« リブ・タイラーからの電話の巻 | トップページ | ねみぃっす! »

おっされ~

なんなら、入間市民同士の会話に耳をそばだててみてほしい。

聞こえる、聞こえるぞ~「ジャスコ」という言葉。そう、巨大なジャスコがオープンしたのである。2003年7月、入間市史に新たな歴史の1ページが刻まれたわけだ。さっそく潜入を試みた……のは、オープンから2週間ほど経ってからであった。すげー混んでそうだったんだもーん。

店内の様子などどーでもよかろう。実際、どーでもいい。特筆すべき点はない。よくあるデカいショッピングモールだ。ワン・オブ・ザ・ショッピングモール・デカイ・ヨクアル。そんなところだ。

しかし潜入した我々(オレとカミさんね)は見逃さなかった。くさい……。どうもくさい……。そして見抜いた。訪れている客の様子が、みんななんか着飾っちゃっているわけである。オサレ(≒おしゃれ)なのである。おかしい……。

さらなる調査と討議の結果、ついに我々は結論に達した。
「こいつら、入間市民じゃねぇな……!?」
中にはベタベタの入間市民っぽい人もいた。しかしオッサレ~な人々の多くは、おそらく近隣市町村から紛れ込み、あわよくば格安「トップバリュ」製品を買って帰ろうという、不逞の輩であると思われるのであるのであ~る。

入間市民とオサレは相容れない要素であるはずだ。それが入間市の誇りであり、アイデンティティである。適度な田舎臭さこそが、最大の魅力なのだ。

それがなんだ、ジャスコ内のオサレ具合は。全然だめ! そんなかっちょいいズボンは「しまむら」に売ってない! そんなかっちょいいスニーカーは「テイクワン」には売ってない! おめーら、妙なオッサレ菌を入間市内に持ち込むでねえ。けえれ。いますぐけえれ!!

その足でジャパンホームセンターに向かう。ああ……。この非オサレ具合。安心するなあ。しかし我々の心中には一抹の不安がよぎっていた。ジャパンは空いていたのだ。これは入間市民の多くも、オサレ空間・ジャスコに取り込まれていることを意味する。

いかん! いかんいかーーーん! 負けるなしまむら! 踏ん張れテイクワン! 勝てるぞヨークマート! 戦えヤオコー! どうしたバイゴー! 泣くなサトームセン!!

しかしま、ジャスコの中の食い物屋はいいね。ミスドにスタバにコージーコーナーにレディボーデンに銀だこに……。そこんところは許してやらねーでもねーな。

|

« リブ・タイラーからの電話の巻 | トップページ | ねみぃっす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17215133

この記事へのトラックバック一覧です: おっされ~:

« リブ・タイラーからの電話の巻 | トップページ | ねみぃっす! »