« 初レース! | トップページ | 予約金ブチ込んだ »

サスセッティングを変えてみる

レース後久々の走行。と思ったら、1ヶ月経ってねーじゃん(笑)。

参加したのは、10月27日のモトルネッサンス走行会。小排気量の旧車(?)を中心にしたイベントだったので、そちら用のクラスはいくつか用意されていましたが、YZF-R6が走れるクラスは「シングル・ツイン・マルチ」という大胆なくくり。そのうえ走行会なので、くれぐれも無理は禁物です。

051027

今回、R6のセッティングに詳しいメカニックの方と知り合いました。リヤイニシャルをSTDよりかけ気味、前後伸圧ともSTDよりかけ気味の僕のR6を見て、「うーん……、硬すぎるんじゃないかなあ。もっと動かした方がいいですよ」とのこと。「もう煮るでも焼くでも蒸すでもハタくでも好きにしちゃってください」とお願いすると、リヤイニシャルをスッパリと抜き、前後の伸側を(確か)全抜きにしました。

ひょえー。マジで?

正直不安だったけど、ものは試しと乗ってみます。これがまた、激変ですぜダンナ!リヤサスがよく動くので、アクセルをクッと開けた瞬間にクンッとトラクションがかかり、今までより全然早いタイミングでのアクセルオンが可能に。それに伴い、ストレートエンドでのエンジン回転数が飛躍的(当社比)に高まりました。

走りを見ていたメカの方も、「エンジン音がだいぶ変わりましたね」と言っていたので、思いこみによる勘違いではなさそうです。P-LAPを装着していなかったのでタイムは分かりませんが、とにかくアクセルを開けられる快感を楽しむことができました。

ただ、ノリノリで走れるんですが、イメージ的にはリヤが先行しながら前に進む感じで、なんとなくスライドしやすそうな不安感も。ハイサイドだけはイヤだ〜。もう少しリヤを落ち着かせて、フロントが引っ張るような旋回性がほしいかも。メカの方もそのあたりは承知のうえで極端なセッティングをしてくれたみたいです。

うーむ、ちょっと面白そうだなー、セッティング。今までは、「セッチングなんかやってられっかいべらんめぇ!」「ちまちまクリクリいじってられっかってんだべらぼうめぃ!」「とにかく走り込んでりゃええんじゃワリャ!」と、ただひたすらに走ってましたが、セッティングによって走り方も変えられるなら、それはそれで価値がありそうです。

それにしても、P-LAPがないと自由にいろんなことを試しながら走れるな〜。ライディングもいろいろ考えることができたし。タイムばっかり気にしすぎるのも、よくないんだろうな……。でもなぁ……。

|

« 初レース! | トップページ | 予約金ブチ込んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/6756374

この記事へのトラックバック一覧です: サスセッティングを変えてみる:

« 初レース! | トップページ | 予約金ブチ込んだ »