« シルバーストーンとマン島へ | トップページ | 時間めちゃくちゃ »

シルバーストーンサーキットに着いた。

相変わらず軍事施設みたいな成田空港から、12時間ほどのフライトでロンドン・ヒースロー空港へ。ヒースローは予想外にぼろっちい空港で狭っ苦しく、人の流れも無秩序で歩きにくいでやんの。なんか名前的にかっちょいいから、期待してたんだよな〜。ヒースロー。

で、レンタカーを借りて、レッツラゴーと、まずはシルバーストーンサーキットをめざした。

意外と混んでいるフリーウェイを北西に進み、途中スタンドで飲み物を買ったりしながら、約2時間ほどでシルバーストーンサーキットに到着した。

予選1回目が終わった金曜の夜だ。ひとけのないパドックでトロイ・コーサーがラジコンで遊んでたりして、のんびりしている。日本人ライダーたちも、のんびり。今年のSBKには芳賀紀行、阿部典史、加賀山就臣、中冨伸一、そしてWSSに藤原克昭と、かなりのメンバーが揃ってる。

そういやー中冨氏には筑波でライディングを見てもらったことがあり(笑)、「……。ま、うだうだ言ってないで走り込みましょう」と言われたんだった。金曜日はウエットパッチに乗ってすっ転んだらしい。同じ場所で数台が転んだようだ。体は大丈夫ということだったけど、ノリックと一緒に、「あそこは見えないから怖いよねぇ」なんて語り合ってた。

ハガノリは嫁さんと子供スクーターに乗っけて、バビューンとパドックを走っていた。ユッキーはヤマハイタリアのホスピタリティにやってきて、紀行が自分で作ったというカレーをちょっと味見して、しかめ面をして去って行った。藤原克昭もスクーターでうろうろしつつ、相変わらずのいいテンションだった。

そんでもって、サーキットを後にし、ホテルを探す……までもなく、クルマで20分ほどで到着。草原の中にぽつんと建ってるホテルの分際で、なんといっちょまえにワイヤレスでネット接続できる環境でやんの。今回一緒に行ってるヒデヨシのPCとネット接続を共有しようとしたけど、かなり頑丈なセキュリティがかかってやがって、2人同時アクセスはもちろん、1PC・1パスワードを破ることができず、こうしてオレだけがネット接続しているのだった。

そんなことをしているうちに、シャワーも浴びずにばったりと睡眠。気が付いたらこちらは土曜日の朝7時前で、やり残した仕事をそそくさと片づけ……なきゃいけないのに、こうしてblogなどを書いているのであった。なんせ接続はタダじゃないから、使い倒さねーとな。

|

« シルバーストーンとマン島へ | トップページ | 時間めちゃくちゃ »

コメント

先生!全日本を飛び越してSBKに殴りこみですね。
青六魂をノリック、ユッキー、ハガノリ、トミー、カツに植えつけてきてください。

こちら日本では下妻で凄いことが・・・。あずMAXさんが0秒台に突入です。という夢をみました。正夢度99%でしょう(^^)

7月のTTエントリーしました?

投稿: 黒六1号 | 2006.05.27 16:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/10261421

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーストーンサーキットに着いた。:

« シルバーストーンとマン島へ | トップページ | 時間めちゃくちゃ »