« あまりにも高度な命名術 | トップページ | 栄光の未来都市 »

新幹線が好きだ~ッ!

仕事柄だか何だかよく分からないけど、新幹線にしばしば乗る。

オレは、新幹線が好きだ。なんせ速い。速い乗り物は正しい。と、オレは思う。

特に好きなのは、上り線の新横浜~東京間だ。この区間は結構コーナーがあるし、「ダダンダダン、ダダンダダン」というレールの継ぎ目もある。加減速も意外と頻繁だ。しかしそういう「普通の電車用規格に近い区間」だからこそ、新幹線の真価が発揮されるのである。

グワーッというトルク感あふれる加速感。V8のアメ車に乗っているようではないか。8両編成の新幹線のモーターは、1万馬力だそうだ。10,000ps/8,000rpm!!(回転数は推定)

乗客の皆様に迷惑をかけないように控えめに制動しながらも、カーボンディスク&パッドかと思わせる、強力無比なストッピングパワーは隠せない。そしてアンダーステアもオーバーステアもまったく発生しない、オン・ザ・レール感覚のコーナーリング。そしてそして、滑らかにレール継ぎ目のショックを吸収する、最高級のオーリンズサスペンション(新幹線用ピギーバックタイプ)。

さすがである。名古屋~新横浜のほぼ直線区間をダーッと突っ走っているだけでは窺い知れない、新幹線のパフォーマンスが発揮されまくっている。

そして何よりもこの区間が素晴らしいのは、新幹線と在来線が併走することである。のびのびと足を伸ばし、お茶などすすりながらふと車窓から外を見れば、チンケな通勤電車が押し合いへしあいの満員状態でガタゴトたらたら走っているわけである。人々のドローンとした目にはそこはかとなく諦めとか、虚無とか、なんかそういうよろしくないものが浮かんでいる。

そんなサツバツとした在来線を流線型ボディの新幹線でスタイリッシュに抜き去りながら、「庶民の皆さん、本日も勤労ご苦労であった」と思うこの優越感!! これぞ新幹線乗車のダイナミズムなのである。

これがあるから、これがあるからこそ、うるせー売り子のねーちゃんの存在も、イカ&ビール&オヤジの靴下臭も、1時間以上続いた隣のサラリーマン二人組の会社のあり方に対するグチも、どうにかこうにかガマンできるってもんだぜ!

|

« あまりにも高度な命名術 | トップページ | 栄光の未来都市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17215123

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線が好きだ~ッ!:

« あまりにも高度な命名術 | トップページ | 栄光の未来都市 »