« 爆音にビックリナイトフィーバーYeah! | トップページ | 闇は愛を深める »

ノリック、坊主頭に!? の巻

オーストラリアGP、予選2日目。

250は、朝のフリー走行からテンション上がりまくり。予選かと思うほどのタイムの出し方だ。その予選、後半はずっとチェスターフィールドのピットにいたが、ヒリヒリするような緊張感だった。

結局、真矢くんがポールポジション。チームは大はしゃぎ……はまったくせずに、あちこちで笑顔で頷きあったり、軽く手と手をパチンとやる程度。「本番は明日だからね、これで喜んでちゃ気がゆるむ」というスタッフの言葉通りの、クールなピットだった。

真矢くんにも、おめでとう、と声をかけると、「まだですよ~」と第一声。笑顔だけど、あくまでも視線は決勝レースに向いている。「ポールには全然こだわってなかったんです。フロントロウなら十分だと思ってたんで」と言うが、ホントのところはそうではないと思う。気合いとライディング、そしてタイムが一番噛み合ってる感じがする。

ポンちゃんと話すと、「たくさんの人から『どっちのライダーを勝たせるんだ』とか、『おまえはフランス人だから、やっぱりジャックに肩入れしているのか』とか聞かれて、もううんざりだよ。だって、これはスポーツなんだ。チームとして、イコールで扱うのは当たり前なのにね。これは私のポリシーでもあるんだよ。どっちのライダーもテック3のライダーで、国籍なんて関係なく、どちらにも勝ってもらいたい。49対51でもない、私のココの中では、完全にフィフティ・フィフティなんだよ」と、心臓に手を置きながら言った。

テック3は何度もピットで様子を見ているけれど、僕もポンちゃんがどちらかに肩入れしているようには感じられない。むしろ日本人だから、ということで、真矢くんの方に気を遣っているように見える。ポンちゃんのバランス感覚は素晴らしいと思う。スタッフの働きぶりも見事だし、本当にいいチームだ。明日、どちらかがチャンピオンになって、どちらかがなれないなんて、何だかもったいない感じがする。

ノリックのチームボックスの中には、コンピュータでいたずらした画像のプリントアウトが貼ってある。ノリック、キレイに坊主頭。チームの誰かの頭を移植されたらしいけど、意外と似合ってる。移植された側の心中はいかばかりか……。

今、現地時間の午前1時半。まだまだ外のドンチャン騒ぎは続いている。

|

« 爆音にビックリナイトフィーバーYeah! | トップページ | 闇は愛を深める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91489/17215066

この記事へのトラックバック一覧です: ノリック、坊主頭に!? の巻:

« 爆音にビックリナイトフィーバーYeah! | トップページ | 闇は愛を深める »