« 耐久レースに出た! | トップページ | CBR1000RRに乗った »

TMAXに乗った

仕事で丸1日TMAXに乗る機会があった。オレにとっては久々のツーリングだ。違った。仕事だ仕事。って、どういう仕事だよw

早朝に都内を出発し、首都高→東名で一路沼津へ。TMAXに限らず、スクーターに乗ることがほとんどないので、どこにどう座ってどう足を置けばいいのか分からない。それにやっぱりバイクはガッツリ前傾してないと疲れる。ヘンな体になっちまったなぁ……。

ところでヤマハのHPを見ると、TMAXはスクーターの仲間ではないらしい。TMAX情報はスポーツバイクというカテゴリーの中に掲載されているうえに、「ザ・オートマチック・スーパースポーツ」なんて書いてある。「スーパースポーツ」は言い過ぎだと思う。ヤマハでいうR1やらR6みたいなSSモデルとの直接比較は無理がある。あたりめぇだっつうの。38psのオートマなんだからさー。

いやでも、スクーターって感じじゃなかったのは確かだ。首都高→東名の間ですでに、たまにスクーターに乗った時のガッカリ感、すなわち落ち着き度2%のフロントまわり、ママチャリみたいなセコい旋回、ヨレヨレのフレーム、だっさい制動フィーリング、遅!と叫びたくなるエンジン、みたいなネガティブファクターを、TMAXではほとんど感じなかった。とにかく違和感がないんだ。

特にハンドリングはいいね〜。東名でいうと大井松田から先の高速ワインディング区間、以前某ネイキッドで走った時はヨレヨレヨレヨレしてた区間なんだけど、ここを特に不安なく全開のままシュパパパーンと駆け抜けることができる。横Gをグイグイ感じながらさらにインに入り込むレーンチェンジも難なくこなす。フロント14インチ、リヤ15インチでこんなしっかりしたハンドリングとは。車体剛性も含めて、ちょっと「すげぇ……」と思わされましたね。

そんでもって、伊豆の山中を走ったわけですよ。これがまたアナタ。楽しいのよ。信じられないけど。特に気持ちいいのは見通しのいい中速コーナーかな。制動から倒し込み、旋回、立ち上がりとスパッと決まったりすると、「うーむ確かにこれはスクーターというくくりじゃねぇなぁ」と思う。完全に車体がパワーに勝ってるし、FIもうまいことしつけられてて、旋回中にどうアクセルを開けようがイヤな挙動が全然発生しない。

とは言ってもやっぱバンク角は浅いし、キツい上りではパワー不足を感じるし、切り返しではもっともっとクイックに動いてほしい。これはヤマハっぽい所なんだけど、リヤブレーキの効きが強すぎて、左右レバーを同じように握ってもリヤ勝ちなのがちょっと気になる。相対的にフロントの効きが甘く感じるんだ。まあ初期制動のガツンを嫌うのもヤマハらしいんだけど。

でも、気が付いたらどんどん体が前のめりになってるんだ。もともとフロント荷重が高いTMAXだけど、さらにフロントに荷重をかけたくなる。つまりはライダー的ウリャウリャ状態になってるわけだ。結構笑えた。「ザ・オートマチック・スポーツ」ぐらいなら認めてあげる。「ザ・オートマチック・スーパースポーツ気分」とか。

でもって、帰りの都内のすり抜けね。久々のすり抜けだったけど、いや速ぇのなんの。「ババッ、バババババ」とか爆音だけで全然加速しないスクーター連中を、ヒュイーンと軽やかにブチ抜いていくのは、かなり快感だった。シートが高くて足つき性があんまり良くないし、ライダーのちょっとした動きに機敏に反応するから、ノロノロ時のミリ単位すり抜けではちょっと気を使う。でも強ぇ。すり抜け強ぇッス、TMAX!

これでTMAXにギアがあってニーグリップができて前傾してて、フルカウル装備でリッターあたり180ps以上あって、280km/hぐらいは軽く出て前後17インチだったら即買いだ。

久々にワインディングを走って、改めて思った。

危ねぇ…………。

ふっと見ればガードレール、はっと気付けば対向車、ひっと思えばいきなりウェット。などなど。特にTMAXがウリャウリャマシンだっただけに、いつしかペースが上がっていた。自分がGパンにオーバーパンツしか履いていないことを思い出し、ズザッた時のことを想像したら、ゾワワワッと寒くなった。でもやっぱりアクセルを開けるんだ。いかんなぁ……。

|

« 耐久レースに出た! | トップページ | CBR1000RRに乗った »

