« 貸し切りの筑波 | トップページ | 航空自衛隊入間基地航空祭 »

ヤギさんコーナー

本日のヤギさんコーナーは晴天に恵まれています。

芦ノ湖スカイラインの途中に、ヤギとかニワトリとか犬を飼ってるドライブインがある。その前のコーナーを「ヤギさんコーナー」と呼ぶわけです。

車雑誌の撮影が多数行われている。バイク雑誌の人達とはずいぶん雰囲気が違う。チノパンにYシャツ入れちゃったりしてます。ポーチみたいの持っちゃってたりします。短パンがいねえぞ短パンが!

本日は、一番乗りでヤギさんコーナーに到着してしまったため、ドライブインで購入したホットドッグをパクつきながら芦ノ湖を眺めていると、「ドスドスドス」という足音も高らかに巨大雄鳥軍団が攻め込んできた。

「お、なんだこいつらやる気あんのかこのやろう」と思いながらも、ついパンをちぎって投げ与えると、さらに遠方から「ドスドスドスドス」と烏骨鶏みたいのも攻めてきて、気が付くとオレは完全に鶏軍団に包囲されていた。

「おお、なんだいつの間にか囲まれてるぞ」「やべ、めっちゃオレのホッドッ(英語風)をガン見してっぞ」「襲われっぞ」「やべやべ」と、ホッドッをちょっと高めにしつつ、小走りにクルマに戻ったのだった。怖くて後を振り返れなかったよ…。

本日の芦ノ湖・箱根スカイラインは、平日にも関わらずクルマやバイクが途切れない。全体的な台数は少ないのに、等間隔で通りかかるといった感じで、無車状態を狙う撮影は結構手間取った。

その合間に、先日の筑波に続いてCB1300とCBR1000RRに乗ってみる。おわーっ、公道怖ぇ! いや別にサーキット走ってるからって調子ぶっこくつもりはさらさらないけど、マジ怖。とにかく「今までなぜ何とも思わなかったんだろう」というほど路面が悪い。特にバンプやうねりがすげー気になる。フラット&スムーズな路面でしか走ってないからかな……。対向車も怖いし、ブラインドコーナーも怖い。

そんなわけで当然速度も乗せられず、ゆえに全然荷重がかけらないから、上っ面で走ってるような冷ややか〜な感触で、バイクとの一体感がちっとも得られない。うーむ楽しくねえぞ……。

なんつう話を○山浩氏にすると(←だから伏せ字になってねぇっつうの)、「ヘタにサーキットばっか走ってると、意外と峠でヤバイ目に遭うんだよ(ニヤリ)」だって。それ以上詳しくは聞かなかったけど、分かる。すげー分かる。スピードやバンク角には慣れてきているから、つい速度が上がり、バンクも深まる。でも、公道は読めない要素が多すぎる。だから結局はビビッて浅〜い荷重しかかけられない。そんな状態で調子こいてると、あっさり吹っ飛ぶ。ということだと理解した。公道は公道の経験を積まなければならないのだろう。

いやホント、怖かったよ……。特にCBR。何だあのポジションは。スーパースポーツって、あんなスパルタンだったっけ? 筑波ではCBのポジションにすげー違和感があったけど、峠では逆だ。

いやぁ、いろいろ考えさせられたな。次期主力戦闘機選びのいい材料になった。ヤギさんとニワトリさんに感謝。

|

« 貸し切りの筑波 | トップページ | 航空自衛隊入間基地航空祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17215176

この記事へのトラックバック一覧です: ヤギさんコーナー:

« 貸し切りの筑波 | トップページ | 航空自衛隊入間基地航空祭 »