« LivedoorとYahoo!に共通するg-o-t | トップページ | 筑波走行1日目 - 泣きじゃくる »

筑波ライセンスを取る

筑波サーキットのライセンス講習会に参加。おしっこちびりそうなぐらい緊張した。しかし良識あるオトナとして、下腹に力を入れて何とかこらえた。

いや実は講習自体は時に笑いあり、時に涙あり、時には酒が振る舞われるというリラックスした雰囲気。終始和やかであった。
(ごめんなさい涙と酒はウソです)

ところで悩んだのは、ライセンスの種類だ。筑波では、筑波ライセンスとファミリー限定ライセンスの2種が用意されている。

ファミリー限定ライセンスとは、サーキット走行を趣味として楽しむ方から、スポーツ走行へのステップとして、スポーツ走行は走らないという方のリーズナブル料金で取得できるファミリー走行専用ライセンスです。(筑波HPより抜粋)

一方の筑波ライセンスは、レーサー、レース仕様の車両、改造車両による走行、レース・競技会への参加、本格的スポーツ走行派、適応車両によりファミリー走行も可能です。(これも筑波HPより抜粋)

講習会を終えた時点でどちらにするかを決められるとのことだったので、講習の合間はずっと「どっちにすっかな〜」と悩んでいた。どうやらオレ風情のライダーなら、ファミリー限定ライセンスで十分なような気もする。だって峠をちょろっと走る程度だし、もちろんサーキット走行は趣味だし(じゃなきゃプロじゃん!)、レースなんて今んとこ考えられないし、リーズナブルさも魅力だし……。

ファミリー限定ライセンスなら、ファミリー走行枠の予約が優先される。21000円。
でも、筑波ライセンスなら、ファミリーもスポーツ走行も両方走れる。36000円。

ファミリー走行で経験を積んで、そこそこのタイムで走れるようになってから、スポーツ走行に臨もう、というのがオレの腹づもりである。であれば、ここは一発、ファミリー限定ライセンスか……?のちのち、筑波ライセンスへの切り替えもできるっていうし。

かろうじておしっこをちびることもなく、無事講習会は終了。そしてオレが選んだのは、筑波ライセンスであった。

人生は、攻めだ!

|

« LivedoorとYahoo!に共通するg-o-t | トップページ | 筑波走行1日目 - 泣きじゃくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/3285103

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波ライセンスを取る:

« LivedoorとYahoo!に共通するg-o-t | トップページ | 筑波走行1日目 - 泣きじゃくる »