コメント

毎度ながら爆笑させていただきました、ご馳走さまですw

TMAX、そんなに凄いんですねー
VMAXのスクーターと思っていたのに見直しましたよ!でも・・・

>これでTMAXにギアがあってニーグリップができて前傾してて、
フルカウル装備でリッターあたり180ps以上あって、
280km/hぐらいは軽く出て前後17インチだったら即買いだ。

ってそれは既にSS、と言うよりGSX-R1000、YZF-R1等のマフラーを替えればそれなんじゃry

やっぱ会長の熱い魂はスポーツじゃなくてスーパーじゃないと受け止められないですね!

投稿: adachi | 2005.12.04 10:32

T-MAXは他のスクーターと違って、エンジンが普通のバイクのようにフレームにマウントされていることがスポーツ走行も可能にしているというようなことを聞いたことがあります。

投稿: R6の風 | 2005.12.04 19:59

>R6の風さん
こんにちは、04R6に乗っているadachiと申します。
そうするとT-MAXは設計自体がスクーターより普通のバイクに近い存在ということですね。YAMAHAにも見に行ってみましたが、なんでこれでスクーターの形させてるんだっていう装備が何とも・・・
でも、これでもしT-MAXに煽られるようなことがあっても、心の傷はちょっと小さくて済みそうです(^^;
(煽られる技量自体に問題がありますが(汗)

投稿: adachi | 2005.12.04 23:48

スクーターでも攻めてみるとなにげおもろいっすよね。
Nチビ壊れてDioで正○峠に走り行ったときなんかは壊してもいいや状態だったんでウイリーやってみたりジャリ道でアクセルターンやってみたり8人のりして皆で爆笑しました(落車多数)。スクーターはすぐスタンドすってしまうんでもう少しバンク角あるといいですよね。

投稿: あおっちゃいやよ隊22号 | 2005.12.05 12:33

スクーター、これまでの人生で乗ったこと無いです。
しかし、T-MAX、フロント荷重が高いって・・・面白そうですね。
280km/hからのフルブレーキングは勘弁ですが。(汗)

投稿: 黄の六・五 | 2005.12.08 21:12

TMAXだろうがGP800だろうがせっかくのスクーターでニーグリップできるようにすんのはカンベン!

低速でコケるときステップを蹴って体だけ脱出することができるのも隠れたスクーターの魅力だと俺は思う!(現にオレは2回それで助かった)

普通の単車は体もろとも転倒するからな

投稿: レッド | 2010.12.23 04:20

>レッドさん
すげー、スクーターにはそんな魅力があったんですね。いやでも、よく考えるとスクーターだろうがバイクだろうが、転倒すればどっちみち体は転がる気もします。いずれにしてもタイヤ2つの乗り物では転倒しないのが一番ってことですね。

投稿: ごう | 2010.12.27 17:18

こんな前の記事のコメントに返事して下さってありがとうございます(^o^) TMAXの購入を考えていてネットで調べていたらゴウさんのこの記事を見つけたもんで。


確かにそもそも転倒しないことが一番ですね!
他にも俺がスクーターの魅力だと思うことは後輪ブレーキ操作が右足ではなく左手のため繊細なコントロールがしやすいのとパニックブレーキのときに確実に操作しやすいということです。 人間予想外のことに対処するときに両手両足を全部違うように動かすのはどんなに器用な人でも同じように動かすのに比べ困難なんだそうです。 スクーターの場合基本的に両足は空いていて両手でブレーキングなので、他の車両や歩行車の急な飛び出しなどの咄嗟の出来事に対処しやすいため、すり抜けをしまくる俺としては急なブレーキの機会が多いため特にありがたいです。

投稿: レッド | 2011.01.07 02:30

>レッドさん
ギア付きバイクは、右手左手右足左足のそれぞれが別の操作をしなくちゃいけないってことを知った時は、「オレにはぜってぇ乗れねーな」と確信しました。不器用なもんで。そういう意味ではスクーターの方が断じて扱いやすいけど、ギア付きバイクで操作がうまくいった時の達成感も捨てがたいッスね。急ブレーキの機会が多いすり抜けをしているってことは、かなりきわどい領域にいらっしゃると思うので、くれぐれも気を付けてくださいね。

投稿: ごう | 2011.01.16 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/7440618

この記事へのトラックバック一覧です: TMAXに乗った:

« 耐久レースに出た! | トップページ | CBR1000RRに乗った »