃうね。間違いなく。

いやそれにしても、冬の筑波の走行後にトイレに行くと相変わらずビビるね。あれ? オレの息子はどこ? ジューーニアー! カンバーック! って。しばらくゴソゴソ探しちゃうよ。いったい、なんであんなにちっちゃくなる必要があるんだろう? なんなんだあの収縮率は。人体の中で、寒冷時にあんなにまでも縮こまる部位はないんじゃないだろうか。……それとも、もしかしてオレだけ?

|

« 氷点下の草津はいろんな意味で寒かった | トップページ | CBR1000RRに乗った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17220703

この記事へのトラックバック一覧です: ジュニアはいずこ:

« 氷点下の草津はいろんな意味で寒かった | トップページ | CBR1000RRに乗った »