« ショートインプレ・旧車編 | トップページ | ショートインプレ・スーパースポーツ編 »

ショートインプレ・高級外車編

F4-1000Sとブルターレ910Sに乗った。値段に負けねぇぞ!

【MVアグスタ・F4-1000S】
すんげー高価なMVアグスタF4。その価格、なんと65タイヤ(1タイヤ=4万円で換算)。いいなぁ65タイヤ。埋もれてみたいもんだぜ、65セットのタイヤに……。さてF4、乗ってみると、なんつうかこう、レーシングマシン! て感じ。オレのようなシロウトがイメージするレーシングマシン。「硬質で、乗りづらくて、クセがあって」みたいな。ポジション、エンジン、サス、すべてがそんな感じ。乗り比べたR1が大衆車に感じる。上質で速いけど、万人向けに大量生産される工業製品。F4は、誰かのために作られたレーシングマシン。でもオレのためじゃないから合わない。モダンなレーシングマシンは誰が乗ってももっと乗りやすいはず。F4は、昔懐かしくて取っつきにくい、ある意味期待通りのレーシーさを味わえる。のが魅力なんだと思う。違う?

【MVアグスタ・BRUTALE-910S】
F4に比べてタンクが短くポジションもまっとう。F4より遙かに乗りやすい。ネイキッドと思ってナメてかかるとかなり速い。高速であんなにスッ飛ばせたネイキッドは初めてだ。車体がガッツリしてるからだろう。この剛性感、語感的にはいかにも「ブルターレッ!」って感じ。あーあ、F4がこのポジションでフルカウルならなぁ。エンジンは、ちょっと開けりゃドンと出て、ちょっと閉じりゃドン引き。なんかせわしない。

|

« ショートインプレ・旧車編 | トップページ | ショートインプレ・スーパースポーツ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/8362892

この記事へのトラックバック一覧です: ショートインプレ・高級外車編:

« ショートインプレ・旧車編 | トップページ | ショートインプレ・スーパースポーツ編 »