« ショートインプレ・スーパースポーツ編 | トップページ | レース直前集中練習1 »

岡山国際走ってみた

岡山国際サーキットを走る機会があった。いまだにTIっていう方が通りがいいよね。岡山国際って、ゴルフコースみたいじゃない? 岡山国際CCって感じ。もちろん愛車・サンバーにR6を搭載し、往復1500kmの旅。

去年、12月23日に筑波を走って以来放置してあったYZF-R6。ちょうど2ヶ月ぶりの走行だ。エンジンがかかるかどうかも怪しかったけど、セル一発でバホンと始動。うーん、いい子だ…。

ここんとこブリヂストンのBT-002を2セットほど履いてきたけど、今回からピレリ・スーパーコルサSCプロに変更。つっても「プロ」はフロントだけで、リヤはプロなしの旧モデル。まあ細かいことは気にすんなってことで。

で、TI。岡山国際か。よく「楽しいぜ〜」と聞いていたが、本当にすげー楽しかった。開けていけるコーナーがあるサーキットって気持ちいいもんですね。走行会だったので攻め立てるってほどではなかったからかもしれないけど、「バイクって楽しい乗り物じゃん!」と素直に思えた。もうちょっと走り込んでみたい。

今回はエイミングスポーツ主催の「ひたすら走りまくり走行会」。何かと面倒を見てもらっているフリーのメカニック、中川さんも来ていて、ここぞとばかりにお願いして、サスセッティングをしてもらう。トラクションをかけていった時のリヤの入りはすごく気に入っているけど(これも去年、中川さんに作ってもらったセッティングだ)、今回はフロントに重点をおく。

「ブレーキングでスッと適量フロントが沈み、リリースしてもピョコンと戻らず、できるだけフロントの低さを維持したまま旋回してほしい」というのがオーダー。「突き出し量を調整してみますか」と、5mm突き出す中川さん。で、走ってみる。「5mmて。分かんないッスよ5mmの違いなんかオワー全然違うじゃん!」ということで、さらに気持ちよく走れるようになった。

ピレリもオレには合ってるな〜。すごくしなやかで、情報豊富。分かりやすい。久々の走行だったのにチキンなオレがバシッとバンクさせられたのは、タイヤにまったく不安がなかったからだ。途中からタイヤの存在を忘れてた。値段と、筑波にサービスがないのが玉に瑕だけど、しばらくピレリで行こうっと。

また行きたいな〜。TI。岡山国際か。片道7時間ぐらいかかるから、事実上、前後2日間つぶれちゃうけどね。

|

« ショートインプレ・スーパースポーツ編 | トップページ | レース直前集中練習1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/9066499

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山国際走ってみた:

« ショートインプレ・スーパースポーツ編 | トップページ | レース直前集中練習1 »